食べられる野草が病を予防改善する。

毎日の水分補給に飲むことで免疫力を高め自然治癒力を強化しながら、体質改善と病気の予防を目的に食用の野草を栽培しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「加齢黄班変性」を野草タンポポが予防します。

2016-11-07 08:01:12 | 加齢黄班性

07:「加齢黄班変性」を食べられる野草タンポポの成分ルティン成分が予防に作用します。

・加齢黄班変性・ルティン・アンチエイジング

<食べられる野草“たんぽぽ”はココが凄い!!

日本たんぽぽ農園栽培「野菜たんぽぽ」

成分:ステロール類のスチグマステロール、シトステロール、トリテルペンのタラキサステロール、タラキソール、β-アミリン、その他、コリン、イヌリンなどが含まれています。葉や花にはルテインやビタミン類、アルニジオールが含有されています

:ルティン(Lutein):ルティンと目の健康
・加齢黄斑変性(AMD)は、年齢とともに物が歪んで見え、最後には失明の可能性がある恐ろしい眼疾患です。
・欧米では失明原因の上位にランクされ、日本でも近年急増しています。また、白内障などの眼病は長期にわたって進行するため、予防が重要になります。
・60~70歳代で加齢黄斑変性(AMD)と診断されるまでに20年以上も病気を患っていた可能性があります。

:ルティン(Lutein)ゼアキサンチンは、健康な黄班と網膜のための大切な要因である黄班色素濃度を高める働きがあります。
・そのため、ルティン(Lutein)とゼアキサンチンが含まれる果物や野菜を多量に食べると白内障の発症率が非常に低くなることが分かっています。
・また、黄班色素濃度は眼球水晶体の透明度に関係しています。
・ルティン(Lutein)とゼアキサンチンは、網膜に存在する主な抗酸化物質であるとの研究結果が出ています。

:ルティン(Lutein):ルティン肌の健康
・ルティンは、肌の細胞を構成する成分の一つです。例えば、コラ-ゲンなどが年齢を重ねる毎に肌から失われていくことは広く知られていますが、ルティンも酸化や光ダメ-ジから肌を守作用により消費されていきます。
・もともと肌に備わっていて消費されてしまったルティンを再び補給することで肌の細胞を「リホ-ム」し、肌本来の状態や機能を整えていきます。

:ルティン(Lutein)の摂取が皮膚の健康維持に重要な水分量の増加を促し、脂質量のバランスを整え、弾力性を高め、光ダメ-ジから肌を守るという研究結果が発表されています。

:ルティンと青色光
・ルテインは紫外線による光ダメージにより生成される活性酸素から細胞を守るだけでなく、青色光を吸収することで、これらの有害な光に対して細胞を守る作用を発揮します。
・ルティン(Lutein)の摂取・塗布により肌の水分量、脂質量、弾力性、光防護活性が増加する。

:ルティンと女性の健康
・眼や肌に加え、乳房や子宮頚部もルテイン(Lutein)が蓄積している体組 織です。
・乳癌を患っている/いない女性について行われた研究によれば、ルテイン(Lutein)や他のカロテノイドが乳癌の発症リスクに対して防御的な作用をもたらすのではないかという結果が示唆されています。

ルテイン(Lutein)及びゼアキサンチンは癌細胞に対して抗増殖物質として働く、つまり癌性の状態によって引き起こされる細胞の急激な増殖を抑制する可能性があるのではないかという事も示唆されています。
・研究者は、ルテイン(Lutein)とゼアキサンチンが母乳およびへその緒の血漿における存在も確認しており、これらのカロテノイドが母親から新生児に運搬されている可能性を示唆しています。

:ルテイン(Lutein)研究と乳ガン
・ヒト乳腺上皮細胞の正常株、SV-40形質転換株、MCF-7腫瘍株において、全トランス型レチノイン酸とルテイン(Lutein)がアポトーシスに与える影響を試験管内で研究しました。その結果、ルテイン(Lutein)およびレチノイン酸は正常細胞をそのままに、MCF-7腫瘍細胞を減らすことがわかりました。
・また、ルテイン(Lutein)は形質転換細胞および腫瘍細胞の治療薬への反応を高める作用があることもわかり、ルテイン(Lutein)が乳腺上皮腫瘍細胞に対して抗腫瘍作用を持つ可能性が示されています。

:ルティンとその他の健康
・ルテイン(Lutein)は抗酸化作用があるため、摂取すると眼や心臓、肌、また乳房や子宮頸部の健康を維持できると研究は示しています。
・また、これらの知見をさらに掘り下げるため、多くの大学・研究機関でルテイン(Lutein)の研究が行われています。

:ルティン(Lutein)と肺機能
・食事中に最も豊富に存在するカロテノイドのうちでルテイン(Lutein)/ゼアキサンチンが肺機能と最も強く関連していました。
・肺機能に及ぼすルテイン(Lutein)/ゼアキサンチンの作用を観測した結果には臨床的意義がありました。
・1日1.8mgのルテイン(Lutein)/ゼアキサンチンのレベル低下は、努力呼気肺活量(FEV)と努力肺活量(FVC)にそれぞれ約1~2年の加齢変化に匹敵します。
・ルテイン(Lutein)/ゼアキサンチンといったβ-カロテン以外のカロテノイドは、呼吸の健康に重要な役割を果しているようです。

◆自家栽培無農薬栽培タンポポから、加工、販売まで真心込めて健康をお届けします◆
・日本たんぽぽ農園は毎日の水分補給代わりに飲むことで免疫力を高め自然治癒力を強化しながら、体質改善と病気の予防、代替療法を目的に食用の山野草を有機栽培してミネラル豊富な健康茶を作っています。

*健康たんぽぽの抹茶
(自家栽培、野菜たんぽぽの葉っぱ100%)


原料
1.野菜たんぽぽの葉っぱ
2.ステビア

栽培から加工、販売まで真心込めて健康をお届けします」

新開発製品「椰子の甘露精」モニタ-募集 

世界で初めて腸を元気に鍛える食品

・詳細は日本たんぽぽ農園(http://tanpopofarm.info/)からお問い合わせください。


お試し「健康茶」発売中★送料無料http://tanpopofarm.info/

ジャンル:
健康食品・飲料
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「お肌美人」を野草タンポポ... | トップ | 「お肌美人」を、野草タンポ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

加齢黄班性」カテゴリの最新記事