よむよま

よむ・よまない、それから。

タガメ捜査一課長!?

2017-08-13 20:56:44 | 見る
香川照之の昆虫すごいぜ!(Eテレ 8月12日)
今回が3回目ですか、カマキリ先生。
前回、タガメが激減している、タガメに会いたい、
「おまえを挙げてやる!」と捜査一課長宣言したら、全国からタガメ目撃情報が寄せられたそうで、
一番多かった栃木県に出動となったロケ。
ロケバスの中からすでにカマキリ扮装なのね。

タガメって昆虫なのだな。水生の昆虫で、カメじゃないんだ。
カメムシの親戚?(カメムシといえば、堺雅人さん)
頭の上に出てる針を獲物に突き刺してチューチュー「中身を溶かして吸う」!

栃木県某所、田んぼの中の野原の中の水たまりにいそうだというので、
ロケバスを降りてそこを目指す。
「普通に歩けば5分です」と言うスタッフ、
しかし、草むらにチラチラ動くものがあると立ち止まるカマキリ先生。
チョウチョだ!すばやく網をくるりんぱ!
またチョウチョだ!またチョウチョだ!あっ、カエルが草に止まってる!
いちいち立ち止まり、5分の道のりを20分かかり、
今日も長いロケになりそうだと思うスタッフ。

水たまりに到着。
水たまりといってもけっこうな大きさ深さがあって、しかもいくつも連なってる。
一つ目の水たまりで早速見つけたのが、
「タイコウチだ!タイコウチ!タイコウチ!」
タガメの親戚らしい。見たとこそっくりのようだが、ちゃんと見分けがつくのだな、先生は。
これは期待が持てると、二つ目の水たまりに進んだところ、
ぷかーとゆらめくのは「カエルの死体だ!」
ぐえ。
カエルはタガメの好むエサ、例の「針を突き刺してチューチュー」された結果か。
「これはいるね!」
つまり死体発見、なので、犯人を探せ!と。
そのあたりをじっくり探って、見つけた!
「いた!いました!」
やった!タガメだ!しかし、
「ほら!見て!見て!見て!見て!」と興奮して見てる間に、
「どっか行っちゃった!」
え?

その後必死で捜索すること2時間。
「腰が痛い」とうめくカマキリ先生、51歳。
それでもあきらめず、スタッフも総動員して再び捜索。
「いた!」
今度こそ、つかまえた!
「来た!来ました!腰が痛い」
7センチもある大物。
「疲労で声が出ない」と言いながらも、もう1匹ほしいとまた捜索に向かう。
すると、見つけたのはなんと、まさにカエルをつかまえて「チューチュー」してる最中。
つまり現行犯逮捕!
観察したのち、2匹のタガメはふたたび水たまりに返し、ロケ終了。

4時間も中腰でやってたの、
「疲れ果てまして、腰がパンパンです」
お弁当も食べてないとスタッフの声。
ご苦労様です。
でも、次の昆虫の依頼を募集してました。
まだ続くのか!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マリインスキーバレエ「ラ・... | トップ | 「直虎」第32回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

見る」カテゴリの最新記事