映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

22年目の告白 私が殺人犯です

2017年06月18日 | 映画(な行)
あれよあれよという展開に、ハマる



* * * * * * * * * *

2012年韓国映画「殺人の告白」リメイク。


22年前、同一犯による5名の連続殺人事件が起こりました。
被害者と親しいものに殺人の瞬間を見せつけ、
しかも目撃者は殺さないという残虐な犯行。
担当刑事牧村(伊藤英明)は、自らも傷を負い、
また、犯人の罠にはまり上司を殺されるという過酷な体験をし、
犯人捜査に必死に立ち向かったのですが、
ついに犯人を特定できず、未解決のまま時効の日を迎えました。
しかし時効を迎えて、犯人を名乗る男(藤原竜也)が執筆した
「私が殺人犯です」という本が出版されるのです。





ラスト、思わず「なるほど~」とつぶやいてしまう、
よくできたストーリーでした。
ちょっとラストの怨恨話がドロドロし過ぎていて、
引いてしまいましたが・・・。
こういう感じ、やっぱり韓国映画が元だなあ、と感じさせられました。
でも、犯人の動機とか、犯行を告白した男の動機、
なかなか説得力があります。
犯罪の「時効」についての法改正のリミットなども盛り込まれて、面白い。



実際もしこんなことがあったら、
やっぱりマスコミは犯人をもてはやすかもしれないし、
それについて異を唱える人もいるでしょう。
本当にあんな騒ぎになるでしょうね・・・。



本家「殺人の告白」を見た方は、そちらのほうが良かったとおっしゃるようです。
私は見ていませんが、でもこちらのも十分に楽しめました。
映画中のテレビニュースのアナウンサーが、升アナだったのもうれしかったし、
切れ者のMC、仲村トオルもすごかったですね~(^_^;)



22年前、阪神淡路大震災のこととか、
バックにつんくの歌が流れているところもあって、
その頃の「時代」も感じさせていただきました。


「22年目の告白 私が殺人犯です」
2017年/日本/117分
監督:入江悠
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、仲村トオル
どろどろ度★★★★★
意外性度★★★★☆
満足度★★★.5

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 禁じられた歌声 | トップ | 20センチュリーウーマン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
22年目の告白-私が殺人犯です-  監督/入江 悠 (西京極 紫の館)
【出演】  藤原 竜也  伊藤 英明  仲村 トオル 【ストーリー】 阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、三つのルールに基づく5件の連続殺人事件が起こる。担当刑事......
22年目の告白 (映画的・絵画的・音楽的)
 『22年目の告白―私が殺人犯です―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)TVドラマ『リバース』(注1)に出演していた藤原竜也の主演映画ということで映画館に行ってきました。  ......
22年目の告白-私が殺人犯です-★★★★ (パピとママ映画のblog)
未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。韓国映画『殺人の告白』をベースに、『SR サイタマノラッ......
「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」 (ここなつ映画レビュー)
すごいものを観てしまった…。それは、残虐なシーンの過度な露出や、ただ狂ってるとしか言いようのない「殺人犯」のことだけを言いたいのではなく、…つまり内容もさることながら......