たぬのぼてぼて日記

たぬの趣味や日常等の話題を発信します。地元の何気ない風景の写真が多い、かな?

歩き旅の本

2017-06-09 | 雑記帳
インドア派で運動が大嫌いな私・たぬ。
だけど、若かりし頃は盛岡からマウンテンバイクに乗って帰省してみよう思ったことがありました。
バイクで北海道をツーリングしたいと思ったこともありました。
いずれも企画倒れで終わりましたが・・・。

そんなインドア派の私の愛読書が、外人さんが日本を徒歩で旅した時のことを綴った本です。
ニュージーランド人のクレイグ・マクラクラン氏の日本縦断、四国巡礼等々。
この本は擦りきれ、ぼろぼろになっても読んでいる大好きな本です。
そんな中、偶然見つけたのが、アラン・ブース氏の本です。

同じ外国の方でも、二人の日本に対する見方・感じ方にはかなりの差があり(当たり前ですが)、いろいろと考えさせられます。
どちらかというと、クレイグ氏の本の方が読んでいて楽しいなあ、と思いながら今日も読み返しています。

それにしても、佐多岬から宗谷岬まで歩いて旅をするというのはすごいことです。
日本人でもチャレンジしている人がいるので、そういう方々の本があったら是非読んでみたいものです。
まあ、私には地元の海沿いのトレッキングコースを歩くのが関の山ですが・・・。


クレイグ氏の本。


アラン・ブース氏の本。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が街の表玄関 | トップ | 雨の中、海辺をトレッキング... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記帳」カテゴリの最新記事