よむよま

よむ・よまない、それから。

「A LIFE 愛しき人」第8回

2017-03-06 22:04:39 | 見る
「A LIFE 愛しき人」第8回

お父さん(田中泯)倒れた!

井川先生(松山ケンイチ)カワイイ!

羽村先生(及川光博)かわいそう。

さすがの沖田先生も、身内の手術は異常事態なのか。
お父さんのオペを羽村先生にしてもらう予定が、
「自分でします」と宣言してしまい、お父さんもそれで満足そうだったけど、
オペ中にミスが出る。
血管を切ってしまったらしい。
ハッとした沖田先生は一瞬、呆然としてしまったの。
なんとか気を取り直して縫合し、間に合って、うまくいったけど。
沖田先生自身も、そして深冬のオペを任せた壮大も、不安になってしまった。

深冬がオペに備えて入院してきたが、
お父さんの院長は沖田先生に、10年前シアトルに行くように勧めたのは、
「壮大が親友として言い出したことだ」とわざわざ言いに来た。
なんで院長、それをオペの前の、いまのタイミングで言ったの?どういう意図が?
沖田先生、それを聞いてからようすがおかしいよ。
壮大が?俺を追い出して深冬を手に入れるためか?と思ったよね、思ったでしょ、普通思うよね。

そして、壮大は、沖田先生の手腕に不安を感じ、
「俺が切る」と言い出した。
「深冬は俺の患者だ」
「深冬は俺の家族だ」
言い合う二人。
その時、深冬の容態が急変!
病室へ駆けつけていく二人。

うぉーい!どうなるんだぁ!というところで終わった。

入院する前に、娘のために、深冬たち家族3人で水族館に遊びに行ったシーンが切なかった。
3人で記念撮影してもらおうと、深冬がさっと壮大の手を握る、
その握られた手に壮大の思いが突然湧き上がるの。
複雑な感情の浅野さんがいいよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相棒でバスツアー・スマステ | トップ | 「直虎」第9回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

見る」カテゴリの最新記事