【奥多摩】クドレ沢右俣の予定が・・

                       階段状の容易な滝(F1)


【日 程】2011年9月28日(水)日帰り
【山 域】奥多摩
【沢 名】クドレ沢の枝沢
【メンバ】単独
【天 候】晴れ
【参 考】東京周辺の沢(2000年5月白山書房)
【コース】神戸岩入口バス停(8:40)→枝沢F1(10:10)→巻道分岐(12:00)→奥多摩駅(15:10)

クドレ沢左俣右沢を5年前に遡行したことがあり、その時二俣が分りにくいという記憶がありました。今回は右俣を遡行するつもりなので作業小屋を過ぎてから、左岸に沿って進み、最初に分岐する沢に入りました。ややしょぼい感じはするものの、そのうち良い感じになるだろうと進んで行くと最初の容易な滝が出てきます。(F1とします)ガイドブックにはこのあたり増水時以外に流水はないと書かれており、変だとは思いながらもう少し、もう少しと入り込み、戻るのも面倒なのでそのまま行くことにしました。沢は倒木のうるさい部分もあるが、快適に登れる滝やスラブ状の容易な滝もあります。フィナーレは乾いた長いスラブですが、岩の表面にデコボコが多くて容易です。沢は短く、そのかわり尾根の登りが長くなりますが、前方を遮る大きな岩場が出てきたりして遊ばせてくれます。支尾根の急登から別の尾根に合流するとはっきりした踏み跡があり、最後は笹薮で不明瞭になりますが、馬頭刈尾根の大岳山巻道分岐に出ます。鋸山経由で奥多摩駅に下りました。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【奥日光】4年ぶり出現の小田代湖

                                     花も水没した小田代原

【日 程】2011年9月15日(木)日帰り
【山 域】奥日光
【メンバ】本人、妻
【天 候】晴れ
【コース】赤沼バス停(11:00)→泉門池(12:00)→小田代原展望台(13:00)→泉門池(14:00)→三本松バス停(15:30)

4年ぶりに出現した小田代湖を見に行くのが目的でした。4年前に比べてはるかに大規模で、小田代原のほとんどが水没していました。木道の下もかなりの水深があるようです。今年はきれいな草紅葉は望めないでしょうか。
赤沼バス停から戦場ヶ原自然研究路を泉門池まで歩き、小田代原展望台を往復してから光徳方面へ向かって戦場ヶ原を横切り、光徳へ向かう車道の途中から分岐する林道に入り三本松バス停まで歩きました。奥日光は涼しく気持ち良く歩けました。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

【山梨県東部】鶴川大久保沢

                   4段30mの滝

【日 程】2011年9月13日(火)日帰り
【山 域】山梨県東部
【沢 名】鶴川大久保沢
【メンバ】単独
【天 候】晴れ
【参 考】奥多摩・大菩薩・高尾の谷123ルート(山と渓谷社)
【コース】初戸バス停(9:15)→4段30mの滝(12:30)→権現山(14:30)→扇山(16:10)→鳥沢駅(18:00)

仕事が無くなって暇な日が戻ってきましたが、家に居ると暑くて仕方が無く、涼を求めて沢に向かいました。初戸バス停で下車して、すぐ先で分岐する車道に入ると権現山への登山道の道標がありますが、そのまま道路を行きます。途中で鶴川に下っていく踏み跡を見つけ、辿ってみると途中で不明瞭となるが強引に下りました。鶴川は水量が多くて水線通しに行くことが困難で、右岸に仕事道らしき踏み跡があったのでかなり利用しました。鶴川が大きく屈曲すると、やがて左岸に大きな民家が見える所で右岸から大久保沢が流入しています。ガイドブックに橋があると記載されていますが(16年前のレポ)、見当たりません。鶴川本流はやや濁っていましたが、大久保沢に入ると清冽な流れになり気分も高まります。水量が多いため、冷たいシャワーを浴びてずぶぬれになり、寒いくらいでした。4段30mの滝もシャワーを浴びて登りますが、最上段は左から巻きました。稜線に出てから権現山、扇山を経て鳥沢駅に下りました。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )