北海道の観光と登山(9月24日~10月4日)

         青い池付近から見る美瑛岳と十勝岳

9月24日から10月4日まで妻と二人で北海道の観光と登山を楽しみました。
2014年から毎年、北海道を観光と登山で訪れています。今回はLCCで成田空港と新千歳空港を往復、道内はレンタカーで移動しました。登山は日高山脈の山々を予定し、アポイ岳と楽古岳は登りましたが、芽室岳と伏美岳は林道が復旧してないと聞いたので取りやめました。そのかわり東大雪の東ヌプカウシヌプリと天望山を登りました。
無人の山小屋で何泊かを予定していましたが、結局、車中1泊、山小屋1泊になりました。

9月24日:成田空港~新千歳空港~新冠町
9月25日:アポイ岳登山
9月26日:楽古岳登山
9月27日:楽古山荘~襟裳岬~豊似湖~池田町
9月28日:池田町~清水町(ガーデン街道)
9月29日:東ヌプカウシヌプリ登山、福原山荘見学
9月30日:天望山登山
10月1日:清水町~美瑛町(十勝岳望岳台)
10月2日:美瑛町~札幌(四季彩の丘)
10月3日:札幌滞在(開拓の村、モエレ沼公園)
10月4日:札幌~成田空港(サッポロビール博物館)

9月24日はレンタカーを借りて千歳市内で食料など買い込んでから近くのメムシ公園という所に寄って休憩しました。その後、道の駅ウトナイ湖では白鳥を見て、野生鳥獣保護センターを見学、その後平取町の二風谷ダムに向かい、旧マンロー邸を見て、二風谷アイヌ文化博物館で温泉含む共通券を買って、萱野茂二風谷アイヌ資料館も見学、びらとり温泉に入浴したら暗くなり、夜道を新冠町の宿に向かいました。
9月25日はアポイ岳に登りました。詳しくはリンク先をご覧ください。
9月26日は楽古岳に登りました。詳しくはリンク先をご覧ください。
9月27日は様似町の観音山展望台、エンルム岬に寄った後、襟裳岬に行きました。襟裳岬風の館でシアター見たり、風速25メートルの風を体験したり、周辺を散策しました。その後、ハートの形の豊似湖に寄って一周しました。左回りで歩きましたが半分は歩きやすいのですが、残りの半周はルートが不明瞭でした。また、ナキウサギがいると聞いて期待していたのですが、会えなくて残念でした。
その後、海岸沿いの黄金道路を北上してフンベの滝を見て、幕別町のナウマン温泉に入り、池田町の宿に暗くなって着きました。
9月28日は朝のうち雨模様、池田町は町営でブドウ栽培・ワイン醸造を行っており、「ワイン城」と呼ばれる施設を見学しました。池田町では翌日から「秋のワイン祭り」が行われ、4,000円でワイン飲み放題、十勝産牛バーベキュー食べ放題とのことでした。また、ドリカムの吉田美和さんの出身地なのでワイン城のそばに記念館があったので入ってみました。
その後北海道ガーデン街道チケットで、十勝ヒルズ、真鍋庭園、紫竹ガーデン、六花の森の4つのガーデンを巡ったあと、暗くなって清水町の宿に着きました。
9月29日は東ヌプカウシヌプリに登りました。詳しくはリンク先をご覧ください。
9月30日は天望山に登りました。詳しくはリンク先をご覧ください。
10月1日は美瑛町に向かいました。国道38号を行き、狩勝峠を越えます。狩勝峠には佐幌岳の登山口があり登山者もいました。道の駅南ふらのとかなやま湖にも寄って、美瑛町に向かい、青い池、白ひげの滝、白金温泉、十勝岳登山口の望岳台を訪れました。
10月2日はマイルドセブンの丘、前田真三写真ギャラリー「拓真館」、四季彩の丘、ファーム富田を訪れました。天気は曇りでしたが四季彩の丘の花々は綺麗でした。ふらのワインハウスで昼食後、札幌市の宿に向かいました。
10月3日は開拓の村とモエレ沼公園を訪れました。開拓の村ではボランティアのガイドに案内してもらってたっぷり時間を使って見学しました。その後のモエレ沼公園も暗くなるまでゆっくり見て回りました。
10月4日はサッポロビール博物館と雪印メグミルク酪農と乳の歴史館・札幌工場を見学してからレンタカーを返して帰路に就きました。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【北海道】利尻山と礼文島歩き

                    北のカナリアパークから見る利尻島

6月25日から7月2日まで妻と二人で利尻島に2泊、礼文島に4泊して利尻山登山と礼文島歩きを楽しみました。
私は9年前に http://blog.goo.ne.jp/tanuki_senbei/d/20070616 母と観光で訪れて以来ですが、妻はお気に入りの場所で何度も訪れています。
6月26日に利尻島で雨に降られましたが、それ以外は稚内から帰りのバスに乗っている時に降られたぐらいで、天気に恵まれました。ここでは概要のみの報告で、個々の山行については日付を遡って報告したのち、ここからリンク付けする予定です。

6月25日:成田空港~新千歳空港~札幌(夜行バス中泊)
6月26日:稚内~利尻島(利尻島ファミリーキャンプ場泊)
6月27日:利尻島滞在(利尻山に登る、民宿泊)
6月28日:利尻島~礼文島(ゴロタ浜~スコトン岬、久種湖キャンプ場泊)
6月29日:礼文島滞在(香深井~宇遠内~浜中~久種湖キャンプ場泊)
6月30日:礼文島滞在(桃岩展望台~北のカナリヤパーク、桃岩荘泊)
7月1日:礼文島滞在(礼文滝コース~元地、桃岩荘泊)
7月2日:礼文島~稚内~札幌~新千歳空港~成田空港

25日は成田空港から午後発のLCCで新千歳空港へ。空港でゆっくりしてからJRで札幌へ。札幌大通りバスターミナルから夜行バスで稚内フェリーターミナルに26日早朝に到着しました。
26日は翌日に利尻山に登るつもりなので、登山口にある「利尻北麓キャンプ場」のバンガローも検討していたのですが、すぐ近くに温泉があり、布団やストーブも備えてある「利尻島ファミリーキャンプ場」のバンガローに予約しました。登山口から離れているのですが、快適さの方を取ってしまいました。この日は雨でしたが、キャンプ場で長期のテント泊をしている親切な方に車で「姫沼」や映画「北のカナリアたち」のロケ地などを案内してもらいました。その後キャンプ場のすぐ近くにある「カルチャーセンターりっぷ館」を見て、「利尻富士温泉」でゆっくりしました。
27日は前日車で案内して頂いた方に登山口まで車で送ってもらい、4時少し過ぎには歩き出すことができました。この日は頂上に笠雲がかかって頂上からの展望はありませんでしたが、笠雲の下に出ると青い海を見渡すことができました。ただ、翌日から奇跡的に?良い天気が続いただけに頂上からの展望が得られなかったのは残念でした。帰りも登山口に車で迎えに来てもらって、宿も紹介してもらったところに泊まりました。
28日は利尻島に渡って久種湖キャンプ場のバンガローに荷物を置き、ルートとしては逆コースですが、キャンプ場から浜中~鉄府~ゴロタ山~スコトン岬と歩き、バスで戻って来ました。前半は天気が良く綺麗な海が楽しめました。ゴロタ山ではガスがかかりましたが、花が綺麗でした。久種湖キャンプ場のバンガローは布団もストーブもなく、断熱マットが備えてあるだけですが持参のシュラフを使えば寒くありません。料金は「利尻島ファミリーキャンプ場」のバンガローよりずっと安いです。
29日はバスで香深井まで行き、宇遠内に出て西海岸を歩いてキャンプ場まで戻りました。宇遠内からの西海岸が天気も良くて美しく気持ち良く歩けました。アナマ岩からの急斜面を登ったあとは花も少なく、長い単調なルートでした。30日は妻がお気に入りの桃岩荘泊ということで、バスでフェリーターミナルに出て、桃岩荘の車に荷物を預け、さらに桃岩展望台の登山口まで送ってもらい、花と展望のコースを歩きました。天気も最高で知床港から近い「北のカナリアパーク」を訪れました。映画「北のカナリアたち」を撮影するために建てた校舎を残したもので、利尻山の美しい姿が見られる素晴らしいロケーションです。桃岩荘は覚悟はしていたもののなかなかに強烈でしたが、楽しめました。
7月1日は礼文林道コースの入口まで送ってもらい、礼文滝コースを歩きました。急な斜面を海岸に降り立ったところに礼文滝があります。レブンウスユキソウの群生する所が見られるコースで他にも美しい花たくさんが見られます。礼文滝から地蔵岩のある元地へは立ち入り禁止ですが、内緒で歩いてしまいました。
7月2日は桃岩荘の盛大なお見送りを受けて、その日のうちに東京へ戻りました。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

【北海道】2週間の北海道観光と登山

              摩周湖第一展望台付近からカムイヌプリの展望
                 (左遠くに斜里岳と標津岳が見える)

9月15日から28日まで妻と二人で2週間の北海道観光と登山を楽しみました。
昨年も9月19日から29日まで北海道に行っていますが、今回は羽田空港から中標津空港の往復で、中標津空港でレンタカーを借りて移動しました。長女一家も少し日がずれて北海道旅行に来ており、途中で合流して二泊同宿しました。
ここでは概要のみの報告で、個々の山行については日付を遡って報告したのち、ここからリンク付けする予定です。

9月15日:羽田空港~中標津空港~川湯温泉
9月16日:川湯温泉滞在(藻琴山に登る)
9月17日:川湯温泉~岩尾別温泉
9月18日:岩尾別温泉滞在(知床五湖を歩く)
9月19日:岩尾別
9月20日:岩尾別~標津(羅臼湖を往復する)
9月21日:標津滞在(知床五湖を歩く)
9月22日:標津~摩周
9月23日:摩周~清里(カムイヌプリに登る)
9月24日:清里滞在(斜里岳に登る)
9月25日:清里~サロマ湖
9月26日:サロマ湖~温根湯温泉(仁頃山に登る)
9月27日:温根湯温泉~養老牛温泉
9月28日:養老牛温泉~中標津空港~羽田空港

15日は空港に着いた時にちょうど雨が上がったようで、レンタカーを借りてから開陽台展望台に寄りました。雲が多かったのですが、近くの武佐岳がなかなか形良く見えました。
16日は少し雲があるけれど晴れており、屈斜路湖外輪山の藻琴山に登りました。下ってからアトサヌプリ(硫黄山)や和琴半島にも行きました。和琴半島では雨が降ってきたため自然探勝路を歩くのはやめました。
17日は早朝は晴れていたのに摩周湖に行くと雲が多くなり、戻って川湯エコミュージアムに寄り、岩尾別温泉に移動する途中から雨になりました。
18日は天気が怪しくて羅臼岳を諦め、カムイワッカ湯の滝、知床五湖を歩きました。知床自然センターからのフレペの滝コースに熊が出て閉鎖になったため、森づくりの道を歩きました。ほかにオロンコ岩にも登りました。
19日は一日中雨で激しく降ることもあり、「北のアルプ美術館」や「知床博物館」を見学しました。「北のアルプ美術館」は山好きならぜひ訪れるべきです。
20日は羅臼湖を歩いた後、長女一家と合流して同じ宿に泊まりました。朝のうち雲が多かったのですが午後は晴れました。
21日は長女一家と知床五湖を歩きました。快晴で青空と知床連山が湖面に映えて素晴らしい景色を堪能しました。
22日は野付半島のトドワラ遊歩道を歩いた後、中標津の「道立 ゆめの森公園」で孫と遊んでから長女一家と別れました。
23日は摩周湖第一展望台からカムイヌプリ(摩周岳)を往復しました。早朝は雲が多くて山頂はガスの中でしたが、頂上に着く頃に回復して快晴になりました。
24日は早朝は曇りでしたが、斜里岳登山口の清岳荘に着くと下は雲海、上は快晴でした。沢登りのような旧道コースを抜けると紅葉した斜面が広がり、頂上からの展望も良くて楽しめました。
25日は小清水原生花園、網走の天都山展望台とオホーツク流氷館を見て、能取湖のアッケシソウ(サンゴソウ)群生地を見た後、サロマ湖展望台、ワッカ原生花園に行きました。妻が礼文島で知り合い、昨年大雪高原温泉沼めぐりコースで再会した知人が帯広から会いに来てくれました。
26日は予報に反して晴れたので佐呂間町と北見市の境にある仁頃山に登りました。登山口に着く頃には雲が多くなってしまい周辺の山は雲に隠れていました。
27日は道の駅「おんねゆ温泉」に寄って「北の大地の水族館」や「北きつね牧場」を見学しました。その後、養老牛温泉に向っていると天候が悪化して運転が大変なほどの雷雨に見舞われました。
28日は北根室ランチウェイ(KIRAWAY)の拠点となっている佐伯農場を訪れました。佐伯農場のことは北海道旅行に発つ前にNHKの番組で見ていたのに思い出さず、「荒川版画美術館」やレストランに惹かれて偶然訪れ、農場主の佐伯さんにもお世話になりました。KIRAWAYは養老牛温泉付近と佐伯牧場付近を少し歩いてみましたが、気持ちの良い道でもっと歩いてみたくなりました。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

当分、山には行けません

脊柱管狭窄症という病気に罹りました。
老化現象ということみたいです。
ゴールデンウイーク中に症状が出て、病院でMRIにより診断がつきました
当初は夜も眠れないくらいに痛み、歩くのが辛かったのですが、現在はかなり回復して部屋の中ではほぼ普通に歩けます。
けれどまだ10分程度歩くのも自信がありません。
体をまっすぐ伸ばした態勢が悪く(反り返るのはもっと悪いようです)、座っていれば全然問題ありません。
なので自転車に乗って外出することはできます。
もちろん車の運転もできると思います。
ゆっくり少しずつ回復はしていますが、ハイキングができるまで回復するのは相当先のように思います。
あるいはそこまで回復するかどうか・・。
自転車には気持ち良く乗れているので、このブログもサイクリングに変わるかも・・です。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【滋賀・京都】滋賀・京都10日間の旅(概要)

11月24日~12月3日まで妻と二人で滋賀県大津京のマンスリーマンションに滞在し、滋賀・京都の紅葉観光と山歩きを楽しみました。
京都の寺社は人の波に揉まれるほどで、山も賑わっていましたが、滋賀の寺社は人も少なく、山道は人に会うこともまれでした。

11月24日:東京から京都へ、マンション契約後、大津京へ、生活準備。
11月25日:雨模様なので近くの観光として、まずは大津絵美術館があるという円満院へ(要拝観料)、庭園の紅葉も綺麗で大津絵も興味深く観賞しました。
次に隣の広大な三井寺へ(要拝観料)、観音堂に続く道の両側の紅葉が特に綺麗でした。近くの食堂で昼食後、大津絵の店にも立ち寄り、三井寺駅から京阪電車に乗って近江神宮へ行きました。紅葉は少ないのですが、時計館宝物館(要拝観料)は興味深いものがありました。
11月26日:この日も朝のうち雨模様で東福寺の通天橋、方丈庭園、龍吟庵(各要拝観料)を拝観、紅葉は素晴らしいが人出がもの凄いです。昼食後、予定してなかったのですが伏見稲荷方面に歩いたため、伏見稲荷にちょっとお参りする事にしました。ところが、どこまでも続く鳥居に引かれて深みにはまり、一の峰(稲荷山233m山頂)まで登ってしまいました。鳥居の数と、そこかしこに祀られた無数の小さな祠には圧倒されました。「外国人に人気の日本の観光スポット」調査で1位を得たのも頷けます。
11月27日:一日好天で坂本駅からケーブルを利用し比叡山延暦寺へ(要全地区共通拝観券)東塔地区、西塔地区を拝観し、途中、横高山に登り、延暦寺横川地区拝観、その後坂本に下る道は道標が少なく、一部踏み跡の無い所も歩いて西教寺に下り、ライトアップも見て暗い中、坂本駅に戻る途中に旧竹林院のライトアップも拝観(無料)しました。この日についてはあらためて報告します。
11月28日:雲が多い日でしたが雨は降りませんでした。蹴上駅から南禅寺へ、境内の紅葉は見事です。有料の山門に登りました。境内の外になるようですが、琵琶湖疏水の水路閣や最勝院も見てから、永観堂に向かいました。永観堂は拝観込みで千円ですが、さすがに素晴らしい紅葉でした。その後、哲学の道を大豊神社まで歩いてから真如堂に向かいました。真如堂の紅葉も素晴らしく、境内の紅葉を見るだけなら無料です。
11月29日:朝のうち雨で、三橋節子美術館(有料)をゆっくり観賞した後、三井寺方面に向かい、琵琶湖疏水の横を歩いて三井寺駅から京阪電車で坂本駅へ。人気のお蕎麦屋で昼食後、滋賀院拝観(有料)、日吉大社東照宮から日吉大社へ。日吉大社では結婚式が執り行われていました。ここも紅葉が多いのですが盛りが過ぎて来てました。坂本駅に戻ると石山寺駅へ向かいます。京阪電車の終点から終点になります。石山寺は昼間の入場は終了しており、ライトアップを待って入場します。(有料)この日は本堂で狂言の上演があり、楽しめました。
11月30日:一日好天で蹴上駅から五山送り火で有名な大文字山に登り、銀閣寺横に下り、哲学の道を歩いて蹴上駅に戻りました。この日についてもあらためて報告します。
12月1日:午前中は雨が強く降り、午後になって一時的に止んだので琵琶湖畔の「柳が崎湖畔公園」に出かけました。湖畔のびわ湖大津館(旧琵琶湖ホテル)は会議室として使われており、レストラン、ショップもあり、旧貴賓室が展示室になっていました。展望も良く、設計者は歌舞伎座の建物を設計した人でとても趣のある建物なので、取り壊されず保存されたのは良かったと思います。湖畔をしばらく歩きました。
12月2日:好天でしたが急に冷え込みました。古典落語の題材にもなっている京都嵯峨野に近い愛宕山に登りましたが、山頂は零下5℃とのことでした。この日についてもあらためて報告します。
12月3日:好天でやはり冷え込みました。大津駅の南、「逢坂の関」の南にある音羽山に登りました。会う人も少ない静かな山でした。その日のうちに東京に戻りました。この日についてもあらためて報告します。

 

山域別山行一覧

形態別山行一覧

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【北海道】10日間の北海道旅行と登山の概要

              大雪山系黒岳から北鎮岳、凌雲岳の展望

9月19日~29日まで妻と二人で10日間の北海道旅行と登山を楽しみました。
成田空港~新千歳空港はLCCを利用、新千歳空港でレンタカーを借りました。
下調べ不足で宿も前日に予約しながら足の向くまま移動して行きました。
20日は時々小雨、16日に初冠雪があった旭岳頂上付近は強風で積雪があり、7合目で撤退、雪の無い裾合平コースを歩きました。
21日は一番の好天で黒岳から北海岳へスノーハイクを楽しみました。
22日の大雪高原温泉沼めぐりではちょうど盛りの紅葉が楽しめました。
23日の北大雪・武華山は地元の人に人気で穏やかな山でした。
24日は然別湖畔にある好展望の白雲山に登りました。
25日は一日雨で歩かず、車による移動だけでした。
26日は雌阿寒岳に登って活発な火山活動を見たばかりで、翌日、御嶽山噴火のニュースは衝撃でした。
27日は釧路湿原のいくつかの展望台を訪れました。
28日は釧路湿原の細岡大観望に寄ったあと夕張に移動しました。
はじめの21日、22日に雪上歩きなどで妻の膝に疲れが溜まり、後半は歩行時間の短いコースばかりでしたが、19日、25日、29日を除きすべて歩きました。

9月19日:成田空港~新千歳空港~旭岳温泉
9月20日:旭岳温泉滞在(旭岳7合目までと裾合平)
9月21日:旭岳温泉~層雲峡(黒岳から北海岳往復)
9月22日:層雲峡滞在(大雪高原温泉沼めぐり)
9月23日:層雲峡~糠平温泉(武華山)
9月24日:糠平温泉滞在(白雲山)
9月25日:糠平温泉~阿寒湖
9月26日:阿寒湖滞在(雌阿寒岳)
9月27日:阿寒湖~釧路湿原塘路(湿原展望台)
9月28日:釧路湿原塘路~夕張(湿原展望台)
9月29日:夕張~新千歳空港~成田空港

 

山域別山行一覧

形態別山行一覧

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【ネパール】ランタン地域トレッキング(リンク)

【日 程】2014年4月11日(金)~5月5日(月)
【山 域】ランタン谷及びゴサインクンド
【山 名】キャンジン・リ
【メンバ】本人、妻
【コース】カトマンズ(4/11~4/13)→シャブルベシ(4/14)→リムチェ(4/15)→ランタン(4/16)→ゴダタベラ(4/17)→ランタン(4/18)→キャンジン・ゴンパ(4/19)→キャンジン・リ登頂周回(4/20)→ランシサ・カルカ往復(4/21)→リムチェ(4/22)→トゥロー・シャブル(4/23)→シン・ゴンパ(4/24)→ゴサインクンド(4/25)→ゴサインクンド周辺(4/26)→ゴプテ(4/27)→クトゥムサン(4/28)→チソパニ(4/29)→カトマンズ(4/30~5/3)

リンク
【ネパール】ランタン地域トレッキング(1)
【ネパール】ランタン地域トレッキング(2)
【ネパール】ランタン地域トレッキング(3)
【ネパール】ランタン地域トレッキング(4)
【ネパール】ランタン地域トレッキング(5)
【ネパール】ランタン地域トレッキング(6)
【ネパール】ランタン地域トレッキング(7)
【ネパール】ランタン地域トレッキング(8)
【ネパール】ランタン地域トレッキング(9)
【ネパール】ランタン地域トレッキング(10)
【ネパール】ランタン地域トレッキング(11)
【ネパール】ランタン地域トレッキング(12)最終

 

山域別山行一覧

形態別山行一覧

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【ネパール】ランタン地域に行きます

明後日4月11日朝、ネパールへ出発します。
帰国は5月5日の予定です。
ランタン谷とゴサインクンドの両コースを歩きます。
期間中も可能であればブログを更新したいと考えています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

インド旅行アップしました

この連休は初孫が来たので家に釘付けでした。
そのかわり2月22日から3月13日までのインド旅行をまとめる時間がようやくとれました。
2月23日から3月11日の日付に遡って一日ごとにアップしています。
3月12日にはインド旅行の地図と全体行程(リンク付き)を載せています。
このインド旅行は当初は南インドの海沿いを巡る予定でしたが、結果的には内陸部が中心の旅となりました。
やっぱり山沿いに惹かれてしまう私たちでした。

インド旅行地図と行程

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

インドから帰国しました

昨日、インドから帰国しました。
強風の影響で成田への着陸が二度もやり直されるというドキドキする経験をさせられましたが、旅行中は体調を崩すこともなく、元気に過ごしました。
山歩きをする予定は無かったのですが、歩く距離はわずかでも一応ピークと言えるものが有ったので、そのうち報告させていただきます。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

インド旅行

本日2月22日夕刻からインド旅行に行きます。
南インド中心に回る予定で、山歩きはしません。
帰国は3月13日の予定です。
その間、本ブログは更新されませんのでお知らせします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )