映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ

2016年11月04日 | 映画(は行)
いつか息子は父を乗り越えなければならない



* * * * * * * * * *

1920年代、ヘミング・ウェイやフィッツジェラルドなど、
アメリカ文学の名作を数多く手掛けた編集者マックス・パーキンズ(コリン・ファース)と、
37歳で生涯を閉じた小説家トマス・ウルフ(ジュード・ロウ)の人生と友情を描きます。
実話に基づいています。



パーキンズは、トマス・ウルフの原稿に彼の才能を見出し
「天使よ故郷を見よ」を出版し、ベストセラーとなります。
そして第二作。
トマス・ウルフが持ってきた原稿は台車で運ばなければならないほどのとてつもない文量。
到底これでは出版できないので、二人で見直す作業にかかります。
しかし自己の表現にこだわりを持つトマスは一文の削除もそう簡単には納得しない。
二人は昼夜を忘れて作業に没頭。
まるで新しい遊びを見つけた少年のようです。
そんな中で次第に心までもが一体化していくようでした。



パーキンズには妻とたくさんの娘達が、
そしてトマスには共に暮す恋人アリーン(ニコール・キッドマン)がいます。
しかし、この編集作業に入ってからは二人とも家族など省みる余裕もなく、
取り残された女たちは次第に焦燥感にとらわれていきます。



小説というのはつまり、作者の深層そのものなのではないでしょうか。
だからパーキンズは否応なくウルフの内面に接近しているのです。
同じものを共有し、次第に心が一体化していくような感じになるのではないでしょうか。
父と息子のように。
けれども、いつか息子は父親を乗り越えなくてはならなくなる。
ようやく第二作が完成した後、
「この本をパーキンズに捧ぐ」という献辞を付け足して、
トマスはヨーロッパへ旅立ってしまいます。



熱く感情を露わにする変人がかった天才トマス。
そして、トマスの才能に心酔しながらも、
常にプロフェッショナルとして冷静な判断を下すストイックな編集者。
この両者をジュード・ロウとコリン・ファースが素晴らしく演じていました。
特に、パーキンズは殆ど感情を顔に表しません。
そんな中でも僅かに感情を覗かせる、この微妙加減が、
やはりさすがだなあ・・・と思ってしまいました。
この競演を見るだけでも十分に価値があります。
その頃のニューヨークの街、人々の光景もステキですねえ・・・。
蒸気機関車に乗って通勤するパーキンズ、思い切り時代性が出ています。



そうそう、本作中パーキンズはずっと帽子をかぶっているのです。
オフィスならまだしも、家に帰って家族と食事をするときも、自室でくつろぐときさえも・・・。
作品中では誰も変だとは思っていなかったようなので、
そんなこともありなのかなあ・・・と思ってみていました。
ところが最後の最後に、彼が帽子を取るシーンがあるのですよ・・・。
なるほど~。
納得、納得。


余談ですが、英米文学などあまり読まない私でさえも読んだことがあるフィッツジェラルドに、
こんな苦境の時期があったというのは知りませんでした。
と言うより、「グレート・ギャツビー」は発売当時結構売れたのですが、
その後すぐに廃れてしまい、以後、彼の名は忘れられたようになってしまい、
生涯、脚光を浴びることはなかったといいます。
その後再び彼の作品が評価されるようになるのは、彼の死後のこと・・・。
これだけでも、映画が一本できそうですね・・・。


それにしても、トマス・ウルフを読んでみようという気にはあまりなりません・・・(^_^;)

「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」

2016年/イギリス・アメリカ/104分
監督:マイケル・グランデージ
出演:コリン・ファース、ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、ガイ・ピアース、ローラ・リニー

時代性★★★★★
満足度★★★★.5
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アヒルと鴨のコインロッカー | トップ | 「新しい15匹のネズミのフラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画・ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ (読書と映画とガーデニング)
原題 GENIUS2015年 イギリス 実話に基づいています1920年代、まだ無名だったヘミングウェイやフィッツジェラルドなど数々の世界的作家を見い出した実在の名編集者パーキンズ(......
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ (風に吹かれて)
どんどん削ろう 公式サイト http://best-seller.jp 実話に基づいた映画 原作: 名編集者パーキンズ (A・スコット・バーグ/草思社) 1920年代のニューヨーク。ある日、編集者マッ
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』を新宿の角川シネマで見ました。 (1)コリン・ファースとジュード・ロウの競演が見られるというので、大変遅ればせながら、映画館に行......
「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」強い絆! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 20世紀前半の、アメリカを代表する作家として現在も愛されているトマス・ウルフ。そしてそのウルフの才能を信じ、世に送り出した名編集者マックス・パーキンズ。そんな2人の男......
ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ / Genius (勝手に映画評)
実在の作家トーマス・ウルフと実在の編集者マックス・パーキンズの友情を描いた作品。 作家は名前が出ますが、編集者は名前がでません。でも、作家の名作の裏には、名編集者あり......