映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

戦火の馬

2012年03月06日 | 映画(さ行)
多くの人の手に守られて



                      * * * * * * * * * *

この作品、とても楽しみにしていました。
スピルバーグ監督作品だからというだけではありません。
馬が好きなんです。
競馬はやりませんけれど、馬の走る姿が、とても美しくて・・・。
もともと動物モノの作品も大好きですしね。


さて、舞台は第一次世界大戦前夜から始まります。
イギリスの農家の少年アルバートは、近くの牧場で子馬が生まれるところを目撃しました。
母馬と一緒に野をかけ成長していくその子馬に愛着を感じます。
そしてある日、父が馬の競りで無理やり買ってきたのがその馬。
しかし、サラブレットのその馬は、農耕には向きませんし、
小作でやっと食べている彼の家には、全く分不相応のものでした。
けれど、アルバートはその馬ジョーイと心を通わし、
皆には無理と言われた畑起こしまでやって見せます。
ところがそんな時、戦争が始まります。
アルバートの家はやはり生活が苦しく、ジョーイを軍馬として手放さなければならなくなります。
ジョーイは激戦下のフランスへ送られ、数奇な運命が始まるのです。



ジョーイの持ち主が転々と変わっていくのですが、皆馬を愛しています。
銃撃の下を潜りぬけ、大砲の運搬という厳しい労役に耐え・・・。
それでもジョーイが生き抜いていけたのは、やはり人の手があったから。
誰もが自分のことで精一杯という時代・状況にありながら、
それでも馬を生かし、愛したいという思いに人々は突き動かされる。
すぐに戦争に走るのが人の本質ではあるかもしれないけれど、
こうして他の生き物の命を大切に愛おしむことができるのも人間なんですよね。
イギリス、ドイツ、フランス、それぞれどの国の人達にも等しくそれはある。
言葉のない動物であるからこそ、
かえってどこの人々とも分かり合える感じです。
また、あの黒馬との友情(?)にも泣かされてしまいました。
作りすぎかもしれないけれど・・・。
いやはや、なんていいやつなんだ。ジョーイ!!


考えてみるとこの作品の登場人物たちは、皆戦争が嫌い。
アルバートのお父さんは、かつての戦争で武勲を立て勲章をもらいましたが、
そのことをちっとも自慢だとは思っていません。
むしろ悔やんでいます。
ジョーイを預かった将校にしても、本来乗馬やスケッチが好きな知的紳士。
軍からの脱走を図る兄弟や、
軍に食料を略奪されてしまう老人と孫娘。
アルバート自身、自ら志願して兵役についたのですが、それはジョーイを探すため。
いや、本当にそうなのです。
この映画だけにかかわらず、殆どの人は戦争を望んだりはしない。
それがどうして起こってしまうのか。
ジョーイの奇跡は、多くの無名の人々の戦争への呪詛が産み出したものなのかもしれません。
戦争に馬が使われたのは、この第1次大戦くらいまででしょうか。
2次大戦では、ジープや戦車が使われるようになっていますよね。
馬のためには良かったですね・・・。
人のためには良かったのかどうかわかりませんが。



ジョーイは栗毛。
額に菱形の白い星。
足元が白くて靴下を履いたよう。
美しい馬です。
撮影には決まった1頭ではなく、多くの馬がメイクをして使われたそうです。
それにしても、馬も犬と変わらないくらい、しっかり演技するものですね。
感嘆に値します。


他に、馬の活躍する作品は・・・
 シービスケット(トビー・マグワイア!)
 →オーシャン・オブ・ファイヤー(ヴィゴ・モーテンセン!!)
 →ペイルライダー(クリント・イーストウッド!!!)
どれもいいですよ(^o^)

「戦火の馬」
2012/アメリカ/147分
監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:ジェレミー・アーバイン、エミリー・ワトソン、デビッド・シューリス、ピーター・ミュラン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フォレスト・ガンプ/一期一会 | トップ | 「信長協奏曲 6」 石井あゆみ  »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2012-03-07 14:20:39
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
Unknown (パール)
2012-03-09 20:04:28
たんぽぽ様も馬がお好きなのですね。
私も好きです(馬以外の動物も好きです)。
どこまでが馬達の演技(?)だったのでしょうか。
疾走するサラブレッドの姿が美しかったです。

第1次大戦では、かなりの数の馬が戦争で命を失ったとか。
絵画のような映像の美しさが、戦争の愚かさを強く訴えかけていました。
他にも (たんぽぽ)
2012-03-10 11:28:12
>パールさま
パールさんも、馬がお好きとはうれしい!
私は以前、西部劇などで銃に撃たれて馬が倒れるようなシーン、すごいなあ・・・と、思ったものでした。さすがにこの頃はそのようなシーンも日常茶飯事過ぎて、いちいち感動しなくなっちゃいましたが。
他にも、馬がメインとなる作品、思い出しました。
「すべての美しい馬」マット・デイモン
「モンタナの風に抱かれて」ロバート・レッドフォード
・・・そのうちにまた見てみようかな。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
[映画『戦火の馬』を観た(超短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆第一次大戦を背景に、信頼しあっていた少年と引き裂かれた馬・ジョーイが、多くの人々との巡り合いの中で、戦場を生き抜き、少年と再会するまでの物語。  ・・・と書いてみたら、意外に、この作品は「名犬ラッシー」みたいな人情ロードムービーであることに気づいた^...
戦火の馬 (本と映画、ときどき日常)
監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 ジェレミー・アーバイン     エミリー・ワトソン     デビッド・シューリス 第一次世界大戦下、軍馬として売られていった馬と、そこにまつわる人々とのお話。 いつの間にか140分という時間が終わってました。 ホ....
戦火の馬 /WAR HORSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 戦火の中で生き抜いた馬と少年の交流を描く スピルバーグ監督の最新作で、先日行われたアカデミー賞で作品賞ほかにノミネート。 (ひとつも受賞はならず) ジャパンプレミア試写にて鑑賞。 ジャパンプレ...
戦火の馬 (to Heart)
原題 WAR HORSE 製作年度 2011年 上映時間 146分 原作 マイケル・モーパーゴ 脚本 リー・ホール /リチャード・カーティス 監督 スティーヴン・スピルバーグ 音楽 ジョン・ウィリアムズ 出演 ジェレミー・アーヴァイン/エミリー・ワトソン/デヴィッド・シューリス/ピ....
『戦火の馬』 アメリカは壊れているか? (映画のブログ)
 アメリカはずいぶん変わった。  2011年公開の『ワイルド・スピード MEGA MAX』を観て、私はそう感じた。  私の好きなアメリカ映画は、たとえば『大いなる西部』(1958年)や『大脱走』(1963年)である。 ...
映画「戦火の馬」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「戦火の馬」観に行ってきました。 イギリスのマイケル・モーパーゴ原作の児童小説を、スティーブン・スピルバーグが実写映画化した作品。 物語最初の舞台は、第一次世界大戦前夜のイギリス・デヴォン州。 この地にある牧場?で、一匹のサラブレッドの子馬が生まれ...
「戦火の馬」 お馬さん版「マイウェイ」、ではない (はらやんの映画徒然草)
類いまれな資質をもって生まれたサラブレッド、ジョーイ。 そしてジョーイに愛情を注
戦火の馬 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★☆“終盤の指笛は鳥肌モノです!”マイケル・モーパーゴが1982年に発表した同名小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化した作品です。 テッドは足が悪く、常に酒瓶を離せないでいます。そんな父のことを母のローズはアルバートに“彼はアフリカでの戦争...
スティーブン・スピルバーグ監督 「戦火の馬」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
戦争物と動物物の映画は正直あまり好きではありません。 凄惨な運命を辿り、お涙頂戴って魂胆だろうと思うわけで 最初は観る予定ではありませんでした( ̄^ ̄)b でもね、今日(3月13日)の公休、他に観たいと思えるのがやってない! まぁいいか? スピルバーグ...
戦火の馬 よく出来すぎていて感動するのをうっかり忘れかけた、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ` (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -0-】 今年はどうしたんやろう、我が家、ちっとも試写会が当たらない・・・アダッ(゚...゚;)Θミ。 予告編の段階ではあまり食指が動かず試写会が当たったら見るのになという感じだったけど、評判がいいのでついつい見に行ってみた「戦火の馬」。   第一次大...
馬が繋ぐもの (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「戦火の馬」を鑑賞しました。 翻弄される馬の軸から見る第一次世界大戦 馬 ジョーイがさまざまな人の手に移っていく その各々のエピソードからなる構成で もう クラシック映画のような風格があり 丁寧なしっかりとした作り ストーリーやエピソ...
戦火の馬 (食はすべての源なり。)
戦火の馬 ★★★☆☆(★3つ) 人々を魅了した馬のお話。 見どころは壮大な景色と、ダイナミックなオーケストラ音楽。 話は・・・。 やっぱり、動物ものって苦手ですわ、私。 それだけでお涙ちょうだいじゃん。 人がばかばか死んでいく中で、こんなことありえるか...
戦火の馬 (映画的・絵画的・音楽的)
 『戦火の馬』を吉祥寺オデヲン座で見ました。 (1)この映画は、“おすぎ”が、『週刊文春』の映画欄で、『ヒューゴの不思議な発明』を酷評するのとは反対に、下記(3)で触れるようにすごく高く評価していたところ、実際には『ヒューゴの不思議な発明』が素晴らしい出来栄...
戦火の馬 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
戦火の馬 '11:米 ◆原題:WAR HORSE ◆監督:スティーヴン・スピルバーグ ◆出演: ジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソン、デイヴィッド・シューリス、ピーター・ミュラン、ニエル・アレストラップ、トム・ヒドルストン ◆STORY◆第一次大戦前夜のイギリス...
映画『戦火の馬』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-25.戦火の馬■原題:War Horse■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:147分■字幕:戸田奈津子■観賞日:3月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:スティーヴン・スピルバーグ◆エミリー・ワトソン(ローズ・ナラコット)◆デヴィッド・シュー...