映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

ボクの妻と結婚してください。

2017年06月09日 | 映画(あ行)
三村の願いを叶えることこそが



* * * * * * * * * *

バラエティ番組の放送作家三村(織田裕二)は、
膵臓がんで余命宣告を受けてしまいます。
これまで、世の中の様々なことを「楽しい」に変換することをモットーとしてきた彼は、
自分がいなくなったあとも、
妻・彩子(吉田羊)と息子には楽しく暮らしてほしいと思います。
そこで、妻の新たな結婚相手を探すことに・・・。



自分の病のことは後回し、ひたすら妻と息子のためを思う三村。
バカバカしくもありますが、ここまで貫き通すというのには、
さすがに胸をうたれてしまうのです。
妻と息子のため・・・という趣旨ながら、
実は妻と子から見れば、その願いを叶えることこそが三村のため、
という逆の発想につながっていくところがミソでした。



三村が探し出した妻の結婚相手・伊東(原田泰造)がまた、
なんで今まで売れ残っていたのかと思うくらいに好条件で、
実際いいヤツで・・・。
そこがうまくできすぎている気がしなくもありません。



三村が伊東に結婚の利点を語る所が良いですね。
家族と一緒に食べるとご飯が美味しい。
でもこれは、すべての結婚がそうではなくて、
三村の家族で、三村が居てこその美味しいご飯なんですよね。
でも、結婚ってなんだか良さそうだという説得力はありました。
ホロリとさせられるドラマでした。



ボクの妻と結婚してください。 DVD(2枚組)
織田裕二,吉田羊,原田泰造,高島礼子
東宝


「ボクの妻と結婚してください。」
2016年/日本/114分
監督:三宅喜重
出演:織田裕二、吉田羊、原田泰造、高島礼子、込江海翔
愛情度★★★★★
満足度★★★.5

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美しい星 | トップ | 「君の膵臓をたべたい。」住... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。