映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

海の上のピアニスト

2011年09月27日 | 映画(あ行)
こんなにどこまでも続いているピアノの鍵盤を、私は弾くことができない

            * * * * * * * *

ヨーロッパとアメリカを結ぶ豪華客船ヴァージニアン号。
この作品は、その船上で生涯を送った天才ピアニストのストーリーです。


映画の冒頭、船上で誰かが自由の女神の象をみつけ、
「アメリカだ!!」と叫ぶシーンがあります。
アメリカ、新天地へは、誰もが夢と希望とあこがれを持ってやってくる。
自由の女神を見て思わずわき上がる歓声、皆の輝く瞳。
今も昔も、自由の女神像はそうしたアメリカの象徴なのでしょう。
そんな感慨を、私もいつか実物で感じてみたいものです。


さて、常に旅の船上にあり、幾度も自由の女神を眺めたに違いないけれど、
そんな希望やあこがれから最も遠いのが、
このピアノ弾きのナインティーンハンドレッドです。
彼は赤ん坊の頃、この客船のピアノの上に置き去りにされてしまいました。
機関士のダニーに拾われ、船底で育てられます。
折しもちょうど西暦1900年。
それで、ナインティーンハンドレッドと名付けられました。
幼いある日、美しいメロディにさそわれてホールを覗いてみると、
その音はピアノから聞こえている。
すっかり魅せられてしまう彼。
そうしていつのまにか彼は、全く自己流に自在にピアノを覚え弾きこなすようになるのです。
これぞ天才。
この船という小さな世界の中で、
彼は好きなだけピアノに触れ、賞賛をほしいままにします。
けれども、彼は生まれてこの方、この船から一歩も外に出たことがない。
ある日、彼は決心し、ニューヨークで地上に降りようとするのですが・・・。

あまりにも広く、終わりのない大地に彼は恐怖してしまうのです。
こんなにどこまでも鍵盤が続いているピアノを、
私は弾くことはできない・・・・。

そうして、また船に戻るしかなくなってしまう。

船のバンドで彼と共にトランペットを演奏していたマックスは、
戦火をくぐり抜け、変わり果てた姿となったこの船が処分されると聞き、
船を訪ねてくるのですが・・・。


波が高く、大揺れに揺れる人気の無いホールで、
ピアノのストッパーを外し、
音楽をかき鳴らしつつホール中を滑り回る若き日の
マックスとナインティーンハンドレッドの二人。
このシーンが素晴らしく印象的で忘れることができません。
この時、二人にはまだ前途が洋々と広がっていた。
音楽と友。
これがあれば他に必要なものなどないと思えた。

ナインティーンハンドレッドのピアノは時に言葉よりも饒舌です。
ピアノでホールにいる人物の描写をしたりする。
そんな彼が、あるとき一人の若い女性に目が釘づけになってしまいます。
その人を見つめながら奏でるピアノの調べの、何という柔らかさ美しさ・・・。
このとき、その音をレコードに録音したのですが、
そのたった一枚の録音原盤の運命も気になるところです。

哀しく美しい物語・・・。
お気に入り作品のご紹介でした。

海の上のピアニスト [DVD]
ティム・ロス,ブルート・テイラー・ロビンス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


1999年/イタリア・アメリカ/
監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
原作:アレッサンドロ・バリッコ
出演:ティム・ロス、プルイット・テイラー・ビンス、メラニー・ティエリー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この愛のために撃て | トップ | 僕たちは世界を変えることが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。