映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

ラ・ラ・ランド

2017年02月27日 | 映画(ら行)
切なさに浸る



* * * * * * * * * *

本作、「アカデミー賞、作品賞受賞おめでと~!」
というタイミングで、本日の投稿としたかったのですが、
残念でした・・・!!
なんですかねえ、アカデミー賞はやっぱり社会性がないとダメなのでしょうか。
エンタテイメントだっていいじゃないか!!と私は思うのですが。
なんだか賞の権威付けみたいな意図を感じていや~な感じ。
あ、もちろんムーンライトも素晴らしい作品なのだろうと思い、
期待もしていますが。


さてさて、この日、私は「ナイスガイズ!」と本作の2本立て。
ライアン・ゴズリングの2連発。
やはり勢いにノッている俳優というのはあるのかもしれません。
アクションでも、ピアノでもダンスでも、ぴたりと決まってしまう。
カッコイイですね。
ちなみに私は「ドライヴ」以来のライアン・ゴズリングファンであります。



ミュージカルにはアレルギー反応を起こす方もいるけれど、
私はキライではありません。
特に本作は、ストーリーから音楽への入り方がとても自然なので、
苦手な方でも馴染みやすいと思います。



まずは冒頭シーン。
渋滞しているロサンゼルスの高速道路。
車を降りた人々の歌とダンスが突然に始まるのですが、
なんとも意表をついてカッコイイ!! 
物語の始まりのワクワク感を煽ります。
さて、その渋滞した道路で、女優志望のミア(エマ・ストーン)と、
売れないジャズピアニスト・セバスチャン(ライアン・ゴズリング)が、最悪の出会いをします。
2度めの出会いは、素敵なピアノの音色に誘われてレストランに足を踏み入れたミアが、
あの感じ悪い男がそのピアノを弾いているのを目にした時。
でもタイミングが悪くて、ミアは言葉をかけそびれてしまいます。
そして3度めの出会い。
そもそもこの広いロスでこんなに何度も偶然に出会うのは、
それだけでもう奇跡ですけれど・・・。
あるパーティで、ミアは
不機嫌に80年代ポップスを演奏しているセブ(セバスチャンの愛称、この呼び方のほうがいい!!)と再会。
ようやくまともに話をした二人。
女優になりたいミアと、ジャズの店を持って自分の好きな演奏をしたいセブ。
それぞれの夢を持つ二人の心が接近していきます。
・・・が、幸福の絶頂の後には、お定まり、心のすれ違いが・・・
ということで、ストーリーはとてもオーソドックスなラブストーリー。



街を見下ろす夕景のダンス。
プラネタリウムの星々の合間に浮かんでのダンス。
ロマンチックで美しい映像が心に染み渡ります。
本作、スマホも出てくるれっきとした現代の物語なのですが、
何故か一時代前のもののようなノスタルジーを感じます。
なぜかと思うに、音楽がロックじゃない!!
基調はジャズなんですね。
作中ではもうジャズは廃れているなどと言われています。
そこを大事に思うセブだから・・・こういう感じ。


このようにあったのかもしれない人生・・・、
ラストシーンはひたすらに切なく、浸りきってしまうのでした。



ピアノを3ヶ月間一心不乱に練習したというライアン・ゴズリング。
ピアノを弾く手元のシーンまでも一切差し替えなしとのことですが、
本当に素晴らしかった。
今度はIMAXシアターの巨大スクリーンでもう一度見に行こうかなあ・・・
などと思っています。



「ラ・ラ・ランド」
2016年/アメリカ/128分
監督:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・マズノ
切ないラブストーリー度★★★★★
満足度★★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 王様のためのホログラム | トップ | 「キップをなくして」 池澤夏樹 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (もののはじめのiina)
2017-03-22 10:07:47
「スター誕生」は、売れっ子が売れない娘を引き立ててスターダムにのし上がるのに反比例して一方は落ち目になるのでしたが、本作は売れない同士の一方が頂点に立つものがたりでした。^^

Unknown (たんぽぽ)
2017-03-23 19:34:08
>iinaさま
一方が頂点に立つというよりも、双方の夢が叶う物語だったように思います。
けれど、失ったものも大きかった・・・ということで。
私はやっぱり本作が気に入って、先日2回めを見ました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ラ・ラ・ランド」 LA LA LAND (2016 GAGA) (事務職員へのこの1冊)
渋滞の高速。一台一台のカーステレオが、いかにもそのドライバーが好きそうな音楽を流している。ひとりの女性が我慢できずにドアを開け、路上で踊り始める。呼応して、まわりの......
ラ・ラ・ランド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) ライアン・ゴズリングだけに 『ラ・ラ・ラースとその彼女』という
ラ・ラ・ランド (風に吹かれて)
もう一つの物語で切なさ倍増 [E:weep] 公式サイト http://gaga.ne.jp/lalaland 監督: デイミアン・チャゼル  「セッション」 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス
「ラ・ラ・ランド」(1回目) (或る日の出来事)
うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。
ラ・ラ・ランド (あーうぃ だにぇっと)
ラ・ラ・ランド@よみうりホール
ラ・ラ・ランド (Akira's VOICE)
夢を追いかける姿は美しい。 歩いた道はけっして無駄ではない!  
ラ・ラ・ランド ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイ......
ラ・ラ・ランド (もののはじめblog)
キ・キ・キリン(樹木希林)ではなく 「ラ・ラ・ランド」。 このタイトルには 「現実離れした世界、おとぎの国」 という意味合いが込められているという。 今年度アカデミー......
「ラ・ラ・ランド」 (ここなつ映画レビュー)
素晴らしかった!そして愛おしかった。映画の快楽の彼方に連れて行ってくれる作品。抱きしめたくなる、というのはこのような作品のことを指すのだろう。とはいえ、鑑賞前の私はか......