映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

マジカル・ガール

2016年11月10日 | 映画(ま行)
平和な風景の中の落とし穴



* * * * * * * * * *

白血病で余命僅かな少女アリシアは、
日本のアニメ「魔法少女ユキコ」の大ファン。
ユキコのドレスを着るのが夢です。
その父親ルイスは失業中ですが、
なんとか娘が生きているうちにその夢を叶えてやりたいと思うのです。
しかしデザイナーによる一点もののそのコスチュームはなんと90万円!! 
それでも諦めきれないルイスは、ついに非合法な手段で大金を手に入れようとする・・・。
心に闇を抱える女性バルバラとワケアリの元教師ダミアンによって、
事態は救いがたい方向へ・・・。



海外作品に突如流れる日本語のアニメソング(長山洋子さんのデビュー曲だそうです!)というのは、
なんともインパクトがあります。
だからこれはユーモアに満ちたポップな作品?
・・・などと思っていたら、とんでもない。
フィルム・ノワールと呼ぶべき作品なのでした。



ルイスに秘密をばらすと脅迫されたバルバラが、
なんとか夫に内緒でお金を手に入れようとする。
女性がすぐにでもお金を稼ごうとすればその道は限られています。
彼女の行先は謎めいたクラブ。
その具体的なシーンが描写されないところがまた、想像を刺激するといいますか、
見えないモノ、わからないモノこそが怖いわけですね。



それにしても、元々が、余命僅かな無邪気な娘のため・・・ということなのに、
この結末はなんなんだ!!
平和な風景からいきなり落とし穴に突き落とされるようなこの感覚。
救いがたいけれども、心の隅に何か引っかかってしまう作品。



監督は、日本カルチャーに精通された方とのことです。
今や世界中でこんな風に日本アニメが行き渡っているらしいと実感もさせられました。

マジカル・ガール [DVD]
ホセ・サクリスタン,ルシア・ポジャン,バルバラ・レニー,エリザベト・ヘラベルト
バップ


「マジカル・ガール」
2014年/スペイン/127分
監督・脚本:カルロス・ベルムト
出演:バルバラ・レニー、ルシア・ポシャン、ホセ・サクリスタン、ルイス・ベルメホ、イスラエル・エレハルデ

ノワール度★★★★☆
満足度★★★.5
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「駅物語」 朱野帰子 | トップ | 「『ベルサイユのばら』で読... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マジカル・ガール  監督/カルロス・ベルムト (西京極 紫の館)
【出演】  バルバラ・レニー  ルイス・ベルメホ  ホセ・セクリスタン  ルシア・ポリャン 【ストーリー】 失業中であるうえに、娘のアリシアが白血病で余命いくばくもないとい......
マジカル・ガール★★★ (パピとママ映画のblog)
日本の魔法少女アニメにあこがれる少女とその家族がたどる、思いがけない運命を描いたスペイン映画。独創的なストーリーや全編を貫くブラックユーモアが話題を集め、スペインのサ......
マジカル・ガール (だらだら無気力ブログ!)
後味悪いわぁ~。
マジカル・ガール (いやいやえん)
ダミアンはルイスの自宅へと向かい、明かりを点けたところ…魔法少女ユキコのテーマ曲をかけ、ステッキを手にして衣装に身を包んだ一人の「魔法少女」が立っていたのでした。
「マジカル・ガール」 (或る日の出来事)
マジカル・ガールというか、魔女?