【秩父周辺】城峯山、破風山

                    南尾根の巻き道から城峯山

降雪直後の城峯山と破風山周辺(時間の関係で破風山頂は踏まず)を歩いてきました。スパッツは使用しましたがそれほど雪は深くありません。城峯山頂の案内板に出ていた南尾根を途中まで下り、将門の里という別荘地を経由して石間峠に至る車道に下りました。この車道を西立沢まで下り、破風山から西に伸びる尾根の突端に取り付き、尾根通しに札立峠まで歩いてバスの時刻の関係で水潜寺に下りました。ハイキングコースと踏み跡の不明瞭なルートを組み合わせて歩きました。

【日 程】2008年1月24日(木)日帰り
【山 域】奥武蔵
【山 名】城峯山、天狗山、大前山(653m)、鞍掛山(629m)
【メンバ】単独
【天 候】晴れ
【参 考】山と高原地図22奥武蔵・秩父(昭文社)
【コース】西門平(8:50)→鐘掛城(10:10)→城峯山(11:00)→将門の里(12:20)→西立沢(13:00)→天狗山(14:30)→札立峠(15:00)→札所前(15:30)

いつものグループで2月に山行を計画しており、メンバーから城峯山というリクエストがあったので下見を兼ねて出かけることにした。城峯山へのバスでのアプローチは西門平バス停(町営バス)か万年橋バス停(西武バス)だが、万年橋バス停はバスの本数が少ない上に車道を延々と歩く必要がある。しかし西門平からのピストンもつまらないので、地図を眺めた末、城峯山から西立沢を目指して南へ伸びる尾根を下り、西立沢からは破風山の西に伸びる尾根を歩けば効率的ではないかと考えた。

皆野駅からのバスは平日なので皆野高校までは生徒が大勢乗っていたが、山を目指すのは私のほかに男性が一人だけだった。西門平で下車し、スパッツを着けている間にその男性はさっさと行ってしまった。はじめ町道から分岐する林道に入り、少し行って登山道に入る。雪はあまり多くなく、スパッツは着けた方が安心できるという程度だった。新雪の上には先行する男性の足跡しかない。この足跡は鐘掛城の巻き道に入っていく。鐘掛城に登り着くと御荷鉾山方面の展望が素晴らしい。いったん下ってまた小ピークに登るとさらに展望が開けたところがあり、目指す城峯山も間近に見える。

下って石間峠に出るとここまで車道が上がって来ており、東屋とトイレが整備されている。東屋で休憩していると、先行した男性が車道の向こうから戻ってくる。男性は城峯山には登らずに来た道を戻っていく。ここまでけっこう登ってきたのに、ピークにだけは登らないというのも変わっている。ここから先は足跡の無い新雪の上を歩き続けることになった。登っていると、車道を車が上がってくるのが見えた。この程度の雪ではまだ石間峠までは車が上がれることがわかった。

城峯山頂には一番乗りだった。パラボラアンテナ塔を兼ねた展望台からは素晴らしい展望が得られる。しかし奥秩父方面は雲に隠れていた。頂上でゆっくりしていると北側から男性が一人登ってきた。頂上に案内板があって、地図上に表参道コースと南尾根コースが表示されていた。南尾根コースは途中に巻き道もあってまた合流し、最後は二手に分かれて「中郷」か「漆木」に下る。案内板どおり南尾根コースを下って巻き道に入る。巻き道は一部荒れた部分もあるが、概ねしっかりしている。巻き道が枝尾根にかかるところで、枝尾根の方を下ることにした。雪に隠れて不明瞭ながら踏み跡もあるようだ。やがて別荘地の車道に出て、下っていくと石間峠に至る車道に合流した。

車道は途中に登りの分岐もあるが、あくまで下っていくと西立沢の集落に出た。集落のはずれに至って車道が分岐する少し先に古びた白いテープを見つけ、そこから取り付いた。はじめは踏み跡もわからない急斜面を強引に登って行くが、最初のピークからは目印と雪の上の足跡まで現れた。ここからは忠実に尾根に沿ってひとつひとつピークを拾っていくが、足跡はどこかへ消えたかと思うとどこからともなくまた現れる。巻き道ばかり行く足跡の主は、まさか朝のバスに乗っていたあの人?時折、冷たい強風に吹かれ、けっこう疲れてきた。

城峯山方面の展望が開けたピーク(小峰山か?)を越え、右手に武甲山方面の展望を見ながら、やがてたどり着いたピークに小さな祠と「天狗山(お天狗様)」と書かれた立て札があった。ようやくハイキング・ゾーンに入ってきたとほっとする。鎖場も出てきて、「大前山」、「鞍掛山」と表示のあるピークを越えて行き、「如金さま」の岩を過ぎて札立峠へ。ここから札所前バス停に下る道は通行止めになっていたが、時間通り下ればバスの通過時刻にぴったりなので、何とかなるだろうと下ることにした。道は崩壊した部分の修理が進んでいて、途中で工事を終えて帰る人を追い越して時間通り水潜寺に下れた。


山域別山行一覧 形態別山行一覧


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【奥武蔵】堂平山、笹山、笠山

                    堂平山頂から大霧山方面

歩き出しは雲りがちでしたが、堂平山の広く展望の広がった山頂に着いた頃は青空が広がって風もなくて温かく、ゆったりした気分になりました。雪は川木沢ノ頭付近で多少ありましたが、スパッツも必要ない程度でした。

【日 程】2008年1月18日(金)日帰り
【山 域】奥武蔵
【山 名】川木沢ノ頭、剣ヶ峰、堂平山、笹山、笠山
【メンバ】単独
【天 候】曇りのち晴れ
【参 考】山と高原地図22奥武蔵・秩父(昭文社)
【コース】経塚(7:30)→旧定峰峠(8:15)→定峰峠(8:50)→白石峠(10:15)→堂平山(11:00)→笠山(12:40)→和紙の里(15:20)

小川駅から白石車庫行きの一番バスに乗って経塚で下車、沢沿いの舗装された林道に入る。やがて外秩父七峰縦走ハイキングコースなどの案内板に従い山道に入り、一度車道に出て再び山道に入り旧定峰峠へ。尾根道を辿りちょっとしたピークを越えて定峰峠に下るまではあまり見晴らしはない。定峰峠からの登りで左に笠山から堂平山の展望があり、はじめて雪が出てきた。中央に手すりが設置された急な階段の登りが長い。右に展望が開けてきて両神山が良く見える。巻き道を見送り川木沢ノ頭に登った。頂上では新たなパラボラ施設の建設中だった。川木沢ノ頭から急な長い階段を下り白石峠に着く。

白石峠からは堂平山まで車道が通じているが、何度か車道に出ながらもほとんど山道を歩いた。ここは4年前にも歩いているが、その時よりも歩道の整備はしっかりされていた。しかしまた、「環境大気東秩父測定局」の前から分岐する新しい車道も整備されていた。この車道は何の役にたつのだろうか?天文台ドームのある堂平山頂では青空が広がり、風もなくて暖かくて気持ちが良かった。ここで笠山の方から登ってきた単独のハイカーに出会った。

七重峠に下り、笹山を往復する。登り口は標識が無く、間違えて山腹を巻く道に入ってしまった。途中で気がついて藪の中を強引に尾根に上がって登山道を見つけた。笹山の正しい登り口の方にも標識は無いが、すぐ上に小さな小屋が見える。笹山の頂上付近は展望がよく、特にすぐ目の前の笠山が大きい。七重峠に戻って笠山に向かう。登りついた西峰頂上は雪が残っていた。東峰を往復してから萩平方面に下る。林道白萩線に出て皆谷バス停への分かれ道に至る。このまま下るにはまだ時刻も早いし、真っ直ぐ北に登る尾根道も気になるので入ってみた。

この尾根道は観音山方面に向かっており、ハイキング道ではないが踏み跡はしっかりしており、目印も良く付いている。途中、仙元山と思われるピークにはブロック積みの小屋が建っていたが、荒れており利用はされていないようだった。やがて観音山の登りにかかるところで、「秩父鉱業の採掘場があり、発破も行なわれるので立ち入り禁止」という内容の看板が立っており、踏み跡も途切れてしまった。仕方なく、右に下る道を取り、車道に出た。この御堂川に沿った車道は秩父鉱業の採掘場傍を通るので歩くのにいい道ではないが、途中に名水が湧くところがあり、車で大量に汲みに来る人もいた。和紙の里を過ぎ、学校入口バス停に着いたがバスが来るまで時間があったので、さらに先のバス停まで歩いた。


山域別山行一覧 形態別山行一覧


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

【高尾・陣馬】高尾山から景信山

                   景信山から大岳山方面

家を出たときは風があって寒かったけれど、山では晴れてきて気持ちの良い一日でした。日曜日、高尾山から景信山にかけては大変賑やかでしたが、小下沢に下る道では誰にも会いませんでした。

【日 程】2008年1月13日(日)日帰り
【山 域】高尾・陣馬
【山 名】高尾山、城山、景信山
【メンバ】本人、妻
【天 候】曇りのち晴れ
【参 考】山と高原地図27高尾・陣馬(昭文社)
【コース】高尾山口(8:40)→高尾山(10:10)→城山(11:30)→景信山(12:45)→小下沢林道(14:10)→日影(14:40)

丹沢方面を考えていたが、朝起きて天気予報を見ると南の方は雲が多そうなので、いろいろ迷った末、自宅から一番近い高尾山に行くことにした。高尾山は子どもが小さいときに家族でよく出かけたが、最近は行くことが少なくなった。新宿で京王線に乗り換えて高尾山口から稲荷山コースを歩く。途中の稲荷山展望台からは筑波山がかすかに見えていた。人が大勢休んでいて中にはすっかりくつろいでいる人たちもいる。

最後は階段状を登って高尾山頂へ着く。頂上は人で賑わっており、丹沢方面の展望があるが山々は雲に隠れて一部しか見えない。見えているところは白いものが目立っていた。山頂から階段を下って城山方面に向かう。冬季は道がぬかるんでいたり凍っているところだが、今日はちょっとぐちゃぐちゃする程度。また、途中で分岐する大垂水峠方面は樹木の間伐作業とかで通行止めになっていた。

一丁平には休憩所があり丹沢方面の展望が開けていた。このあたりは以前と様子が変わったような気がする。城山に登りつくとここも相変わらず人が多い。富士山の頂上付近だけがわずかに見えた。山頂の茶店で「なめこ汁」を注文してゆっくりした。ここから小仏峠に下る。小仏峠には久しぶりに来たが、ここの茶店はやめてしまったようだ。ちょっと寂しい。このあたりで杉の枝の先に雫がいくつも凍り付いているのに気がついた。とても綺麗だ。そういえば城山に登るあたりでも氷の粒が落ちてきて雹が降ってきたのかと思ったが、枝の先の氷の雫が落ちてきたもののようだ。

小仏峠から登り返した景信山は茶店が健在で人で賑わっていた。相模湖の向こうに丹沢が見えているが依然として雲が多い。頂上に登って奥多摩側を見ると雲は少なく、大岳山が良く見えた。下りは小下沢林道に出て日影バス停に向かった。バス通りに出たところでバスが来るのに出くわしたが、運転手さんが親切に乗せてくれて助かった。


山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

【伊 豆】沼津アルプス北部

                中央に霞がかって見える富士山

昨年末の忘年山行で登り残した沼津アルプスの北半分を妻と二人で登ってきました。一応、晴れてはいたものの霞がかって展望がイマイチでしたが、1月とは思えないほど温かい一日でした。先月歩いた沼津アルプス南部と同じく急斜面の多いコースでした。

【日 程】2008年1月9日(水)日帰り
【山 域】伊豆
【山 名】香貫山、横山、徳倉山、志下山
【メンバ】本人、妻
【天 候】曇りのち晴れ
【参 考】山と高原地図30伊豆(昭文社)、伊豆・箱根の山を歩く(山と渓谷社)
【コース】黒瀬(9:00)→香貫山(10:00)→横山(10:50)→徳倉山(11:10)→志下峠(14:00)→志下公会堂前(14:40)
【切 符】青春18切符

沼津駅から歩くつもりだったが、ちょうどバスが目に入ったので黒瀬まで利用した。甲羅本店というレストランの先に香貫山登山口の案内板がある。交通量の多い車道から階段を登っていきなりハイキング道になる。しかしすぐに車道に出て、すこし歩くと香陵台の園地がある。五重塔が立っており、若山牧水の歌碑もあった。富士山が霞んで見えている。香陵台から山道を登り、香貫山頂への道を見送って先に芝住展望台に寄る。沼津市街の向こうに富士山が見える展望の良いところで、地元の人たちが散歩に訪れていた。

展望台から戻って香貫山頂へ登るが、展望のない地味な山頂だった。標識に従って下ると展望台から続いていると思われる車道に出て、しばらくこれを下っていく。この車道は途中に車止めがあって車が入って来れないようになっている。ゴルフ練習場、水道施設を過ぎて車道を離れて近道を下ると車通りの多い車道に出る。車道を左に清掃施設の大きな煙突を見ながら歩いて行き、道の右側にある標識に従ってまた山道に入る。ここからロープのある長い急斜面を登って横山の頂上へ着いたが、展望はない。

横山から横山峠へまた大きく下って、徳倉山へのきつい登り返しになる。徳倉山の頂上は富士山と駿河湾方面の展望があるが、残念ながら今日はすべて霞んでおり、富士山は山頂の一部がかすかにわかるだけだった。徳倉山からはしばらく変哲のない道を行き、千金岩で前方がぱっと開ける。眺めが良いのでここでしばらく休憩した。千金岩から下りきるとようやく先月に南部から北上してきた志下坂峠に着いた。さらに志下山を越え、志下峠から右へ下った。標識にはヤブ道と書かれていたが、ヤブではなく石がごろごろしている道だった。真っ直ぐ歩いて国道414号に出て、右に少し行くと志下公会堂前バス停があった。


山域別山行一覧 形態別山行一覧


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

【房 総】富山


千葉県は養老渓谷の遊歩道を歩いたぐらいで、山に登るのは今回が初めてでした。富山の頂上には展望台があって、海の眺めが広がっていますが、あいにくの曇り空で残念でした。水仙の花が山麓や山腹で見られましたが、盛りにはまだ少し早いようでした。

【日 程】2008年1月7日(月)日帰り
【山 域】房総
【山 名】富山
【メンバ】本人、妻、長女
【天 候】曇りのち小雨
【参 考】新・分県登山ガイド11千葉県の山
【コース】岩井駅(8:40)→福満寺(9:40)→南峰(10:50)→北峰(11:10)→伏姫ノ籠窟(12:30)→岩井駅(13:30)
【切 符】青春18切符

長女の休みに合わせて久しぶりに親子3人でのハイキング。朝からほとんど晴れ間が見えないが、比較的暖かい日だった。岩井駅から歩くが車が飛ばしてくる狭い車道を避けて細い道に入った。しかし、富津館山道路を渡れない道に間違えて入ってしまい時間をロスした。登り口の福満寺まで道端に普通に水仙の花が多い。

福満寺から急な舗装道路がかなり長い。途中、水仙畑を見ながら行くと階段状に整備された道に変わる。急な階段状の道も長く続く。石段の前に出て、そのまま進めば富山北峰方面だが石段を登り観音堂の前に出る。すぐ上が富山南峰のようだが、無線施設の撤去作業をしているとかで立ち入り禁止になっていた。

石段下に戻って緩やかな道を富山北峰に向かう。左に伏姫ノ籠窟方面に下る道を分けたあと右から舗装道路が合流するところに休憩舎とトイレがある。道はさらにきれいに整備されていて展望台のある頂上に着く。皇太子と雅子妃が平成11年2月にここを訪れた記念として「お印」の記念植樹がされていた。ただし植樹したのは平成17年のようだ。展望台に登ると海の眺めがいいのだが、あいにくのどんよりした曇り空が残念だった。

帰りはとうとう雨が降り出してしまった。分岐に戻って「伏姫ノ籠窟」方面に下る。この道も初めは急な階段状でやがて舗装道路に変わる。「南総里見八犬伝」ゆかりの「伏姫ノ籠窟」は立派な門をくぐって階段を登る。籠窟のそばから分岐する道があり「尾根ルート/富楽里方面」との表示がある。雨で足元が悪くなっていなければこの道を行くのも変化があって良かったかも知れない。戻って舗装道路を行くと富山中学校の前に出る。駅近くのお店で水仙を買って帰った。


山域別山行一覧 形態別山行一覧


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【前日光】三枚石、横根山スノーハイク

               前日光牧場から男体山、女峰山

古峯神社から三枚石新道を登り、三枚石、方塞山、横根山と歩きました。横根山からは、鹿沼市と粟野町(旧)の境の尾根を北から東へと下り、最後は沢に下って「下の向」バス停(古峰原線)の横から伸びている林道に出ました。横根山からの下りは踏み跡の無い所や不明瞭な所を強引に行き、車道を4回突っ切りました。なお、雪はスパッツを使わなくて済む程度です。また、狩猟者が入っていたのが嫌でした。

【日 程】2008年1月5日(土)日帰り
【山 域】前日光
【山 名】方塞山、横根山
【メンバ】単独
【天 候】曇りのち晴れ
【参 考】分県登山ガイド8栃木県の山(2000年版)、2万5千地形図「古峰原」
【コース】古峯神社(8:30)→三枚石(10:30)→方塞山(10:50)→横根山(12:00)→前日光林道(14:00)→下の向バス停(15:10)

新鹿沼駅から朝一番のリーバスに乗って終点で下車。年の初めなので古峯神社にお参りしてから出発する。しかし出だしから猟銃と猟犬という嫌なものを見てしまった。三枚石新道を登っていると登山道をショートカットして二匹の猟犬が登ってきた。吠え掛かって来るので、吠え返して追っ払った。猟銃を撃つ音も聞こえてきて気分が悪い。

急な登りが緩むあたりで雪道となるがスパッツを着けるまでには至らなかった。出だしの曇り空は三枚石に着いたときには青空に変わっていた。方塞山まで雪道が続き、最近の足跡も見られる。方塞山から横根山へは前日光牧場の柵に沿って道が付いている。この道は雪が少なく、新しい足跡も見られない。展望が良く、雪を被った奥日光の山々が素晴らしい。

牧場の中を通る車道から分岐する車道(地図には無くまだ工事中のよう)を横切り、最後の登りにかかると突然、雪の上に新しい足跡が出てくる。この足跡の主はいったいどこから来たのだろう。足跡は横根山頂まで続き、井戸湿原方面に下っていた。横根山頂は少し邪魔な木があるが、尖った皇海山や真っ白な奥白根も頭を見せている。休んでいると井戸湿原方面から猟銃を撃つ音が聞こえた。

頂上からは日瓢鉱山と表示されている北方向に進む。雪の上に消えかかった足跡が残っている。やがて牧場から分岐していると思われる車道に飛び出すが、向かい側に続く雪道を行く。すぐに「入粟野(日瓢鉱山)」と記された標識が現われる。標識に従って進むうちに雪が消え、気がつくと頼りない踏み跡になる。あくまで尾根に沿って行きたかったので、ここで踏み跡を捨てて尾根に上がる。尾根に上がってからは踏み跡は無いがコンパスで確認しながら東に下っていく。再び、牧場から分岐していると思われる車道を突っ切って、強引に東へ下っていくと、またまた牧場から分岐していると思われる車道に出た。

尾根を南に外してしまったようなので、車道を少し登ってこれと狙いを定めた尾根を下る。すぐに目印が現われて嬉しくなった。しかしこの目印は目立たないので、頼りにせずに自分でルーファンする必要がある。この尾根は痩せたところや岩場もあるので慎重に下っていく。やがて下の方に前日光林道と思われる車道が見えてくると、尾根を忠実に辿るより楽そうなので沢に下って車道に出た。この沢沿いの木々にはテープが巻かれていた。前日光林道を横断して、さらに沢沿いに下っていく。初め左岸が下りやすく、途中からは右岸が開けているので下っていくと砂利道の車道が現れる。この長い林道を下って行くと下の向バス停に出た。バスの時刻まで間があるので、少し下って金剛山瑞峰寺にお参りした。


山域別山行一覧 形態別山行一覧


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )