つぶつぶタンタン 臼村さおりの物語

エネルギー調整、大地の声、水の流れ、読書、ネコ、占い☆ 他、私的な記録。

フランス語、ドイツ語、中国語など語学やりたくなってきた

2017-07-12 22:43:58 | 時代の流れ
今日も相変わらずの暑さでしたね。昼間に何をしていたか思い出そうとして、暑い、暑い、あついよー、と思っていたと思い出す日が増えてまいりました。できるだけ自身の行動を控えめ(省エネ)にしてまいりたいものです。省エネといえば、思い出すのは電力。最近省エネとかつてほどは言われなくなりましたが、6年前は計画停電がありました。

フランスでは10日、ユロ・エコロジー相が、2025年までに原子炉最大17基を廃止する可能性があるとの認識を示したとのことです。
仏、2025年までに原子炉最大17基の廃止も=エコロジー相(ロイター)

そして11日、国際オリンピック委員会(IOC)は、スイスで臨時総会を開き、2024年夏季五輪に立候補しているパリ(フランス)、ロサンゼルス(米)の2都市から、28年五輪の開催地も同時に選ぶ案を承認したとのことです。
オリンピック開催地を2大会同時決定へ パリとロサンゼルスが有力か(ハフィントンポスト)

財政負担が大きいためオリンピック開催を希望する都市が減っているからとのことです。偶然かもしれませんが、こういうタイミングみるとフランスって本当かっこいい国だなあとおもってしまいます。カードの切り方が上手い。政治的な動きとしてやった、腹黒いといえばそれまでですが、政治的な動きだってさすがだとおもう。
そしてうん、そして、この報道をみて、フランスにオリンピック開催させてあげたいなとあたしはおもいました。ひょっとしたらオリンピック委員会も同じことおもうかもしれない。さらには、オリンピック招致じゃなくってそれよりも経済を!!と叫びたいフランス国民だって、こういう動きを見せられるとオリンピック応援しようかなというモードになるかもしれません。
ぜんぜん違うかもしれないけれど、そういうようにあたしは解釈したのでした。

ニュースをみていると、ドイツやフランスはプライドがあるというか美学があるというか、素敵でため息が出ることがよくあります。もちろんそうじゃない部分もあるでしょうし、しかも別いい悪いを決めるのはあたしの役割ではないわけです。動きがうまい、というか考えているだろうなあと感じられる。・・・単にあたしの考えに近いだけかもしれませんね。
だから最近、もっと理解するために、大学時代に勉強していたフランス語とドイツ語をまた勉強したいなあとおもうのです。とここまで書いて、ぜんぜんわからないから中国語を勉強したいなと1週間くらい前に思ったことを思い出しました。語学は2つも、3つもたぶんそれほど労力変わらないですから、まとめたはじめようかしらん。

そんなことをおもいました。

ちなみに、あたしは広島で開催されている国際平和会議に単身出かけてえらそうに発言し、若い彼女にせっかくだから体験してほしということでファシリ役に抜擢されたりしている高校生でした。そしてそれがとてもよい思い出になっている。だからたぶん根っこにあるのは脱原発なのでしょうね。


と、この原稿を投稿しようとしたところ、隣の席の方が号泣しだしました。はっとさせられました。実はいま地元の某カフェでこの原稿を書いておりました。店員さんが親切に対応し、その方はお礼を言われて出てきました。人に寄り添う気持ちを忘れないようにしようとあらためて思い出させていただきました。あまりエネルギーや占いのこと発信できてなくてごめんなさい。
気にかけ、応援している。ふとした瞬間にみなさんのこと思い出している。

やりたいことが多すぎる。そして恵まれている。いつもどうもありがとうございます。
『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月11日(火)のつぶやき | トップ | 7月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る