映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

「64」 横山秀夫

2013年02月01日 | 本(ミステリ)
明日のためにではなく、今日のために今日を使い切る

64(ロクヨン)
横山 秀夫
文藝春秋


            * * * * * * * * *

組織内で押しつぶされそうな個人・・・、でもその中で生きる道が開けていく感動作
D県警の広報が記者クラブと加害者の匿名問題で対立する中、
警察庁長官による、時効の迫った重要未解決事件「64(ロクヨン)」視察が1週間後に決定した。
たった7日間しかない昭和64年に起きたD県警史上最悪の「翔子ちゃん誘拐殺人事件」。
長官慰問を拒む遺族。
当時の捜査員など64関係者に敷かれたかん口令。
刑事部と警務部の鉄のカーテン。
謎のメモ。
長官視察の日に一体何が起きるのか? 
組織対個人。
驚愕の長編ミステリー。 


            * * * * * * * * *

本作主人公三上はD県警の広報官。
しかし、以前は刑事として勤務しており、
警察の仕事の本筋は当然事件の捜査にあたる刑事の仕事と思っているのです。
しかし刑事部は広報を含む警務部と微妙な対立関係にあり、
その軋轢が、本作の実に重苦しい背景となっているのです。
そんな中で悪戦苦闘する三上を、
若干救われない気持ちで読み進んでいくのですが、
新たな誘拐事件が発生するあたりから、息をもつげない展開となっていき、
止められなくなっていきます。
そしてその新たな誘拐事件の驚愕の真相!
それは確かに犯罪には違いないのですが、どうしようもなく私たちの心を震わせます。
まさに名作。


警察にかぎらず、組織内部の軋轢といいますか、
それぞれの立場の人々の思惑の食い違いからくる相容れない部分。
そういう物は確かにありますよね。
その中で三上はよくこんな中で頑張っているな・・・
と感心したくなるくらいに奮闘しています。
まさに、男は家から一歩外に出ると7人の敵がいるという、それですね。
また、三上は刑事部と警務部、
自分がどちらの立ち位置にいるのかわからなくなり悩みます。
紆余曲折の後、気づくのは
「自分は無国籍ではない、職責がある」ということ。
感情にもみくちゃにされながらも、頭から広報官の意識が消えたことはなかった、と思います。


こういうことを解決するのは、結局人と人との本音の部分での心の交流、
そしてその組織とおのれの本来のミッションを
確認し共有することに尽きるのだな・・・と思いました。
まずは被害者に寄り添うこと。
・・・それを忘れてはいけないのだけれど、
いつしか自分や組織の保身のほうが大事になってしまっている
・・・というのもありがちなことです。
そして感情に振り回されず、おのれの職務を果たす。
「明日のためにではなく、今日のために今日を使い切る。」
組織の中での自分のあり方というべきでしょうか。
結局はこうしたあり方が、自分を押し上げてくれるのかも知れません。
重厚な中にも、見えてくる救いがあり、
心地良い読後感でした。



さて、本作、始めて電子書籍版で読みました。
Kindle ペーパーホワイトです。
これの良い所は、まず欲しいと思った本はワンクリックで購入できて
すぐ読み始めることができること。
明るさや文字の大きさが変えられるので読みやすい。
近頃小さな文字が辛くなってきているので、これは助かります。
あとでこのように感想をまとめたりするのに、
ここはと思うところにペーパー版の場合、付箋をつけたりするのですが(極力折り目は付けたくない)、
手元に付箋がなくて断念することも多いのです。
でも、これならブックマークしておけば、あとでそのページを呼び出すことができます。
また分からない漢字や単語があれば、
直接そこをタッチすると辞書機能で説明が出てきます。
本書中でも何箇所かさっそく使いましたが、これは便利!
それから、現在読んでいる部分が全体のどの辺になるのか、
表示されるのも、便利です。

この読書の場合、ペーパー版読書と同じく読書灯をつけながら、バックライトを控えめにすると
目の疲れは少ないように思いました。

ということで、なかなか読書としては快適ですが、
実のところ、まだまだ読みたい作家のKindle版は少なくて、
たぶん今後もペーパー版は買っていく事になると思います。
それと、思ったほどお安くはないですね・・・。
印刷・製本や流通の手間を考えたら、もっと安くてもいいような気がしますが・・・。
本来の本が売れなくなってしまうことを懸念して
こういう価格になっているのだとは思いますが・・・。
もう少しお得感が欲しいところです。

「64」横山秀夫 Kindle版 1600円 発売元 文藝春秋
満足度★★★★★

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニーチェの馬 | トップ | ボローニャの夕暮れ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう読まれたのですね (パール)
2013-02-01 20:06:56
図書館に予約していますが、まだまだ先のようです。

2月になりましたが、寒さは続きますね。
今年は、寒さだけでなく、降雪量も多いようですので、北海道の方は大変な思いをなさっているのではないでしょうか。
札幌市内では、積もった雪、あるいは除雪車が運んできた雪はどうされていらっしゃいますか。

暦の上では、もうすぐ春。冬の訪れが早かったので、春が待ち遠しいです。春よ来い。
冬まっただ中 (たんぽぽ)
2013-02-01 20:29:18
>パールさま
私は2月がとても苦手なのです。12月1月と由記と寒さに耐えてきたのに、まだ2月!! 由記が消え去るまでまだ2ヶ月もある・・・と思うと気が遠くなります。
でもまあ、たしかに日差しは明るく、日も長くなって来ました。札幌はまもなく雪祭りです。
今年は札幌も雪が多くて、皆イヤになっています・・・。我が家の玄関前はちょこっとロードヒーティングなのでいいのですが、除雪車がどっさり雪の塊を置いていくのでやっぱり除雪は必要。この冬は体重増加を気にしている夫が運動のためせっせと労働しております。
近所に除雪で溜まった雪山は、除雪パートナーシップ制度と言って町内会で集めたお金で、業者に排雪してもらったりもします。
うちのご先祖様はなんで好き好んでこんなところに移り住んできたのだろう・・・と、恨めしく思ったり。
でも、春(と言うよりは初夏ですかね)になって一斉に咲き始める花々などの醍醐味は大好きで、やっぱりここに住み続けたいと思ってしまいます。
マンションなら除雪の必要がないので、年をとるとマンションに住み替える方も多いですよ。
・・すみません。ついいろいろ語ってしまいました。
雪というと、色々鬱憤がたまっていたようです。
立春 (パール)
2013-02-04 19:53:13
ありがとうございます。除雪の雪は、いったん近所に溜めて、業者に持っていってもらうのですね。札幌市内には流雪溝がないのではと思っていたので、お聞きしていまいました。
私も雪国に生まれ育ちました。お休みの日は雪下ろし。朝起きたら、除雪車が通ったら、家に帰ったら、そして寝る前に…雪かき…でした。
いくらやっても、次に活かすことができない、報われるということのない作業で、前向きな気持を持つことができませんでした。
ハリウッド映画では、雪の多い場所でも、「吹雪が止むまでおうちの中にいましょうね」なんて家にこもって暖炉でぬくぬくしているシーンばかりだったので、なぜ雪下ろしや雪かきに四苦八苦していないのか、ずっと不思議でした。

除雪だけでなく、車の運転も大変ですから、秋田市や盛岡市でも、子どもたちが独立すると市の中心部のマンションに住み替える方もいるようです。
昨日のテレビ番組で、愛媛県のことを色々紹介していました。食べ物もおいしそうだし、なにより冬でも暖かそう。南の地方で生まれ育ったら、性格も変わっていたかもしれないなと思いました。

今年は初雪が根雪になったような感じでしたから、たんぽぽ様も、体も気持ちもお疲れがピークなのではと思われます。
どうぞお体お大切になさってください。春のお知らせをお待ちしております。

雪まつり (たんぽぽ)
2013-02-05 20:44:11
>パールさま
色々とありがとうございます。
私のコメント非常におバカな変換ミスがあって、恥ずかしいです・・・。
さて、札幌は今日から雪まつり。これもうんざりするだけの雪を逆手に取って、イベントと観光目玉にしようと始まったものでしょうけれど、大きくなりすぎて、今は市民からはちょっと遠いです。でもまあ、これが終わると少しは春も近づいた感じがします。
先日、学生時代の友人にあったら
「あんた、冬が好きだっていってたよ~」
と言われました。
今となっては、うそ~!としか思えないのですが、そういう若いころも私にはあったのだなあ・・・と、しみじみ。
何れにしても、もうひといき。頑張ります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『64』 (観・読・聴・験 備忘録)
皆様、あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 横山秀夫 『64』(文藝春秋)、読了。 さて、年越しで読んだのはヒット中の本作。 古本一家において、珍しく母が新刊...
64(ロクヨン) 横山 秀夫  (花ごよみ)
64(ロクヨン) 昭和64年に起きたある事件、 その事件に関与した人々の心の振幅。 対立する二つの組織、 刑事部と警務部、 警察とマスコミ。 情報公開、家族の問題、 それぞれの場面で、 板挟みになり苦悩する、 元刑事の広報官、 三上がこの小説の主人公。 ページ数6...