京のたんぽぽ日記

海外旅行や日本旅行を中心に、京都の美味しいお店や家族の記録も。
穏やかで自分を活かせる日々にしたい。

ミュージカル キャッツ

2017-07-21 11:35:00 | 美術館・観劇・映画・スポーツ

7月15日~17日、静岡の熱海と焼津に行ってきました。
建築問題があるので今年は予定が立たず、
連休の数週間前にやっぱり行こう~と急きょ計画。

旅館を取るのもなかなか大変でしたが、
でも、久しぶりに温泉に浸かってゆっくりできました。

熱海では熱海の祇園祭の日に重なっていて、
賑やかなお祭りも見てきましたよ。

ただ、帰りの新名神で甲賀の大雨に出くわしてしまって。。
バケツをひっくり返したような雨の中の高速道路、

横に乗っている私も力が入ってはらはらどきどきでしたが
運転している主人はもっと大変だったと思います。
家に帰って、ご飯を食べてお風呂に入った主人はバタンキュー

私は、その後、洗濯と荷物の片づけとお土産の整理。。
でも、あの雨の中運転したのでは、くたくただろうしね。
お疲れさまでした。


 さて、ブログは6月に行ったミュージカルキャッツ。

 Prinz プリンツの続きです。

6月4日(日)

ハービスエント

劇団四季のキャッツのチケットを友人から譲ってもらい、
主人と大阪の四季劇場まで出かけてきました。 

阪急電車で梅田まで。
その後は、どこをどう歩いたのか、
方向音痴の私にはさっぱり分からず。。

でも、とにかく主人と共に無事に大阪四季劇場のある
ハービスエントという商業施設に着きました。

ハービスエントの7階に大阪四季劇場はあるみたいですね。

なんだかお洒落なビルですね。
ファッショングッズのお店やレストラン、
ゴディバもありましたよ~。

まずは、ハービエント地下2Fで 軽くお昼を食べようと
インフォメーションで聞いてみたら、
アンティコカフェ アルアビスを教えてくれました。

アンティコカフェ アルアビス

イタリアンカフェのアンティコカフェ アルアビス。

なんだか、ゆっくりできそうな雰囲気のお店です。

 海老のパニーニとドリンクでランチです。

 大阪四季劇場キャッツ

お腹も満たされて、いよいよキャッツの劇場へ
向かいました。

 シースルーのエレベーターで7階に到着。

本日のキャストですよ。

でも、ここから先は、残念ながら写真は撮れません。

ミュージカルが始まる前の会場内の写真もだめで、
知らずに撮っている人がいたら係りの人がさっと来て注意してました。
なかなか厳しいんですね~。

キャッツ

キャッツは、日本で32年間も続いているミュージカルで
大阪公演は13年ぶり4回目だそうです。

私達はミュージカルを見るのはほんと久しぶり。
前回は、レミゼラブルを見たのですが、
これは、なんとチケットが当たったんですよ~。

2013年 ミュージカルレミゼラブル

キャッツは名前は知っていたものの、
内容はまったく知らなかった私。

ちょっと簡単に説明すると、

舞台は、街の片隅のゴミ捨て場。
夜の闇の中に満月が青白く輝いています。

そこには、たくさんのジェリクルキャッツたちが、
年に一度の
ジェリクル舞踏会に参加するため集まっています。

ジェリクルキャッツとは、人間に飼い馴らされることを拒否し、
逆境でもくじけない強さを持ち、
自らの人生を謳歌する行動力を持つ猫の事。

ジェリクル舞踏会で、長老猫が、
最も純粋なジェリクルキャッツを
選ぶのです。

ジェリクルキャッツ達が、歌い踊り、時にはコミカルな
パフォーマンスをし、自分をアピールしていくのですが、

そんな中、娼婦ネコのグリザベラは、皆の中に入れず
深い悲しみを心に「メモリー」を歌います。

さて、長老猫が選んだ最も純粋なジェリクルキャッツとは
誰なのでしょうか・・

というようなシンプルなストーリのミュージカル。


ストーリーの面白さというより、
キャッツ達の歌やダンスやパーフォーマンスがすごい。。

舞台上のキャッツが、本物の猫に見えてしまったり、
劇場のあちこちから突然キャッツが登場したり、
観ている真横の通路でダンスしているキャッツが
握手をしてくれたり、

劇場全体が舞台になって、観客も一緒に舞踏会に
参加している感じでした。

メモリーの歌も、何回か歌われ、歌う猫によって
その歌い方に差があるのを感じる事が出来面白かったです。
そして、やっぱり、グリザベラのメモリーは最高~と思ってしまいます。

休憩時間には、観客が自由に舞台の上に登ることができたんですよ~。
スポットライトを浴びてキャストたちが見る観客席の景色を
私達も見る事ができるのです。 これは素適な体験。
ま、観客はトイレ休憩中で、ほとんどが空席でしたけどね。
でも、ますます舞台と観客とが近づいた感じで
いい企画だな~って感心しました。

 
 やがて舞台も終わり、余韻に浸りながら、観客は劇場を去っていきます。

キャストの方の歌のうまさとダンスの素晴らしさ、
生き生きときらきらと輝いてキャッツを演じるその姿に、
私達二人とも感動。

今度生まれ変わったら、ミュージカルやりたいかも。。
それもええな~。。なんて、
心が一瞬、ミュージカルの世界にはまり切ってしまいました。

京都のアンティコ

夕飯を大阪で食べて帰るつもりだったのですが
食べてから帰ると遅くなってしまうので、

お気に入りの家の近くのアンティコで食べる事にしました。

お昼は、ハービエンとのアンティコカフェ 。
夜は、京都のアンティコですね。

久しぶりに赤ワインなんかも飲んで
ミュージカルの話で盛り上がり、なんだか楽しいお食事でした。

 

建築問題で、ちょっとしんどかった日々の中、
ちょっとゆっくり、心もほんわかしたかな~。

お土産に買ってきた飴、猫の足の裏になっているのが
なんとも可愛いですよね。

 

 

いつもご訪問ありがとうございます。

しばらくヨーロッパのお話から離れるので
ヨーロッパのカテゴリーを変更しました

新カテゴリーは、日々の出来事です。

また、フランスのアルザス地方やルクセンブルグ
ドイツケルンの旅行記になったら戻るつもりです。

カテゴリーは変わりましたが、応援クリックを
押して頂けたら嬉しいです。 

初めましての方がおられましたら
どうかこれからも
よろしくお願いします。

こちらです。   

 

ありがとうございます。

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Prinz プリンツ | トップ | 東山七条 フォーシーズン  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キャッツ (sato)
2017-07-22 10:39:34
なんと同じ日にキャッツを見に行っていました。念願かなって初めてみて感激しました。休憩時間には舞台にも あがって心躍り、キャッツウオークをしているつもりになってきました。同じ日の同じ時間とは、なんと奇遇かと、思わずコメントしてしまいました。
satoさんへ (たんぽぽ)
2017-07-23 17:01:25
こんにちは。
satoさん、同じ日に劇団四季劇場に行ってられたんですか~。

同じ舞台を見ていたなんて、ほんと奇遇ですね。
そんな事ってあるんですね。びっくりやわ~。。(^-^)

キャッツ、楽しかったですよね。舞台にも上がってわくわくしましたよね。(*^^)v

ミュージカル、もっともっと見たいな~って思ってしまいました。


コメントを投稿

美術館・観劇・映画・スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。