映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)

2017年07月17日 | 映画(あ行)
日本の戦後史ではなく、人々の戦後史



* * * * * * * * * *

向井理さんの祖母・芦村朋子さんの半生記を、
向井理さん自身が企画に携わり映画化したもの。


芦村朋子(尾野真千子)と芦村吾郎(向井理)は、
吾郎が南京へ渡るのを機に、結婚。
その後上海へ居を移したところで終戦。

着の身着のままで夫婦と幼い子供2人は、日本に帰り着き、
農家である妻の実家に転がり込みます。
しかしそこでの生活は楽ではなく、
吾郎は義父・忠(イッセー尾形)に、ごくつぶし呼ばわりされ、
辛い仕打ちを受けてしまいます。
いたたまれなく妻の実家を出て、運送業をしたり、トコロテン屋を始めたり・・・
夫婦で各地を転々としながら貧しい生活が続き・・・。



向井理さんの祖父に当たる吾郎という方の、
不運で不遇な人生に言葉をなくす思いがします・・・。

この方は、大学を出たインテリで、
人々の貧富の差に心を痛め社会主義の運動もしていたのですね。
地方の名家の出でありながら、その家を大変な不幸が襲い、
以後、ずっと彼自身の人生にも影がさしていたようです。
それでも、この人を慕い、支え続けたのが妻朋子。
この人は一見おっとりなのですが、思い切りがいいですよ。
冒頭、吾郎が「南京へ行くことにした。」というと
即、「私も行きます」という。
その後、どんなに貧しくても彼女はポジティブ。
吾郎に文句を言うでもなくいつも笑っている。
妻のこんな様子に、夫はどんなに救われたことでしょう・・・。
不遇な人生ではあったけれども、こういう妻と出会えたことが最大の幸福であったと思います。



そして、孫がこんなにもかっこよくて、人気があるとなれば・・・、
さぞかし草葉の陰でお喜びのことでしょう・・・と、思ってしまいます。
でもまあ、戦中・戦後、こんな風に人生に劇的な変動が起こって
苦労した方がたくさんいるのでしょうね。
と言うより、殆どの方がそうなのでしょう。
日本の戦後史ではなくて、人々の戦後史。
そういう体験をした方がだんだん少なくなって来ていますから、
もっと色々な方に発信していただけたらいいのに、と思いました。



映画では、現代、祖母朋子(野際陽子)が倒れ、
彼女がまとめかけていた手記を孫の理(成田偉心)がまとめるという体裁になっています。
それで、本作が野際陽子さんの遺作ということになり、
そういう意味でも意義のある作品です。


エンディングで流れる何日君再来(ホーリージュンザイライ)の歌は
なんと高畑充希さんが歌っていたんですね。
素晴らしい歌声でした。



「いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)」
2017年/日本/114分
監督:深川栄洋
原作:芦村朋子
出演:向井理、尾野真千子、岸本加世子、イッセー尾形、駿河太郎、野際陽子

人々の戦後史度★★★★★
満足度★★★★☆
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「K体掌説」九星鳴 | トップ | シークレット・ウィンドウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。