映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

2011年07月20日 | 映画(は行)
すべてが結集するホグワーツの地で



            * * * * * * * *

さあ、いよいよハリー・ポッターの最終回となりました。
今作、このシリーズでは最初で最後の3D作品ということで、奮発して3D鑑賞。
IMAXシアターです!

今作は最終章を2つに分けたものなので、
ハリーたちが「分霊箱」を探す旅の続きとなります。
ヴォルデモートとの最終決戦地は、あの慣れ親しんだホグワーツの魔法学校。
したがって、派手な戦いのシーンが多いわけですが、さすが大画面の3D。
これは正解です。
地下金庫のジェットコースターのようなシーン、
ドラゴンに乗って飛翔するシーン、
瓦礫と化す学校のシーン、
臨場感と迫力に満ちています。



そして、映像が派手なだけじゃありません。
長年の謎、どうしてハリーとヴォルデモートの心が感応するのか。
敵か味方か、謎のスネイプ先生の心に秘めた思い・・・。
ハリー・ロン・ハーマイオニーの友情と息の合った連係プレイ。
これまでハリーを支えてくれた多くの人たち。
すべてが結集し、大変見応えのある内容でもあるのです。
満足しました・・・!



第一作目「ハリー・ポッターと賢者の石」が公開されたのが2001年。
10年を経ての完結。
いやあ、さすがに感慨深いものがありますね。
あのかわいらしかった子供たちが、こんなにも頼もしい青年に成長して・・・。
リアルタイムに成長していく子供たちを、
まるで自分の子供の成長を見守るような感覚で見てしまいました。
「北の国から」の感覚にも似ています。
原作では7年間の物語、映画では10年を要してしまったわけですが、
その間に撮影やCG技術もますます進歩して、
このような3D作品になったわけで。
正に魔法のようです・・・。
そういうこちらも、10年の間にいろいろ変わったということですよね。
何がどう変わったのか。
後でゆっくり思い出してみることにしましょう・・・。



で、この物語で何が一番心に残ったかというと、
私はスネイプ先生でしょうか。
始めからかなりの嫌われ役でしたよね。
全くいけ好かない。なんだコイツは・・・と、私も思っていました。
けれど、意外と深くて複雑な思いをずっと抱えていたというわけです。
さすが、名優アラン・リックマンを当てた意味がやっと最後にわかるのでした。
といっても、この話は今作でいきなり降ってわいてきたわけではありません。
きちんと伏線は張られていました。
映画が作られ始めた頃は、まだ原作も執筆途上だったわけですが、
決して行き当たりばったりにストーリーを作っていたわけではない。
こういうところが、ベストセラーの所以でありましょう。

とにもかくにも、長い物語の完結。
めでたいことではありますが、ちょっぴりさみしくもあります。
次はまた別の、
ダニエル・ラドクリフくんやエマ・ワトソンさん、ルパートグリントくんの
活躍を楽しみにすることにしましょう。


余談ではありますが、エンドロールの膨大なクレジットの中で、
ソロシンガー MAI  FUJISAWA という名前が目にとまりました。
いつもそんなにまじめに見ているわけではなくて、
たまたま目についただけなのですが。
でも明らかに日本名なので、この方は誰?と思ったわけです。
帰ってからこの作品をネットで調べていたら、解りました。
この方は、あのジブリ作品の音楽をよく担当される久石譲さんの娘さんで、
ミュージシャンの「麻衣」さん。
あの、「ナウシカ」の中で印象的なラン・ラン・ララ・ラン・ラン・ラン
・・・の歌を歌った方だそうです!!

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」
2011年/アメリカ/130分
監督:デビッド・イェーツ
原作:J・K・ローリング
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム・カーター、レイフ・ファインズ、アラン・リックマン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私はそうは思わない」佐野洋子 | トップ | 女王陛下の007 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
終わりましたね (こに)
2011-07-21 11:02:03
寂しいですね~
スネイプ先生の記憶の中の可愛らしいハリー達を見て改めて年月を感じました
番外編・・・? (たんぽぽ)
2011-07-21 20:26:21
>こにさま
一つの長い物語が終わり・・・
充足感と同時に、やはり寂しさもありますね。
番外編でハリーとロンの子供たちのストーリーがまたあればいいのに、なんて思ってしまいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画・ハリーポッターと死の秘宝 PART2 (お花と読書と散歩、映画も好き)
2Dは日本語吹き替えのみしかなく 仕方なく3D字幕版で観て来ました 観賞用眼鏡は持ち帰りOKで次回持参すると、その分安くなるらしいです 終盤はやはり目の奥が疲れてきて時々眼鏡を外しましたが頭痛にまでは至らず無事観賞できました でも、こういう心配をし...
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』で様相一変! (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  今度は戦争だった。  2001年公開の『ハリー・ポッターと賢者の石』から数えて10年、ハリーの宿敵として作品世界に影を落としていたヴォルデモート卿との待ちに待った最終決戦、それ...
ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2  監督/デヴィッド・イェーツ (西京極 紫の館)
【出演】  ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン 【ストーリー】 ヴォルデモートを倒すため、彼の魂を7つに分けて収めた“分霊箱”を破壊しようとするハリーとロン、ハーマイオニー。4個目の分霊箱“ヘルガ・ハッフルパフのカップ”を壊し...
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
映画版も完結しました。 「史上最強のファンタジー」というのがこのシリーズのキャッチコピーでしたが、今後「10年もの長きに亘って8本もの映画が作られる(一貫したストーリーを持った)ファンタジー作品」というものはちょっと現れないんじゃないでしょうか。 現時...
■映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ついに、ついに来てしまいました、「ハリー・ポッター」シリーズの最終章。 2001年、からずーっと観続けてきたファンにとっては、なんだか「あああ、終わっちゃったな。。。」という淋しさの方が大きい感じがします。 あんなに可愛かったハリーが、こんなに立派な体...