映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

正しく生きる

2017年05月16日 | 映画(た行)
大地震後の巨大な津波と原発事故の後で



* * * * * * * * * *

岸部一徳さん出演ということだけに惹かれて、見てみたのですが、
ちょっと私には歯が立ちません。
京都造形芸術大学映画学科の学生とプロの映画スタッフ・キャストが
タッグを組んだということで、
商業ベースには乗らない作品で、凡用な私には無理でした・・・。



大地震後の巨大な津波と原発の事故で、
人々の心がすっかり折れてしまっている、という状況が背景です。
そんな中の人々を描く群像劇。

・放射性物質を組み込んだオブジェを制作展示することで
無差別テロを画策している芸術家柳田(岸部一徳)。
しかしその放射能で彼自身の肉体も蝕まれて行きます。




・災害に乗じて、今までとは別の人間として行きたくて
幼い娘を連れて家を出た女。
しかし、行き詰った彼女の鬱屈は娘へと向けられ、DVを繰り返すように・・・。

・少年院を脱走した少年たち。
あるものは、子どもを身ごもっていた元カノのもとへ行きますが、
流産したと言われ・・・




不安な時代の中で「正しく生きる」とはどういうことなのか・・・?
というのが本作の問いかけのようではありますが、
あまりにも描写から感じるべき答えが空高くにありすぎて、
私には手が届かないのでした。
わかったふりする気力もないくらいに。
ダメとはいいませんよ。
こういう高みをゆく作品も必要ではありましょう。
でも私は、自分の中の感情をストレートに揺さぶる作品に触れたい。
私が映画に求めるのはそういうことのようです。
本作のおかげで、自覚しました。


でも考えてみれば、この題材自体、エンタテイメントには向かないものです。
だからこれはこれで良いのだという気がしてきました・

正しく生きる [DVD]
岸部一徳,柄本明
オデッサ・エンタテインメント


「正しく生きる」
2013年/日本/108分
監督:福岡芳穂
出演:岸部一徳、柄本明、水上竜士、宮崎将
芸術性★★★★☆
満足度★★☆☆☆

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「紙の動物園」ケン・リュウ | トップ | カフェ・ソサエティ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。