タンティーヌ ♪ リカちゃんと手作りの日記

毎日のようにリカちゃんで遊んでいた懐かしい思い出。
いつまでも色あせることなく、今はお洋服作りに夢中です!

藤本染工芸、7月の催事ご案内

2017-06-28 17:00:13 | 和服と下駄

いよいよ今週末から7月に突入しますね。



7月は、昨年秋からお世話になっている
藤本染工芸さんの夏の催事が続きます






7/6(木)〜12日(水)
船橋東武百貨店 5F 呉服にて展示会




続きまして…




7/19(水)〜25(火)
日本橋三越本店 「江戸の夏」催事





藤本先生の手染めの
お着物、帯、人気の日傘、小物等に混じって


藤本先生とWarkさん、
そしてタンティーヌのコラボ、


リカちゃんサイズの
ミニ下駄ストラップ
も並びます


本格的な百貨店の呉服売り場、
そして日本橋三越本店の催事会場に
置かせて頂く日が来るなんて、


なんだか…


ちょっと信じられないような
夢を見ているような
そんな気持ちです。


特に外国の方や、外国の方へのお土産に
人気らしいです








男性用ストラップも追加でお作りしました



藤本染工芸ならではの
日本古来の伝統の手染めの技術は
知れば知るほど奥が深く、
ため息とともに感動が湧きあがります。


リカちゃんサイズの小さな下駄ではありますが…


手仕事とは思えない大変繊細な染めの技術、
何百年も
それを受け継いで来た大勢の職人の息づかい、
そして今なお、
同じ技法で日々工房で作業されている
藤本先生の生き様…。


この小さな下駄ストラップの鼻緒には
一言では語りつくせない長い歴史と
他人には見せない藤本先生の日々の努力と
豊かな感性と経験が
美しい色柄となって表現されています。




(つい先日の藤本先生。藤本染工芸にて。)



Warkさんのレーザーカッターという
最新の技術で切ってもらった板と
日本最古の染め物が
リカちゃんの下駄という舞台で
出会いました




(Warkさんで下駄の台と歯を切ってもらった板)



健康長寿、夫婦円満、そして旅の安全を
ミニ下駄を通してお祈りしています



藤本染工芸のHPはこちらです


藤本先生の動画
Tokyo teshigotoより


優しい語り口調の藤本先生に出会えます


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏色風と黒塗りの下駄 | トップ | ミニ下駄ストラップのWSの嬉... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

和服と下駄」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL