映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

のだめカンタービレ/最終楽章 前編

2010年01月09日 | 映画(な行)
さあ、楽しい“のだめ”ワールドの時間だ!

          * * * * * * * *




TVドラマでおなじみの「のだめカンタービレ」、全くそのままの続きです。
私は二ノ宮知子原作コミックからのファンで、
TVドラマもしっかり見ていたものですから、やはり、観に行ってしまいました。


この映画は、千秋のマルレ・オーケストラ常任指揮者就任の顛末が軸となっています。
常任指揮者となったのはいいけれど、
このマルレ・オケは歴史は確かにありながら、今や崩壊寸前の貧乏オケ。
初めての客演としての指揮はボロボロ。
「ボレロ」の演奏が「ボロボレロ」に・・・。
しかし、千秋はがんばる! 
さあ、次の演奏会は成功するのか!
そして、のだめと千秋の恋の行方は?



残念ながら今回は前編なので、思わせぶりなところで後編へ続くとなってしまいます。
別に焦りませんけどね。
コミックでは最近ついにストーリーが幕を閉じたところです。
しかし、結末がわかっていてもなお、
この作品は魅力にあふれているのです。
私はTVで再放送などをやっているとつい見てしまう。


しかし、何でこんなに好きでつい見てしまうのか不思議です。
日本編はともかく、このヨーロッパ編はとてつもなく怪しいではありませんか。
竹中直人のシュトレーゼマンなどは噴飯ものだし、
ベッキーのターニャもなんだか・・・。
オーバーアクションだし、のだめは変態だし・・・。
普段あまり見る気にはならない、ドタバタコメディー要素たっぷりなのでが・・・。




魅力の秘密は・・・
まず、のだめの親しみやすさでしょうか。
クラシックでピアノ・・・ときたら、イメージ的には庶民にはちょっと遠い。
しかし、こののだめ、
「ぎゃぼ!」などと突然奇声は発する、
部屋はゴミだらけ、
おにぎり以外の料理もだめ、
という、普通でもここまでひどくはないというレベル。
そののだめが、誰もがあこがれる千秋先輩の関心を得て、
時折才能の片鱗を見せる、という筋立てが私たちの心をくすぐるのです。

また、普段はのだめが千秋を追う構図なのですが、時折これが逆転する。

一緒に、ヨーロッパへ行こう。
この千秋の誘いに、のだめは拒否。

今回の映画では特にこういうシーンは無いのですが、
たぶん、後編ではまた出てきますよ。
いつもは無関心を装う千秋が、真剣にのだめを見つめようとすると、
するりと逃げてしまう。
ここが何とも面白いですよね。
結局千秋がいつも振り回されている。

さらには、周りのキャラクターがまたいい。
それぞれの個性でそれぞれの道を歩んでいる。
この青春群像的なところも魅力の一つ。
私は黒木君が好きなんです。
ちょっと暗いですが・・・。
留学したての落ち込んでいたあたりは、リアルですね。
のだめの正体がはっきりわかって幸いでした!




そして、何よりこのクラシックという大舞台。
一般的には、難しく退屈と思われるテーマをよくぞここまで親しみやすくしてくれました。
コミックだと、わかりようがない“音”が、
TVや映画ではホンモノ。
これがTVドラマ化の最大の功績です。

この映画中の千秋指揮するマルレオケの「1812年」には
本当に感動してしまいました。
思わず拍手したくなってしまうほど。

さらには、主演の上野樹里と玉木宏。
もう、この役はこの二人以外考えられませんね。
二人がそろえばそれだけで、のだめワールドができあがる。
星空を眺めながら二人が語る、音楽の深淵。
カンタービレの語源。
美しい場面でした。
ギャグをかましながらも、ふとこのようなロマンチック。
いやあ、やめられません。

待たれる後編!。




2009年/日本/121分
監督:武内秀樹
出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、竹中直人
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナイトミュージアム2 | トップ | 神様 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ()
2010-01-12 07:15:09
こんにちは。

自分は、ドラマもコミックも読んでいないので、なんともこの作品については言えないのですが、
映画館に行くと長蛇の列なので、人気があるんだなぁと思ってみてます。
たしかに、映像だからこそ、音を体感できますね。
いきなり映画はやめたほうがいい・・・ (たんぽぽ)
2010-01-12 20:44:15
>亮さま
この物語の魅力は、とにかく楽しい、の一言に尽きます。
ですがドラマの方は、初めての方が見ると「なんだこりゃ?」と思うこと間違いなし。なので、全く初めての人にはあえてオススメは出来ません・・・。
映画はストーリーも途中からなので、TV版の始めから見ていただくしかないんです・・・。
けれど、見始めるときっとはまります。
それだけの時間が取れるかどうかが問題ですね・・・。
もちろんコミックもオススメ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
★「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年の劇場鑑賞映画の一本目ーーーーーーーーーーーーーっ。 こんなんでいいのか???とも思ったけど、 基本的にギャグ映画も好きだし・・・ 昨日DVDでピアノものの「4分間のピアニスト」観たし、 一応音楽繋がり・・って事で。
映画「のだめカンタービレ/最終楽章 前編」 (itchy1976の日記)
のだめカンタービレ/最終楽章 前編(eiga.com) のだめカンタービレ/最終楽章 前編(公式サイト) ○基本データ(eiga.comより) 監督:武内英樹 製作:亀山千広 エグゼクティブプロデューサー:石原隆、和田行、吉羽治、畠中達郎、島谷能成 プロデュース:若松央樹 プロデ...
のだめカンタービレ最終楽章前編 (単館系)
個人的に最近の月9の中では傑作なんではないかと思うのだめカンタービレ ついに映画公開! あらすじとか説明不要・・・だよね?多分 見ど...
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 憧れと反発 (はらやんの映画徒然草)
漫画、アニメ、TVドラマと人気のコンテンツ「のだめカンタービレ」の実写版映画の前
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に学ぶ世界戦略 (映画のブログ)
 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』は、ヨーロッパを舞台にした映画だ。  外国に飛ばされてしまう映画や、見知らぬ外国で事件に巻き...
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (玉木宏さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆玉木宏さん(のつもり) 玉木宏さんは、現在公開中の映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に千秋真一 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想