映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

シン・ゴジラ

2016年08月01日 | 映画(さ行)
ニッポンの夏、ニッポンのゴジラ



* * * * * * * * * *

このテの作品はもう見ない、などと言いながら見てしまうというのは、
やはりこれが「ゴジラ」だから。
子供の頃から見ているゴジラには、
多分多くの同年配の方がそうであるように、ただならぬ思い入れがあります。
少し前にハリウッド版の「ゴジラ」も見たけれど、
この度本作を見て、ああやっぱりこれがホンモノの「ゴジラ」、
日本の「ゴジラ」だと思いました。
しかも監督が庵野秀明さんというのが、いかにも期待を誘います。



特にストーリーと言うべきほどのものはないんですよ。
突如東京湾に出現した巨大生物。
けれど、いきなり上陸したそれは、私たちの知ってるゴジラとは姿が違う。
なんとゴジラは、生きながら「進化」するという恐るべき生物だった・・・。
(でもなんだかこの幼生ともいうべきゴジラは、ちょっと可愛らしかったりします・・・。)



本作はこのゴジラのもたらす未曾有の災害に、
日本政府がどのように対処するか、つまりそういう作品なのです。
始めは海底のトンネルが崩れ、海底火山の活動の活性化?などと思われていた。
けれど、内閣官房副長官・矢口(長谷川博己)は、SNSに投稿された動画などから
「これは何か巨大生物なのでは?」というのですが、
他のお偉いさんたちは全く取り合いません。
けれど、そんな最中にすぐ、TVに謎の巨大生物の姿が映しだされるのです。
また、その直後には
「この生物は上陸すると自分の重さで潰れてしまうので、上陸する可能性はない」
などと有識者と称する人々が断言したのですが、
その直後に、ゴジラは安々と上陸してしまう。



既存の政府の見通しの甘さ、危機管理能力の希薄さがくっきりと浮かび上がります。
そうこうするうちに、またゴジラは姿を変え、
私たちの知っている立派なゴジラに!!
そして、当初から自分の疑問を堂々と口にしていた矢口が
対策組織のトップに抜擢されるというわけ。


この時に矢口のもとに集められたメンバーが、
様々な組織・部署の「変わり種」であり「余されもの」と言われた人たちだというのには、
ニンマリさせられました。
こんな非常識な生物には常識人では対応できないと・・・。
日頃お金儲けか自分の出世しか考えられない人には、対処不能、というのがいいですよねー。



それにしても、強いぞ、ゴジラ。
初めて「防衛」のために実際に武器を使用する自衛隊。
しかしその自衛隊の銃弾もミサイルも物ともしない。
この辺りはちょっぴりゴジラに味方してしまうゴジラファンなのであります。
とすればこれはやはり、核の力を借りなければならないのか?
しかし、日本に3度めの核弾頭が落とされるのには何としても抵抗がある。
第一それでは首都壊滅だ。
安保条約に基づき、着々と核弾頭の準備をすすめるアメリカに対して、
矢口らは、独自の対処方法を進めるが・・・。


政治家の思惑やら、様々な研究者の矜持、
核のために出現したゴジラにやはり核を使うのかという矛盾、
自衛隊のこと、安保のこと・・・
う~ん、面白いなあ・・・!!
本作は大人のためのゴジラ作品ですね。
子供にはちょっと退屈かもしれない。



本作、キャストが総勢328名という豪華版。
知っている俳優さんを見つける楽しみもあります。
斎藤工、ピエール瀧、片桐はいり、古田新太・・・ほんのちょこっとづつなんですけどね。
犬童一心監督が古代生物学者役で出演しているのもオドロキ。
そして、本作のゴジラはモーションキャプチャーによるフルCGだそうなのですが、
なんとそのモーションキャプチャーを務めたのが野村萬斎さん。
これぞ日本の伝統的「ゴジラ」だなあ・・・! 
もはや芸術。
(って、実際、美術館で「ゴジラ展」が催されたりするようです。)


おまけ
本作を見た後、チカホを歩いていたら、
ゴジラがいました!!



「シン・ゴジラ」
2016年/日本/120分
監督・脚本:庵野秀明
出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、市川実日子、高良健吾

日本の危機管理を考える度★★★★☆
ゴジラ度★★★★★
満足度★★★★☆
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホワイト・ゴッド 少女と犬... | トップ | 「街場の五輪論」 内田樹・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
静々進むゴジラ (もののはじめのiina)
2016-08-16 11:52:26
>ゴジラのもたらす未曾有の災害に、日本政府がどのように対処するか、つまりそういう作品なのです。
疫病神に見舞われやすい日本列島ならではの下地がありますネ。

>モーションキャプチャーを務めたのが野村萬斎さん。
ゴジラも古典の分野に足を踏み入れました。真に、静々と歩むゴジラだったです。

エヴァンゲリオンを特撮博物館で見学しましたよ。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/649d3d5b5de62b7bb2cefc29d45d0afd

ゴジラ展も (たんぽぽ)
2016-08-16 15:44:19
>iinaさま
何かのテレビ番組で、ゴジラはあの長い尻尾を引きずって歩いているわけだから、ということで、あえて背後におもりを付けて歩いて、モーションキャプチャーに臨んだ、と言っていました。
こちらでは九月に「ゴジラ展」があるので、行ってみようと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
シン・ゴジラ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 思い切ってアレンジしてきた本格ゴジラ映画ここに見参!
シン・ゴジラ   総監督/庵野秀明 (西京極 紫の館)
【出演】  長谷川 博己  竹野内 豊  石原 さとみ 【ストーリー】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)......
「シン・ゴジラ」 (或る日の出来事)
ユニークでおもしろい。
シン・ゴジラ (風に吹かれて)
NO! 核兵器  公式サイト http://www.shin-godzilla.jp 監督: 庵野秀明  「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」 東京湾アクアトンネルで、崩落事故が発生。首相官邸での緊急会議
シン・ゴジラ ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本と総監督、「のぼうの城」「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、世界的怪獣キャラクター“ゴジラ”を日本版としては12......
『シン・ゴジラ』庵野秀明脚本・総監督、樋口真嗣監督・特技監督、長谷川博己、竹野内...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『シン・ゴジラ』 脚本・総監督 : 庵野秀明監督・特技監督 : 樋口真嗣出演 : 長谷川博己竹野内豊、石原さとみ野村萬斎、他 物語・東京湾アクアトンネルが崩......
シン・ゴジラ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SHIN GODZLLA】 2016/07/29公開 日本 120分監督:庵野秀明 (総監督)、樋口真嗣出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、松尾諭、市川実日子、余貴美子、國村隼、平泉成、柄......
シン・ゴジラ (Akira's VOICE)
色々と物凄くて思考が活性化! 見応えありまくり!  
映画:シンゴジラ   鎌倉、武蔵小杉、丸子橋、新橋、霞が関、丸の内を破壊しまくる「...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
映画が始まり、まず恐ろしい「既視感」に囚われる。 それは、数年前に日本国民が経験したこと。 やたら会議があり、予想通り「会議は踊る」 役所間のメンツの調整で、何も決......
シン・ゴジラ (花ごよみ)
脚本と総監督は 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明。 メインキャストは長谷川博己、 竹野内豊、石原さとみ。 一瞬の出番にも多くの俳優が キャスティングされていて楽し......
シン・ゴジラ (映画的・絵画的・音楽的)
 『シン・ゴジラ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が大層高いので、映画館に行ってきました。  夏休みのこともあり映画館は満席状態で、公開から2週間も経っていないのに......
「シン・ゴジラ」☆リバイバルでリハビリ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
庵野映画である。 それが証拠に、劇場で売っている記念グッズのジグソーパズルだってTシャツだって、ゴジラとエヴァが戦っている絵なのだし、公式サイトでは既にエヴァにゴジラの......
シン・ゴジラ (もののはじめblog)
国内シリーズとしては29作目となる12年ぶりの新作『シン・ゴジラ』が公開された。 突然のゴジラ宣伝を東京ドームの野球観戦時に知らされて、「シン」が冠されているので、どことな......
シン・ゴジラ (だらだら無気力ブログ!)
こんなに面白いとは思わなかったなぁ。
シン・ゴジラを味わうPART1 (事務職員へのこの1冊)
ワーナー版のときに特集したように、わたしが生まれて初めて見た映画は「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」で、初代スーツアクター中島春雄さんは酒田の人だった。映画と......
『シン・ゴジラ』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
ゴジラシリーズ29作目、今日から公開なので早速見てきました。庵野+樋口でゴジラ?と製作発表の段階で期待値は低かったのに、試写や最速上映では絶賛の嵐。かえって不安に駆られ......
[映画『シン・ゴジラ」を観た^^] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・見終えて立ちあがったら、足の付け根が緊張して痛くなってました^^ 面白かった。 そして、私は、今度の日曜日に仕事があるので、都知事選の期日前投票にすぐに行きま......
シン・ゴジラ (本と映画、ときどき日常)
監督 庵野秀明     樋口真嗣 出演 長谷川博己     竹野内豊     石原さとみ 東京にゴジラ出現! 政府はどう手を打つ? 「この映画は現場で起きているんじゃない!......
シン・ゴジラ (いやいやえん)
【概略】 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上......
映画「シン・ゴジラ」 (FREE TIME)
映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。
『シン・ゴジラ』 (sweetmagicのブログ)
すご~く久しぶりに映画を映画館で観てきました。 友達がシンゴジラがある意味期待を大きく外れて面白かったというので 絶対にみたいと思いましたよ。 4Dで観たという方もいます......
シン・ゴジラ (まてぃの徒然映画+雑記)
評判が非常に高い『シン・ゴジラ』、ようやく鑑賞しました。ストーリーやら細かな解説やらはいろんなところで語られているので、感じたことを。 まず驚くのはその圧倒的なリアリ......
まさに新しきゴジラ! (笑う社会人の生活)
2日のことですが、映画「シン・ゴジラ」を鑑賞しました。 東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生 緊急会議で内閣官房副長官・矢口は海中に潜む謎の生物が事故を起こした可......