ジムソン

今日も1日、楽しんでいきましょう

続 日本郵政からアカンやつ届いた

2017年07月29日 19時22分35秒 | 雑談

先日お伝えした日本郵政から届いた折り曲げ厳禁を見事に折り曲げたコレ↓

 

コレについて、コレを届けてきやがった郵便局の第一集配営業部 部長が訪ねてきた。(2017年7月28日16時)

 

これまでの人生の中、上の画像のように、こちらが100%悪くない場合で謝罪をしてきた人は数回、会ったことがあり、

その中には誠意が感じられない人はいた

が、今回来たこの部長。これまで会ってきた人の中で誠意のなさがグンを抜いていた。もう圧倒的。

 

誠意のなさオリンピックというものがあって、これを陸上選手で例えるなら、
これまで出会ってきた誠意のない人が、中学生
郵便局の部長が、ボルトだは。
誠意のなさが差が圧倒的。
 
また、食べたいわけではないが手土産なし。これも初めての経験。
100%相手が悪いことやってて、客に非が全くないときに、手ぶら訪問も初めて。

ウソだろ。マジか~

こっちも食いたいとか、もらいたいわけじゃないけど、100%自分達が悪いときに手ぶら訪問ってあり得るの?

しかも部長よ、部長。

なんなん?この部長。

もう、この時点で帰れって思ったは。

誠意の欠片もない。こんなんが部長で、人の上に立ってんの?

こんなんが部長だから、今回の件が起きる。

誠意がない=客を大切に思わない=より良いサービスを提供しようと思わない=改善意欲がない=改善しない=努力しない=客の意見は聞かないだと思うよ。


で、僕も行き過ぎた部分はあるかも知れないけど、

今回商品を持ってきた配達員、団地に設置してあるポストへ入れようとしたけど入らなくて、自宅を訪ねたと言っていたんだけど、もし、コレ、ポストに入っていたら、それでバイバイじゃんね。

もし、商品にダメージがあった場合、配達側が折り曲げたのか、こっちが折り曲げたのかわからんくなり「配達側の時点で曲がっていた」ということを証明することが極めて困難になる。

弁償を請求するのが極めて困難。客が泣き寝入りするしかない事態も十分あり得る。

客は再度商品を買い、倍額払う事態になる可能性が十分あった。

そのため、僕も行き過ぎた部分はあるかも知れないけど、謝礼はもらっても問題ないレベルだと考えた。

そして、郵政の方も、謝礼を払うことで、規律が正したり、改善に向かうから、そういう点でも謝礼をもらう意味はあると思った。

 

で、この部長に、

自分「こういうことに対して謝礼はないわけ。受け取っても問題ないと思うけど」
部長「ありません。」
自分「そっちが完全に悪くても?」
部長「ありません。」
自分「こっちがなんといっても、ないものはないの?」
部長「ありません。」「当社では、このような対応で謝礼を払うとか一切ありません。」
 
上記、多少、言葉の間違いはあるかも知れないけど、このような部長の「ありません」という一言会話が淡々と続き、腹が立ちました。
 
会社の方針、しきたりで謝礼は一切できないルール、渡してはいけないルールがあるのかも知れないけど、
「お客様のお気持ちはごもっともだとは思います。」「我々も痛感しております。」「我々もお客様の気持ちはお察ししますが、当社の方針上、心苦しいですが、謝礼は払えないため、なにとぞご理解いただき、ご了承下さい」とか、
 
こうした言葉が一切なかったんだけど、この部長、マジでなんなん?
ありません。ありません。ありません。と淡々に。クソ腹立つ。
他人事のように。
本当に、この部長からは誠意の言葉が一言もなく腹立ったは。


マジで何?

こんな感じの誠意が全くない人が部長なんかやってっから、こういう折り曲げを平気で送ってくるんだろ。

届けにきた配達員も配達員だけど、第一にこの部長だはこんなの。

なんで、仕分けの時点でこうしたモノを配達してはいけない方へ振り分けん?

そういう指示や、指導してねーんだろ、この部長。

もしくは、「あ、それぐらいは送っちゃって」という指示を出してるんだろうな。

 

こんなの、よく、部長になれたな。また、部長という役職を続けられてるな。

 

本社に、この謝罪っぽい対応について、長文で苦情をぶつけてやったけど、俺が本部の幹部なら部長の座から降ろすは。

 

そもそも、こんな折り曲げた商品を客の元へ届けるとか、創業したての会社だってやらんだろ。

何年、年十年の働いて、改善に改善を重ねた結果がコレかよ。ふざけんなって。

小学生以下じゃん。

小学生だって、この商品をみたら「これ、配達していいの?」ってなるだろ。

これを配達していい方へ振り分けて、配達してくるシステムを容認してる小学生以下の部長なんて、部長の座から引きずり下ろすは。

 

ホント、マジでなんなの?

いやー、マジで断トツ。

誠意が全くないオリンピックの覇者だは。

 

自分の親が自慢できる親で良かった。

こんなんだったら、恥ずかしすぎる。顔を上げて外を歩けん。

迷惑を受けた人の視線が心に突き刺さるは。

 

おい、親父、自分のところが100%悪いんだもんで、手ぶらはいささかやめろよって怒ってんだろうな。

いくら、会社の方針かなんだか知らんけど、会社だってここまで止めーせんだろ。

普通、部長クラスの人間が、100%会社側が悪いときに手ぶらでくる?

100歩譲って、会社から止められていたとしても、自分の財布から実費で安くてもいいから茶菓子ぐらい持って来ん?

 

こっちも50%、企業も50%のときにでも、やっぱり客商売やってたら上下関係は客の方が上。

こうした場合でも、茶菓子ぐらい持って、「この度は誠に申し訳ございません。」と来るぞ。

「弊社と致しましても、この度は至らぬ点が多く見られました。〇〇様のお言葉を参考に、今後このようなことが内容、改善して参りたいと存じます」ぐらいは言うだろ。

 

今まで、ちょっとクセのある人とか会ってきたけど、さすがにこれぐらいは言ったよ。

内心はどう思ってるかは知らんけど、表向きでもこうした言葉を言って、歩み寄りは見せたよ。

 

ホント、今回の部長は何なん?誠意もなけらば、こうした言葉が一切なかったし、歩み寄りも見せんかった。

 

マジで何しにきたの?

 

来てくれんほうが良かったんだけど。逆に腹立ったじゃん。

顔を合わして喋っていない、本社のサービスセンターからのメールのほうが誠意を感じたんだけど。

マジでここで終わりのほうが良かった。

なんなの、メールのほうが誠意を感じるって。

顔を合わしての喋りよりも、顔を合わせずの文字表示のほうが誠意があるって。これなんなの?

 

この部長には、なんの誠意も感じられなかった。つまりは、改善するイメージが全然受けなかった。

表向き、最初はやるか知らんけど、時間の問題だなっと思った。時が経ったら、また今回のようなことは発生する。そう感じた。

上記にも書いたけど、

誠意がない=客を大切に思わない=より良いサービスを提供しようと思わない=改善意欲がない=改善しない=努力しない=客の意見は聞かないだと思う。

 

あぁ、そうそう、この部長曰く、

自分「今後こういうことがあっても謝礼はもらえないの?」

部長「ありません。」

自分「じゃあ、今後絶対このようなことはしないようにしてもらえるの?」

部長「人の手でやるものなので完ぺきにはできません。」

 

少し書いてることに間違いがあるかも知れないけど、こんなことも言ってたなぁ。

こういう淡々とした言いっぷりがマジで腹立った。

「弊社のほうでも教育、指導の方を強化していく所存ではありますが、どうしても人の手で行っておりますゆえ、注意は払いますが100%大丈夫ということは出来ない場合もあります。」

「お客様のおっしゃることは重々承知しており、こちらも心痛いところもありますが・・・」

的な言葉遣いが出来ねーのか部長たるものがさ。

ホント、俺が上司でそういう力を持っている立場だったら、部長から引きずり下ろすは。

 

コレ、謝罪に自宅訪問した者の対応ちゃうだろ、絶対。

 

どうだか知らんけど、会社の方針、ルールで、謝礼は渡してはいけないということになっていたら、それはそれで従うのはしょうがないにしても、言葉遣いっというものがあるだろ。

 

この部長、マジで何しに自宅訪問しにきた?ケンカ売りにきたんかな?

 

ホント、誠意のなさがこれまで会ってきた人の中で断トツだったな。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本郵政からアカンやつ届いた | トップ | モッピーをやろう! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む