夢見るタンポポおばさん

富士山麓の風景、花の写真。エッセイ。

小手毬 コデマリ こでまり

2017-04-20 22:11:39 | 日記・エッセイ・コラム

                 小手毬 コデマリ こでまり

町中の家のシンボルツリー小手毬が満開になりました。

町中の家のシンボルツリーの小手毬

華道で活けた数本の小手毬の枝を挿し木で増やして来ました!

奥でお花を切っているのがケビンです。

小手毬は低木の植木です。が我が家の小手毬は二階に迄届く程背高ノッポ。

しかも毎年驚く程沢山の美しい花を咲かせます!!

花が咲いたら満開にならない内に、未だ惜しいなと思う位の時に思い切って、花の咲いた枝を切ります。

(勿論花好きの方やお世話になっている方々、ご近所、友人知人等に届けたり、「綺麗ですね…」と声を掛けて下さった見ず知らずの方などに差し上げています!)

伸びる新しい枝は大切に保存して、花の咲いた枝は少しずつ日にちをずらして、徐々に切って行きます。その年花の咲いた枝は全部切ります。

枝の色が変色した古い枝もノコギリで根元から剪定して、風通しを良くします。

そしてお花にありがとうと言って、『お礼肥』を施します。

そうすると、来年も徐々に花が咲いて長い間花を楽しむことが出来ます!!

 

道路側から撮影。

塀の内側を撮影。

根元には薄桃色の小さなハーブの花 。小さな花が固まって手鞠状の花を咲かせます。

塀の内側から外を見た所です。

この時季この小さな庭には、同時に数十種類の花が咲いているのですが、

小さな花が沢山集まって咲くコデマリの迫力には圧倒されます。

妖艶な色が魅力の苧環も憧れのスターを見るように小手毬を見上げています!

これでももうかなりの花をみんなに届けた後なんですよ…

小手毬 のある庭の景色 いかがでしたか?

此方でも、『こでまりの家』と呼ばれているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心のメタボとABC | トップ | アゼリア  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。