映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎

2009年01月18日 | 本(ミステリ)
ゴールデンスランバー
伊坂 幸太郎
新潮社

このアイテムの詳細を見る


第5回本屋大賞受賞、
そして、2008年このミステリがすごい!国内ベスト1に輝く作品です。
もう、文庫化を待ちきれず、読みました。
最近著者は、目に見えない世の中を動かす何か強大なもの
・・・国家権力であり、マスコミが作り出す風評であり・・・、
そういうものへの危惧をテーマにした作品を描いていますね。
これはその集大成といっていいかも知れません。
さらに、精密な伏線、軽妙洒脱な会話、登場人物たちの連鎖。
こういう、いつもの伊坂幸太郎の持ち味満開。
これで面白くないわけがありません。
舞台は、この日本と良く似た別の日本。
仙台で、金田首相の凱旋パレードが行われた。
ところがその最中に首相は何者かに暗殺されてしまう。
犯人の疑いをかけられたのが、この本の主人公、青柳雅春。
ところが、これは彼には全く身に覚えのないこと。
にもかかわらず、犯人に仕立て上げられ、追われる身となってしまう。

学生時代の友人、森田は言う。
「逃げろ!オズワルドにされるぞ」。
オズワルドというのは、ケネディ暗殺事件の時に、犯人に仕立て上げられ、殺されてしまった人物。
この暗殺を謀ったのは、何か他のもっと巨大な影の力で、
オズワルドは犯人に仕立て上げられただけ。
挙句に口封じのために殺されてしまった・・・と、憶測されている人物です。

まさしく、青柳雅春は、オズワルドにされてしまった。
それも、昨日今日でなく、
何年も前からこの計画が周到に準備されていたらしいことがわかってきますが、
本当に薄ら寒い気がしてきます。

ストーリーは、この青柳が追っ手を逃れていく様をスリリングに描いていくのですが、
彼の学生時代の友人たちとの交友場面が
フラッシュバックのように挿入されています。

「ゴールデンスランバー」。
これはビートルズのポール・マッカートニーが
ちりぢりバラバラになったメンバーを呼び集めようと作った曲。
バラバラになったビートルズと、自分の懐かしい昔の仲間たちを重ね合わせています。
青柳は、学生時代に親しくして、今はもうほとんど会うこともなくなっていたこの昔の仲間たちに、助けられていくんですね。
特に別れた恋人、今はすでに結婚していて一児の母の樋口晴子。
彼女の行動はもう、感動的で、泣けました・・・!
TVでイヤというほど、指名手配として名前も顔も流されている。
そんな中で、一体どうやって逃げきることができるのか。
この、旧友たちに限らず、いろいろな人たちの手助けがあるんです。
こんなところに心が熱くなってきます。
ややきな臭く、危ない世の中かも知れないけれど、
人はこういうこともできる・・・ってところがいいじゃないですか。
ちょっとほっとさせられます。
また、ラストも泣かせるんですよ。
この本にも、「たいへんよくできました」のスタンプを押しましょう!


さて、この本を読んだら、やっぱりビートルズを聴きたくなってしまいました。
「GOLDEN SLUMBERS」は彼らのラストアルバム「ABBEY ROAD」に収録されています。
短い曲で、歌詞も私でもそのままわかるくらい平易。
Once there was a way
To get back homeward・・・
と、始まる甘く切ないこの曲。

あの頃はそうは思わなかったけれど、
なんて輝いていた幸せな日々。
今はもう決して帰ることができない
失われた日々。

この本の底に流れる切ない郷愁の念と
実に良くマッチした曲です。
改めて好きになってしまいました。

満足度★★★★★

GOLDEN SLUMBERS

『本』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アラトリステ | トップ | チェ28歳の革命 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初挑戦 (たんぽぽ)
2009-01-18 09:51:34
追記です。
やっと、You Tubeの貼り方が解りました・・・。
この本の紹介には絶対、曲を付けたいと思ったんですよね。
まず、やりたい、その思いが大事ということです・・・。
自分で言ってりゃ世話はない。
この年で、頑張っていると思ってください・・・。
大変よくできました! (マカロン)
2009-02-09 21:57:30
私もこの本に押しました。
Unknown (たんぽぽ)
2009-02-10 20:09:58
>マカロンさま
コメントありがとうございます。
「大変よくできました」
やっぱり、桜の花の形のスタンプですよね。
懐かしいですねぇ…。 (マカロン)
2009-02-10 22:08:27
たんぽぽさま
あの頃は、よく叱られたけど、その代わりにいっぱい誉められましたよね。社会人になると、なかなか桜のスタンプは貰えませんが…。
伊坂作品が大好きなのですが、「モダンタイムス」も面白いですよ、絶対。

申し遅れましたが、たんぽぽさまのレビュー毎日楽しみにしています。今後ともよろしくお願い致します。
恐縮 (たんぽぽ)
2009-02-11 20:16:23
>マカロンさま
こちらこそよろしくお願いいたします。
そういえば、「モダンタイムス」はまだ読んでいないのでした。
できれば、近いうちに・・・。
今は評価のスタンプも、すごくいろいろあるんですよね。トトロとか、ちびまるこちゃんとか、ディズニーのキャラクターものなんかも。
そういえば、小学校の時に毎日ノートに日記を描いて、それに必ず先生がコメントを入れて返してくれた。そんな時期がありました。
考えてみたら、私の作文好きはそのときからかも・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ゴールデンスランバー (とつぜんブログ)
伊坂幸太郎      新潮社  小生はSF者ではあるが、冒険小説も大好きである。西村寿行、田中光二たちの冒険小説はほとんど読んだかな。だから、この作品を冒険小説として期待して読んだ。こういう小生の好みをご承知おきの上、以下のレビューをお読み頂ければ幸...
『ゴールデンスランバー』(伊坂幸太郎) 【感想&書評】 (Book A GoGo!!! ~本の読書感想ブログ~)
ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎新潮社 2007-11-29売り上げランキング : 1533おすすめ平均 Amazonで詳しく見る 本の内容 仙台市で凱旋パレードを...
伊坂幸太郎著 『ゴールデンスランバー』~僕にも“あの頃”と呼べる青春時代があった~ (ミステリーが好き・・・)
首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の話なので、スリリングな話かと思えば青春小説の趣であった。また、監視社会と首相テロの話ということで『魔王』のような不気味な話を期待しながら読んだが、それとも違っていた。 最後まで読んでも、全ては明らかにされないのだが、セキ...