京のたんぽぽ日記

海外旅行や日本旅行を中心に、京都の美味しいお店や家族の記録も。
穏やかで自分を活かせる日々にしたい。

母の手伝い

2017-07-31 12:08:00 | 家族

母の災難

この所、母の事で毎日慌ただしくしています。

母が自分で耳を掻いた時に傷がついたらしく、
そこからばい菌が入り顔の半分が
赤く腫れてしまったのです。

びっくりして耳鼻科に連れて行きましたが、
これは、抗生剤を飲んでなんとか4~5日で治りました。
でも、その後続けて2回も家の中で転んでしまい、
反対の顔を打つやら腰を打つやら。。

おかげさまで骨折という大惨事にはならなかったものの
顔や手足の青あざはなかなか消えません。
本当に足腰が弱ってしまったんだな。。って
なんかショックでした。

手すりは元々たくさんにつけているのですが
もっとつけないとと、業者の方や介護保険センターに
連絡し頼みました。

これからは、介護保険で訪問リハビリを頼んだり、
色々な病院の診察も訪問に変えていかないとね。。
と母に話したら、

母は、このままの部屋では訪問してもらえないと。

母の部屋の片づけ

確かに。。

戦中戦後の物のない時代を経験した年代の人は、
物をとても大事にして、ほかすことができないといいますが
母も全くその通りで、なかなか物がほかせず、
リビングもキッチンも寝室も納戸も。。部屋が物で溢れていました。

私が今まで何度も何度も、物をほかして部屋の片づけを
しようと言っても、

これはほかせない、あれもだめ、これはまだ使える。。
と言われて、ほとんどほかせず、その度諦めていたのです。

でも、今回は、自分でもほかさないとと少し思ったみたいで
母を手伝って、母の部屋の片づけをしていました。

茶色くなって染みの付いた山の様な紙袋ビニール袋、
誰が使うの。。という程のタッパー類は黄ばんでいます。
昔々のシーツや古い毛布、
箪笥の上の埃をかぶった古いトランク。。

要らないものはほかして、
思い出の物や記念の物などは残して。

まだまだ置いておきたい物もいっぱいの様ですが
それでも、母としてはせいいっぱい頑張って
ほかす決断をしていました。

納戸の片づけ

そして、昨日は、主人も弟も手伝ってくれて
納戸の物を思い切ってほかして片づけました。

納戸の物を引っ張り出して、
母に要るか要らないかの確認をして、
どんどんほかしていきます。

納戸には、もちろんクーラーもなく暑い暑い。。
私も主人も弟も、みんな汗だくでフラフラ。
熱中症にならないように、ゴクゴクお水を飲みながらの作業です。

でも、物で溢れていてほとんど空間のなかった納戸が
すっきりと片付き、この納戸こんなに広かったかしら。。
と思う程になりましたよ。

でたゴミは、ワゴン車一台分。

これで、部屋に残っている色々な物を
納戸に片づける事もできます。

これからもまだまだ。。

一人分なのになぜと思う程の大型冷蔵庫を
背の届くものに買い替えたり、
食器棚も、ボタン一つで棚が降りてくるものに
母は買い替えたいみたいで、
それも探しに連れて行かないといけないし。。


片づけだって、食器類、食品類、洗面所、お風呂場、。。と
まだまだ残っているし、

私も仕事もあるし、家事もあるしで、
毎日毎日ずっと手伝えるわけではありません。
手伝える日には、早く片付く様にと頑張りますけどね。

母にしても、この真夏に頑張って片づけるなんて無理で
本当にぼちぼちとなので、
これからも、母の部屋の片づけの日々は、まだまだ続きそう。

とりあえず今は、早くすっきりと綺麗に安全な部屋にしようと
日々奮闘中なのです。

ただ。。

母の服に関しては一切手をだしていないんですよ。
部屋がすっきりしたら、綺麗になった部屋で
ゆっくりと服は自分で片づけていくでしょうから。。

なんといっても、服の大好きな母ですからね。

 

さて、次は、6月の楽しかった出来事、
次男とまーちゃん、れーちゃんとのお出かけです。

 

いつもご訪問ありがとうございます。

なかなか更新できないブログですが、
応援クリックを
押して頂けたら嬉しいです。 

よろしくお願いします。

こちらです。   

 

ありがとうございました。

『家族』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東山七条 フォーシーズン  | トップ | オービィ大阪・次男とまーち... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (るる)
2017-07-31 13:59:45
毎日暑いですね。いゃになっちゃいます
クーラーの中は幸せ😃

お母さま 大丈夫でしょうか。。
心配ですね。
たんぽぽさんがそばに、おられるので
心強いと思いますよ。
色々考える事が多くなりたんぽぽさん
お疲れがでませんように。

断捨離ですね~~暑い時期は大変ですね。
思った時にやらないと、なかなか進まないですもんね。
我が家も、三年前くらいから、ぼちぼち
断捨離しています。
収納出来るところが いっぱいあるのも、
悩みの種です。100年近く前の物まで。。
着物は、おしゃれなカバンに変身させるつもりです。
来月は、タンスも捨てます。
ぼちぼち頑張りましょう😃

小梅さん、お顔のアレルギー大丈夫でしょうか?
私は、春先にかゆくなる時がありますが、
その時だけ 敏感肌の化粧水を使ったり
顔を冷やしたりしています。
早く治るといいですね。
祇園祭最終日に行ってきましたよ。
動いている鉾を、初めてみました。
暑かったけど、感激しましたよ。
お昼は、通り道のお店で、、京都らしいもの
全くたべずです。
秋アクアリウム展へ行くので、その時に
美味しいもの食べたいと思います☺
Unknown (アリス)
2017-08-03 08:52:10
おはようございます。本当に家の片づけは大変ですよね。

私も主人の空き家になっている実家の片づけは
まだほとんど手付かずです。
たんぽぽさんは、本当に仕事もあるのに、頑張って
お手伝いして、すごいです。
でも、お母さまの状況から、ヘルパーさんなども
必要になってきますものね。

話が変わりますが、「ほかす」って関西の言葉
ですよね。捨てるという意味の。
香川では使いませんが、母が京都出身だったので、
使っていました。
私は、香川から福島に結婚した時に行ったので、
「パーマをあてる」とか「髪の毛をくくる」と言うと
通じませんでした。
「パーマはかける」だしもちろんアイロンもかける。
髪の毛はしばる又は結ぶでした。くくるだと首をくくるみたい。と
言われ、香川にもどった今も、パーマかけてくるね。
髪の毛結ぶ?と言ってしまいます。
るるさんへ (たんぽぽ)
2017-08-04 10:11:03
ありがとうございます、るるさん。

そうですね~、まだまだプチ断捨離ですけど、
母にしてみれば、思い切ってかもしれません。

るるさんの所には100年近く前の物まで残っているんですね。
そうなるとほかしたらもったいない価値のある物も
含まれているでしょうし、
ますます、片付けは大変ですね。

着物から作ったカバン、素敵でしょうね。楽しみですね。

祇園祭も見に行かれたんですね。
暑い路上で汗をかきかき見るけれど、
テレビとはまた違う躍動感臨場感、感動ですよね。

アリスさんへ (たんぽぽ)
2017-08-04 10:20:18
やろう~!と覚悟を決めないと片づけってできませんよね。
もうすぐお盆で、我が家の片づけもしないといけないし
母の片づけの手伝いもあるし。。で
考えるとしんどくなるので、できる事をぼちぼちやります。

私のいない時などヘルパーさんに来て頂くと
母も私も助かるのですが、母はよその人に助けてもらうのはいやなようで、なかなか難しいですね。
でも、これからは、そういう時も来るのだろうと思います。

「ほかす」って標準語だと思ってました。びっくり。
「パーマをあてる」とか「髪の毛をくくる」も普通に標準語だと・・
「パーマをかける」「髪の毛をしばる・結ぶ」も分かるけど、しっくりくるのは、前者の方です。(^-^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。