【奥秩父】昇仙峡、羅漢寺山

                白山展望台から見る茅ヶ岳、曲岳方面

 いつものグループで鳳凰三山に出かける予定で甲府まで「あずさ」の指定席を取っていましたが、天候が思わしくないために急遽日帰りに変更することにしました。甲府から無理なく日帰りできる山ということで、昇仙峡の羅漢寺山としました。歩く人の少ない獅子平登山口から登り、観光客で賑わう弥三郎岳まで歩き、昇仙峡ロープウエイで下りました。

【日 程】2007年10月7日(日)日帰り
【山 域】奥秩父
【山 名】弥三郎岳、白砂山
【メンバ】8名
【天 候】晴れ
【コース】獅子平(9:00)→白砂山(11:40-12:50)→弥三郎岳(13:30)

甲府駅からバスに乗るつもりであったが、タクシーの客引きに応じて2台に分乗して獅子平へ向かう。(3,600円/1台)登山口には一応壊れかかった案内がある。橋を渡ってしばらくは舗装道路を行く。簡易舗装の道からやがて山道となる。歩いていると栗や胡桃などが落ちており、アケビもある。藪っぽいところや大きな倒木が道を塞いだままになっている所もあり、手入れが行き届いていない道だった。ハイカーには出会わないが山の幸を採取に来たような地元の人に出会った。

ひと登りすると獅子平の分岐に出る。右へ3分と案内がある「太刀の抜き岩」に寄ってみる。「太刀の抜き岩」は尖った岩峰で展望が開けている。天辺にも登れそうだったが、危険なのでやめておいた。分岐に戻ってロープウエイ方面に向かう。途中で白山展望台の分岐があり、ここでも道草を食う。白山展望台は真っ白な花崗岩の砂礫で覆われており、面白い景観になっている。展望もあり、すぐ近くの太刀岡山を中央に左に茅ヶ岳、右に曲岳から黒富士へと続く山塊が見えた。

戻って、再びロープウエイ方面に向かい、分岐から白砂山へとまた道草を食う。白砂山からは弥三郎岳とパノラマ台駅が間近に見える。南アルプス方面は雲がかかっていたが、甲斐駒ケ岳と鳳凰三山の上部がわずかに見えた。ここで大休止して昼食とした。まず、冷えたビールで乾杯。各自、用意してきたおにぎりとお湯を沸かしてインスタントのトン汁やスープなど。デザートに梨を剥くなど、たっぷり時間をかけた。ここまでほとんど人に出会わなかったが、白砂山はロープウエイも近いのでハイカーもやって来る。

ロープウエイ上の賑やかなパノラマ台から弥三郎岳へ。花崗岩の岩山であるが、岩を削って足場を作ったり、梯子をかけたりで登りやすくしてある。一番高い岩の上でも残してあったビールでまた乾杯。頂上から反対側へ急下降する道もあるが、恐がりの女性もいるので、パノラマ台に戻ってロープウエイで下った。そのあと、仙娥滝や覚円峰を見ながらグリーンライン昇仙峡バス停まで遊歩道を歩いた。バスに乗るつもりだったが、また客引きにあってタクシーに分乗して湯村温泉へ。(3,200円/1台)温泉につかってから、甲府駅に出て「ほうとう」を食べ、ビールや地酒でいい気分になって帰った。


山域別山行一覧 形態別山行一覧



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【奥日光】草紅葉の小田代原(湖)と戦場ヶ原


草紅葉の小田代原と戦場ヶ原をのんびりと歩きました。小田代原は台風9号によりできた湖がまだ残っており、草紅葉とあわせてめずらしく美しい光景が見られました。戦場ヶ原の草紅葉もいい雰囲気でした。平日なのにけっこうバスも込んでいました。

【日 程】2007年10月5日(金)日帰り
【山 域】奥日光
【メンバ】本人、妻
【天 候】曇り時々晴れ
【コース】小田代原展望台(11:30)→戦場ヶ原(13:00)→滝上バス停(14:20)

東武日光駅9時26分のバスは満員になり次の9時40分のバスに乗る。赤沼からの低公害バスもちょうど出てしまったところで、いつもなら歩いて行こうとするところだが、バス停前の赤沼自然情報センターの展示を見ながら待つことにした。低公害バスはあまり込んではいなかった。小田代原展望台に着くと小学校の遠足の子ども達で賑わっている。小田代原湖と草紅葉が綺麗だ。カモも二羽来ていた。ここでゆっくりお昼を食べてから戦場ヶ原に向かった。

全体の紅葉にはまだ早いが、一本のツタウルシが綺麗に紅葉していた。また、ズミやカンボクの赤い実も綺麗。戦場ヶ原に入るとくっきり見えている奥日光の山々を背景に草紅葉と湯川の流れがいい雰囲気を醸し出している。時々日が差すと戦場ヶ原の黄金色がいっそう引き立つ。行き違う小学生が元気良く挨拶してくる。コースごとにいくつかのグループに別れ、全体では相当の人数のようだ。湯川に沿って滝上バス停まで歩き、ちょうどバスが来る時間になったので、竜頭の滝には寄らなかった。


山域別山行一覧 形態別山行一覧




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )