【奥日光】阿世潟沢、南岸尾根経由、大平山南東尾根

              中禅寺湖南岸尾根と男体山、太郎山

中禅寺湖南岸の社山登山口の少し先から阿世潟沢に入り、左岸の尾根に出ました。この尾根を辿って社山の一つ先のピーク付近で南岸尾根に出て、大平山へ。大平山から南東尾根を下って足尾の間藤駅に出ました。阿世潟沢の左岸尾根は笹薮が浅くて登りやすく、踏み跡も見られました。南岸尾根は日光でも最高の展望の一つじゃないでしょうか。大平山南東尾根の上部は西に皇海山、鋸山、庚申山、東に社山、半月山の展望が良くて楽しめますが、下部は単調で、車道に遮られました。

【日 程】2009年9月20日(日)
【山 域】奥日光
【山 名】大平山
【メンバ】単独
【天 候】快晴
【コース】中禅寺温泉バス停(8:30)→阿世潟→南岸尾根(11:10)→大平山(13:00)→間藤駅(16:30)

中禅寺温泉バス停で下車すると雲一つ無い快晴で、風はやや強く肌寒かった。中禅寺湖南岸に向かい、イタリア大使館記念公園、八丁出島を過ぎて、阿世潟峠への分岐を分けて、一つ小さな尾根を過ぎたあたりで広い阿世潟沢に入っていく。しばらく登って行くと斜面を横切っている道に出会った。沢をつめる予定だったが右に向かって緩やかに登っていくこの道をしばらく辿ってみることにした。道を辿っていると後ろで音がしたので、何か動物かと思って振り向くと一人の若い男性が早いペースでやってくる。こんなところに道があるだけで驚いていたが、人がやって来たのにはさらに驚いた。

しばらくいっしょに道を辿ったが、途中で道は不明瞭になり男性は下に下るということで分かれた。こちらは上に向かって登り尾根に出た。出たところで反対側に中禅寺湖が見えて、南岸尾根から分かれている支尾根の鞍部あたりと見当がついた。尾根に沿って行くと始めは平らで、やがて急登になるが、浅い笹薮に踏み跡も見られる。登りが緩やかになり樹林も切れてくると南岸尾根に合流する。展望が開け、緩やかに続く南岸尾根や中禅寺湖の向こうに白根山の連なりが見え、振り向けば社山が近い。南岸尾根は笹に道が隠れがちだが、尾根に沿って歩けば良いので、天気さえ良ければ道を失う心配は少ない。男体山、太郎山の連なりも見えてきて、左手には足尾の町が見え、風もそれほどなく、とても気持ち良く歩けた。

黒檜岳への道標が出たところで、南岸尾根から離れ、道は無いが尾根の東の端を確認しながら大平山に向かう。所々にはテープの目印も見られた。途中、かなり笹薮の深いところもあり、思ったより時間がかかり山名板のある大平山頂上に着いた。大平山から南東尾根に沿って下るところは、また笹薮の深いところがある。ちょっと下ったところから皇海山、鋸山、庚申山の連なりが間近に見える。反対方向の社山、半月山の展望も良い。眺めていると上のほうで鈴の音が聞こえ、一人の男性が現れた。思ってもみないところでまた人を見たが、この時はちょっと見かけただけで、こちらはすぐに下り、その後会うことはなかった。

南東尾根はよく探せば踏み跡があるのかも知れないが、比較的広い尾根なので適当に下って行った。やがて踏み跡がはっきりして、野生動物の調査中と書いてあるドラム缶のようなものを見たあと、太陽電池パネルのある設備が設置されているところに出た。尾根はここで車道に遮られており、急な斜面を下って車道に降りた。そのまま車道を下ってしまったが、車道を離れてもう一度尾根に沿って下る手もあったと思う。車道は曲がりくねって非常に長く、安蘇沢に沿って下ることになり、けっきょく前に歩いた社山南尾根から下る車道と合流して間藤駅まで2時間ほどかかった。


山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【台 湾】七星山(台北市陽明山国家公園)

           陽明山旅客中心から見る七星山(左が主峰、右が東峰)

5泊6日の台湾旅行の一日を使って、台北市最高峰(といっても1,120m)の七星山に登ってきました。土曜日ということで台湾のハイカーでたいへん賑わっていましたが、暑くて大いに汗をかきました。けれど下る途中の展望休憩所では風の通りが良くて涼しく、休んでいると台湾にいることを忘れてしまいそうでした。登山道はほとんど全部が階段状に整備されています。下って、冷水坑登山口にある無料の温泉に入ってきました。露天ではなく、男女別で水着不要(台湾では露天の温泉は水着を着用する)でした。

【日 程】2009年9月12日(土)
【山 域】陽明山国家公園
【山 名】七星山
【メンバ】本人、妻
【天 候】晴れ時々曇り
【コース】陽明山旅客中心(11:00)→七星公園(12:10)→東峰(13:20)→主峰(13:30-14:00)→東峰→夢幻湖→冷水坑温泉(16:00)
【参 考】
HP 台湾山歩き
陽明山国家公園案内図(陽明山国家公園旅客中心で販売、50台湾元)

台北滞在型のツアーに申し込んだ時は、特にハイキングは予定していなかったが、いろいろ調べているうちに七星山が簡単に登れそうだとわかった。朝食を取ってから、昼食用のパンを買いこみ、ホテルの前の道路を通るバスに乗る。バスには、バス停の表示もアナウンスも全くないバスもあるが、この路線のバスは電光掲示があってはっきりわかる。終点の陽明山バス停で下車し、道路を少し歩くと旅客中心(ビジターセンター)に着く。旅客中心は上と下の建物に分かれていて、下の購買部で地図(日本語のものも)を売っている。片面に陽明山国家公園の見所の説明があって、もう一面はちゃんとした地図になっている。七星山以外の山も掲載されているが、七星山以外はバスの便などがあまり良くなさそうだ。

旅客中心あたりには、ハイカーが大勢いて、早くも下って来た人もいる。男性二人連れのハイカーは上半身裸で下ってきた。このあとも男性の裸のハイカーを時々見かけた。この時期は確かにひどく蒸し暑いのだが、暑くても日本では見ないかけない光景だ。もちろん、きちっと決めているハイカーが大部分で、若い女性も多い。旅客中心からしばらく車道に並行して続く道を行くと、七星山への登山口が分岐する。七星山への登山口は三つあるが、この登山口は苗圃登山口という。車道に並行する道はさらに竹子湖方面へと続いている。苗圃登山口から登りがきつくなるが階段状の石の歩道が整備されていて、ベンチも頻繁に現れる。階段状の歩道のほかに、樹林の中に細い道も並行してついているが、ほとんど歩く人はいない。

冷水坑方面からの道を合わせ、すぐ先で直登する道と七星公園への分岐となる。右の七星公園への道を選ぶと広々とした草原に中国風の休憩所が作られている七星公園に出た。展望が良く、七星山の頂上あたりへ続く登山道と登っている人も見える。七星公園からは先の分岐に戻って主峰と東峰の間へ登りつく道を行こうと思っていたが、ここまで登りだったし、展望がいいので、見えている登山道に向かう。冷水坑温泉に下る道を分けて、東峰を目指してしばらく登ると樹林帯が切れて長い草しか生えていない道となる。南なのにずいぶん標高の低い所で樹林が切れてしまうのは奇異な感じだ。傾斜が急になり道はジグザグを切って付けられているが、石段の道がどこまでも整備されているのは、正直言ってここまでしなくてもと思う。

登りはじめは青空が広がっていたが、だんだん雲が広がって、1106mの東峰に着く頃は遠くの景色は霞んでしまったのが残念だった。いったん下って主峰に到着すると大勢のハイカーで賑わっていた。頂上には「七星山主峰1120m台北市第一高峰」の標識がある。グループで来ていた若い人に写真を撮ってもらったが、日本語ができる一人の女性は福岡にしばらくいたとのこと。しばらく休憩した後、下りは再び東峰を経由して同じ道を下り、分岐を冷水坑温泉に向かうと、舗装道に出て夢幻湖への分岐がある。夢幻湖は以前は水が多かったようだが、いまは水の中に草がびっしり生えて浅そうに見える。カエルだろうか?アヒルみたいな声が聞こえてくる。

夢幻湖から戻って、二階建てになっている中国風の展望休憩所で休む。風の通りが良くて涼しく、景色も高原風で台湾にいることを忘れてしまいそう。七星山頂上あたりにはガスが出てきた。冷水坑登山口に下る道は急な石段で、登って来る人もいたがたいへんそう。距離的には短く、大きな駐車場まえに下りついた。登山口から左へ行くと温泉の建物がある。男女別で、中へ入ると大きな浴槽が一つだけある。荷物置き場は浴槽から見えているので、ロッカーは無いが盗られる心配はない。男性のほうは入っている人が少なく静かだったが、女性のほうは大勢いて、妻は入り方についていろいろ指導されたそうだ。入る前に良く洗って、入ったら静かにしているなどマナーが厳しい。女性のほうは欧米人が覗いて、けっきょく雰囲気に押されて入らずに帰ったそうだ。温泉から出てくるとガスが下って来てこのあたりまで乳白色に包まれた。

冷水坑からは、士林、剣潭方面へのバスも頻繁に出ているが、陽明山国家公園内を巡る小型バスがあって、陽明山バス停に戻って帰路に就いた。


山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )