映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

「ヨイ豊」梶よう子

2017年04月04日 | 本(その他)
激動の時代、江戸の矜持を持ち続けた男

ヨイ豊
梶 よう子
講談社


* * * * * * * * * *

黒船来航から12年、江戸亀戸村で三代豊国の法要が営まれる。
広重、国芳と並んで「歌川の三羽烏」と呼ばれた大看板が亡くなったいま、
歌川を誰が率いるのか。
娘婿ながら慎重派の清太郎と、粗野だが才能あふれる八十八。
ひと回り歳が違う兄弟弟子の二人は、
尊王攘夷の波が押し寄せる不穏な江戸で、一門を、浮世絵を守り抜こうとする。


* * * * * * * * * *

浮世絵師、歌川一門の中の4代目歌川豊国の物語です。
作中では主に清太郎と記されていますが、2代目国貞でもある・・・。
ややこしいですが、まあそれにもいろいろな事情がありまして、
そこのところは読めば納得。
この、初代豊国というのがやはり、素晴らしかったのですね。
その弟子の中から、次の「豊国」を嗣ぐ技量が認められたものが
名前を受け継ぐわけです。
本巻では3代豊国の亡くなった後、誰が4代目となるのか、
というのが大きな柱となっています。
清太郎は3代の娘婿で、周りは彼が嗣ぐべきと思うものも多い。
けれども本人は、自信がないのです。
誰よりも浮世絵が好きで努力もしているとは思っている。
けれど同門の八十八(ヤソハチ)の明らかな才能のきらめきを見るにつけ、
自分は器ではないと思えてしまう。
八十八の絵を見て感じる感動、嬉しさとともに、
やはり抑えようのない悔しさ・・・そんな心情が綴られています。


さて、でも本作で私が面白く思ったのはこの時代背景なのです。
江戸末期から明治初期。
激動の時代なんですよ。
将軍のお膝元江戸に住む人々が、
いつの間にかこれまで見たこともない天子様を迎え、
仰がなくてはならなくなってしまった。
西洋から油絵の技術が入り込み、
日本古来の浮世絵なんて価値がない、西洋のもののほうが上、
というような認識が広まり始める。
これは実は、新政府に携わる長州藩などの出身の者たちが、
江戸の文化を代表する浮世絵を貶めようとしたから・・・
などという下りもあって、なるほど~と思ってしまいました。
いやそれにしても、
西洋の印刷技術に木版画はやっぱりあまりにも分が悪いですしね・・・。


江戸から東京へ、激変していく世の中で庶民はどのように生きていたのか、
そういうところがすごく興味深く読める一冊だったと思います。
そして、江戸の矜持を持ち続けた浮世絵師の心意気も良し。
つまりは亡びゆくものの美なのかもしれないけれど。


この時期に大量に海外に流出してしまった浮世絵・・・。
残念ですねえ・・・。


ところで題名の「ヨイ豊」の意味。
・・・まあ、これも実際に読んでもらったほうが良さそうです。
残念ながら「良い豊」ではありませんでした・・・。

「ヨイ豊」梶よう子 講談社
満足度★★★★☆
図書館蔵書にて
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャーリー&ヒンダ | トップ | ザ・ギフト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。