映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

「信長協奏曲15」石井あけみ

2017年05月12日 | コミックス
ますます先が読めない

信長協奏曲(15) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
石井あゆみ
小学館


* * * * * * * * * *

主君のため…竹中半兵衛決死行!

荒木村重謀反!!
反織田勢の機運が高まる中国方面の戦況を
裏で操るは、将軍・足利義昭。
そんな義昭と秀吉を結ぶ意外なきっかけは…!?
片や、秀吉に疑いの目を向ける竹中半兵衛の元に
とある情報が転がり込み…!
戦国に、思惑錯綜する第15巻!!


* * * * * * * * * *

いよいよ、ときが迫ってきた感じの第15巻。
竹中半兵衛が、亡くなります。
それも病床にて、ということではなくて・・・。
竹中半兵衛、そして荒木村重の謀反とくれば、
ここにはぜひ黒田官兵衛に触れてほしいところなのですが、
残念ですが本作中では全く触れられていません。
人質の官兵衛の息子を殺すようにと信長が命じるようなシーンは、
確かにこの物語にはそぐわないか・・・。


しかし、本巻を見るとますますわからなくなってきます。
本作の明智光秀=ホンモノの信長は、
あくまでもサブロー信長を守ろうとしているように見受けられます。
とすれば、本能寺の変で信長を襲うのは一体誰?
やがて天下を取る野望に燃える秀吉は、
結局私たちの知っているとおりの動きしかしない。
あ、ここでの石田三成と秀吉との関係のはじまりのシーンもなかなか興味深いですが。


いや、そもそもこのストーリーはやっぱり、
信長の死で終わってしまうのでしょうか?
その後の秀吉の死辺りまで連載を続けてほしいと思ったりして・・・。
そう、「秀吉狂詩曲(ラプソディ)」に変えて・・・。
待たれる次巻。

「信長協奏曲15」石井あけみ ゲッサン少年サンデーコミックス
満足度★★★.5


『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サハラに舞う羽根 | トップ | 溺れるナイフ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。