よむよま

よむ・よまない、それから。

「精霊の守り人」第2シリーズ3話

2017-02-13 21:26:42 | 見る
「精霊の守り人」第2シリーズ3話

少女アスラ(鈴木梨央)の信じる「タル民族の神」は良い力なのか悪い力なのか。
いまのロタ王国としては、危険な魔力ととらえて排除しようとしている。
王権に雇われている呪術師(柄本明)はそれに協力していて、
娘(真木よう子)も同調してるんだとばっかり思ってたけど、
違ったようだ。
娘はアスラの持っている力を利用して、南と北に分かれているロタ王国を一つにしようとしてる?
それで彼女を守ろうとするバルサから奪おうとして襲ってきたのか。

サンガル王国の要請に応えて出動していった新ヨゴ国の皇太子チャグムとその船の一軍は、
サンガルの海軍(だと思うけど、どう見ても海賊だった)に囚われてしまった。
その知らせが届いても、みかど(藤原竜也)は「捨て置け」と命じるの。
自分が動かなければ向こうが動く、その時が狙い目だって。
みかどは「皇太子が討ち死にしたと聞けば、国民は奮い立って戦うだろう」と、
そうなることを待ってるらしい。
やっぱりはじめからそういうつもりだったのね。
精霊の守り人だった息子がうとましいの。
藤原くんが地の底に沈みこんだような風情です。

綾瀬さんはカッコいいね。
敵が近づいてきたのを察知して、何も見えない白い霧の中へ出ていく後ろ姿が用心棒だったわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おじゃMAP・冬の北海道 | トップ | 「A LIFE 愛しき人」第5回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

見る」カテゴリの最新記事