映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

ちはやふる 上の句

2016年12月07日 | 映画(た行)
青春ですなあ



* * * * * * * * * *

コミックの映画化、ロマコメというのは、あまり近寄らないジャンルですが、
「競技かるた」をテーマとした本作にはちょっと興味を惹かれていました。



幼なじみの3人、千早・太一、新は、競技かるたに夢中です。
でも新が地方へ転居してからは、互いに疎遠になっていました。
時は流れて、高校生となった千早(広瀬すず)は、
新(真剣佑)に会いたい一身で、かるた部を立ち上げようとします。
密かに千早に思いを寄せる太一(野村周平)も加わることになり、
クラブ発足に必要な残り3名もなんとか集まって、無事クラブ発足。
全国大会まで進めばきっと新に会える!
そう信じて、千早は練習に励みます。



しかしまずこの「上の句」編ではその前段階、東京大会までの話となります。
何といっても広瀬すずさんがキラキラしてて可愛くて、
もう文句なしに応援したくなってしまいます。
この起用だけで、ほとんど映画は成功したも同じではないかと思えるほど。
ちょいと陰りのある新も、気になるところではありますが、
もう一人、片思いに甘んじる太一がありのままの人間っぽくて、
私としては“よしよし”としてあげたくなります。
「うたの神様から見放されている」と自覚する太一は、
そうなってしまった理由もまたよくわかっているのです。
醜い自分。駄目な自分・・・。
「俺なんか青春をかけても新にかないっこない」と彼は言うのですが、
ある人は「かけてから言ってみろ!」と彼の背中を押します。
いいなあ・・・、そういうふうに言ってくれる人がいて、ほんとに良かった!!



かるた部のメンバー構成も絶妙です。
呉服屋の娘で古文大好きの奏(上白石萌音)。
彼女ために競技会では皆、はかま姿にならなければならなかったわけですが、
実のところあれでは動きにくいのではないかなあ・・・と、
老婆心ながら思ってしまいました。
せめて、たすきがけは必要なのでは? 
あの迅速な動きには、着物のたもとがいかにもジャマそうで・・・。
そして以前からかるた競技経験のある「肉まん」くん(矢本悠馬)。
実際に戦力になりそうなのが3人はいないと、やはり厳しいですもんね・・・。
最期の一人は、全く経験のない「机」くん(森永悠希)。
超ガリ勉の秀才。
学校の規則でどこかのクラブに所属しなくてはならないので、仕方なく入部したという・・・。
一番の不安材料ですが、しかし、この彼がどのようにチームに馴染んでいくか
というのがまた見どころになっていくわけで、正に、絶妙の配剤というわけです。
というわけで、たっぷり楽しんだ「上の句」。
続きが楽しみです。



【Amazon.co.jp限定】ちはやふる -上の句- 豪華版 Blu-ray&DVDセット(特典Blu-ray付3枚組)(<上の句><下の句>豪華版連動購入特典:「オリジナルハンカチ」引換シリアルコード付)
広瀬すず,野村周平,真剣佑,上白石萌音,矢本悠馬
東宝


「ちはやふる」上の句
2016年/日本/111分
監督・脚本:小泉徳宏
原作:末次由紀
出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希

青春度★★★★★
満足度★★★★☆
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダゲレオタイプの女 | トップ | ちはやふる 下の句 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(た行)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ちはやふる -上の句-  監督/小泉 徳宏 (西京極 紫の館)
【出演】  広瀬 すず  野村 周平  真剣 佑  上白石 萌音 【ストーリー】 同級生の千早、太一、新は、いつも仲良く競技かるたを楽しんでいた。小学校卒業を機に彼らはバラバラに......