よむよま

よむ・よまない、それから。

「嘘の戦争」最終回

2017-03-15 20:51:10 | 見る
「嘘の戦争」第10回(最終回)
だましだまされでしたね。

二科に謝罪させ、絶望する姿が見たい、それで復讐は終わるんだ。
浩一はそのために楓も使い、ハルカも使い、
自分を裏切った百田もカズキも使い、思い詰めてる晃も使い、
強敵の殺し屋・六車まで使った。

園長(大杉連)が持っている30年前の証拠が弱いことを知って、
嘘をつけばいいんだと二人で相談するところが、おかしいと言えばおかしいの。
園長に対するつよぽんが優しい表情をしてるので、
悪い相談してる感じじゃなくて。

園長を縛り上げて六車が待ち構えているところへ、そーっと入ってきたのがてっきり浩一だと思ったら、
警察が踏み込んできて、しかも、
「一ノ瀬の仲間だな!」と六車を逮捕しちゃった!
そう思わせたのか!

楓(山本美月)に、お父さんに謝罪するよう説得してくれと頼みに行くシーンは、
浩一が大人の男でカッコよかった。
これで二度と会わないと、切ない別れで終わるのかと思ったら、
ハルカにバトンタッチして、もう一幕の準備があったの。

海辺の別荘を用意して、二科と隆を連れてきて、そこで謝罪させ、それをネット中継する。
それが浩一の計画。
その部屋には何台もパソコンが置かれていて、
1台には、離れた小屋に縛られた楓が閉じ込められている映像が映る。
二科が謝罪しなければ、小屋に仕掛けた爆弾のボタンを押すと脅す浩一。
二科は渋々応じて、30年前の事件のもみ消しについては語ったが、
肝心の殺人は、自分の指示ではない、全部部下が勝手にやったことだと言い放った。

ここの市村さんとつよぽんが凄かった。

爆弾のボタンを握り、脅しつけると、二科は初めて浩一に「自分が悪かった!」と土下座した。
しかし、浩一はそれを聞いても「もう遅い」とボタンを押した!
小屋が炎に包まれ燃え上がる映像!

ええーっ!いやいや、きっとこれはトリックだ、浩一が楓を殺すわけがない、
自分を本当に愛してくれた楓を。(と、ウロウロ思う私)

絶叫して崩れ落ちる二科。
それを見下ろす浩一。
「それがオレが30年前に味わった地獄だ!大切な人を目の前で奪われ、手も足も出ない!」

二科を置いて別荘を出ていく浩一を隆(藤木直人)が追う。
すると浩一が言うの、「楓は生きてる」
(ホラねホラね、やっぱりトリックでしょ)
浩一は、二科に絶望を味あわせることが目的だったのね。

ここはわかったんだけど、次の場面で、
パトカーが駆けつけてきて、警官たちに崖の上に追い詰められた浩一が、
晃(安田顕)にナイフで刺されたのは、ほんとに刺されたんだと思っちゃった。
ヤスケンさんがさすがの迫力だったし。
浩一は、自分が悪いんだと思い詰めてる晃を逆に使ったの。
オレを刺せって。
体に雑誌巻いて血糊使って。
崖の下には、ボートに乗った百田が助けに来てるという段取り。
でも、これは隆は見抜いてたね、隆も詐欺師の手口に詳しくなったね。

浩一は復讐から解放されて、再び自由な詐欺師に?
またタイの夜の街に戻っていった。

シリアスなストーリーのままじゃなくて、ラストはニヤリとする感じになってた。
つよぽんが「実はツッコミどころ満載なのよ」と言うとおりの脚本ではあったけど、
それでも、毎週ずっとハラハラドキドキおもしろかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「A LIFE 愛しき人」第9回 | トップ | 「カルテット」第9話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む