よむよま

よむ・よまない、それから。

ザキヤマ不要論・おじゃMAP

2017-07-12 22:08:45 | 慎吾
7月5日の2本立ておじゃMAPの1本は香港ディズニーランド。
午前1時55分発の深夜便で香港へ、到着は早朝5時半。
慎吾くんと森星(ひかり)とヒロミの3人。ザキヤマはいません。
目的地はディズニーランドだけど、まだ早いので、地元の人が行くようなお店で朝食。
ビータンと牛肉入りの中華粥と、慎吾くんがめざとく見つけた「焼きそば!」
日本のソース味のよりあっさりしてるらしい。
「3人で楽しいね」と言う星ちゃん、
「静かでいいね、ザキヤマいらない」と言い出すヒロミさん。

開園時間までオールド・タウンという街並みをお散歩。
壁にアートな絵がバーッと描かれていたりする、いい背景で、3人でたくさん写真を撮りました。

開園時間の10時、ディズニーランドの入り口で突如いるザキヤマと一緒に4人です。
「おまえ誰?」とか「いなくて静かでよかったのに」などと言われながらスタート。
まずはグッズ、みんなでおリボンつきのお耳のカチューシャなんかつける中、
ザキヤマはキャップ(角が生えてる)かぶらされて、おまえはそれでいいからと言われて、
「これじゃただの野球好きのオジサンだよ!」

ジェットコースターというか、往復するタイプの「地味にこわいヤツ」byヒロミ
まずそれに乗ってキャーキャー言って、降りるなり星ちゃんが「もう一回乗ろう!」
慎吾くんだけでなく星ちゃんも好きなのね。
で、出口からすぐ入口に直行してもう一回。

これよりも、あとで乗ったビッグ・グリズリーなんとかっていうのがすごかったみたいね。
ビッグ・サンダー・マウンテンのバージョンアップしたのなんだって。
出発してだんだん上がって行って、ここがピークか?ここから向こう側に落ちる?落ちる?
と思わせておいてそこからビャーッと後ろへ逆走したの!
慎吾くんの「後ろーーーっ!」という叫び声を残して。
ジェットコースターって後ろ向きに走るの、感覚的に怖いんだよね、見えないということもあるんだろうけど。
そして元のプラットホームに到着して、これで終わりと思ったとたんにもう一度走り出したの、
猛スピードで!
みんなギャーギャー大騒ぎ!
降りてから、これはすごい、いままで一番だ、この裏切られ方はすごいと言い合ってた。

(乗ってみたいなぁ、ジェットコースターは大好きでした)

一日楽しく遊んで、夜は夜景が見事な九龍のビルの屋上のお店でお酒です。
もうこれで締めましょうと言って(このあとスタッフもみんなで打ち上げだって、Youtubeの動画で言ってたね)、
最後は慎吾くんが、
「今日はいっぱい写真撮りました、このサプライズのためです!」と紹介して、
大きなモニターに映し出されたのは、朝から撮っていた写真を編集したもの。
おじゃMAPのテーマ曲がつけられ、披露宴のサプライズみたい。
途中でザキヤマが気づいた、
「朝の写真が多いな」
朝、まだ自分がいない間の楽しそうな3人の写真が多いゾ。
しかもラストシーンは、アートな壁の前で撮った、やっぱり「3人」の写真で終わった。
「ちょっと!ここがラストってどういうこと!4ショットちょうだいよ!4ショット!」
ぎゃいのぎゃいの言うザキヤマに、
「3人で世界を回ろう!」と盛り上がる3人。
「そういうのに変わるの?番組!?」と騒ぐザキヤマを、イスごと向こうへ押しやって、
「売れっ子で忙しくて、最近来ないじゃない」と慎吾くんが文句言うと、
「そっちが稼働しすぎなんだよッ!おじゃまっぷにスケジュールあけすぎなの!」と言ったのよ、ザキヤマが。
だって、いまヒマなんだもん!ねえ、慎吾くん。


追記:もう1本の結婚式編の演出をした井熊さんというディレクターが6月30日に亡くなったのだそうだ。
ラスト、会場の皆さんと久しぶりにやった「おじゃまっぷ!」のとき、5,4,3,2と秒読みの声が入ってた、
その声は井熊さんなんだって。スタッフが最後に声を入れて編集したんだね。合掌。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 星野源さんとふたりきり「AERA」 | トップ | 「やすらぎの郷」第14週 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

慎吾」カテゴリの最新記事