映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

海賊とよばれた男

2017年01月02日 | 映画(か行)
高度経済成長を支える男たち



* * * * * * * * * *

やっと見た、という感じですが、
本作は百田尚樹さん原作というところに引っかかってしまい、
でもやっぱり見ようと、意を決してみました。
そんなことにこだわる人、いないのかなあ・・・。
いえ、そもそも私、「永遠の0」は、なにも知らないときに読んで、
「いいな」と思ったわけですから、今さらなにを言うのよ
・・・ということではあります。


おほん、とにかく原作者のことは忘れて、この映画に集中しましょう。
明治から昭和にかけて石油事業に尽力した男の生き様を描きます。
出光興産の創業者、出光佐三氏がモデル。



国岡鐵造(岡田准一)は、主要燃料が石炭だった当時から
石油の将来性を見抜いていました。
「士魂商才」を座右の銘とし、武士の魂を持ちながら商機を見逃さず、
事業を拡大していったのですね。
通常「武士の商法」といったら、ダメな見本なのですが、
そこをのし上がっていったこの人は、やはりタダモノではなかったのでしょう。
しかし、出る杭はうたれる。
彼の前に立ちはだかる障壁がまた、並大抵のものではありません。
国内の販売業者との軋轢、
そして欧米の石油メジャーからの締め出し・・・。
国岡鐵造は、それでも諦めず型破りな発想と行動で道を切り開いて行きます。
そしてそれは彼個人だけの力ではない。
彼を信頼し身を粉にして働く社員やタンカーの船長らの力があればこそ。


昭和の日本人の「モーレツ社員」ぶりが蘇ります。
まあ今にしてみれば確かに行き過ぎなところはある。
けれども、そんな彼らが日本の高度経済成長を支えたということも確かです。
つい、拝んでしまいたくなるくらい。



映画のラストに、まだこの国岡商店の創成期、
小舟で石油を売って回った頃の映像が再び映し出されます。
この演出がすごいですね。
こんなところから始まった大企業。
さすがに、胸が熱くなりました・・・。
なんだかんだと言っても、良い作品であると思います。



岡田准一さんの老けメイクがすごいです。
ぜんぜんわざとらしくなく、実際に年令を重ねた感じ・・・。
本当の年齢を忘れそうなくらい。


それにしてもジャニーズの頑なな写真掲載禁止はどうにかならないものなんでしょうか・・・。
だからやはり、ポスターが乗せられませんし、
岡田准一さんの登場シーン画像もないのです・・・。

「海賊と呼ばれた男」
2016年/日本/145分
監督:山崎貴
原作:百田尚樹
出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、綾瀬はるか

歴史発掘度★★★★☆
プロジェクトX度★★★★★
満足度★★★★☆

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「はてしない物語 上・下」... | トップ | セトウツミ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
士魂商才 (もののはじめのiina)
2017-01-11 10:27:33
>「士魂商才」を座右の銘とし、武士の魂を持ちながら商機を見逃さず、事業を拡大していったのですね。
武士の誇りをもって事業にあたる心意気が発揮されていました。^^

負けてたまるかのど根性でした。

Unknown (たんぽぽ)
2017-01-12 19:48:14
>iinaさま
原作を読んだ方は、映画だと単純になりすぎていて醍醐味が感じられないと思う方が多いようです。
原作も気になりますが、やっぱり作者には若干反発を感じるので・・・

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

海賊とよばれた男 監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  吉岡 秀隆  染谷 将太 【ストーリー】 敗戦後の1945年、東京。石油会社・国岡商店を率いる国岡鐡造は、日本人としての誇りを持ち復興に向け突き進もうと従......
海賊と呼ばれた男 (もののはじめblog)
2013年に「本屋大賞」を受賞した小説の映画化。たまたま8月に読んでいたが、まさか映画化が進んでいたとは知らなかった。 読後の興奮がまだ覚めてなく、家族と一緒に映画を観に行......
『海賊とよばれた男』 (京の昼寝~♪)
□オフィシャルサイト 「海賊とよばれた男」□監督・脚本 山崎 貴□原作 百田尚樹□キャスト 岡田准一、小林 薫、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口 徹       ......
岡田くん、頑張ってます!~「海賊と呼ばれた男」~ (ペバーミントの魔術師)
すいません、いきなりパロディで。(爆)この「結局やらされた男」がちらついてちらついて。あはははは。ジャニ系の方が主演するとポスターがNGだったりするので持って帰ってきた ......
海賊とよばれた男 (花ごよみ)
原作は百田尚樹の同名小説。 百田尚樹原作の「永遠の0」と同じ、 岡田准一が主演。 そして監督も同じく山崎貴。 出光創業者の出光佐三氏がモデル。 主人公の国岡鐵造を岡田准一......