映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密

2015年03月21日 | 映画(あ行)
心震える実話



* * * * * * * * * *

アラン・チューリングは第二次世界大戦時、
ドイツ軍が世界に誇った暗号機“エニグマ”による暗号の解読に成功し、
連合国に勝機をもたらしたイギリスの数学者です。
本作は、その彼がチームで暗号解読に至るまでを描いていますが、
その偉業達成の物語と言うよりは、
アラン・チューリングその人の苦悩に満ちた人生を描いている
と言っていいでしょう。



ケンブリッジ大学の特別研究員、
27歳にして天才数学者と称せられるアラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)は、
ドイツの暗号の解読チームの一人となりました。
しかし、協調性のないチューリングは
他のメンバーと対立していきます。
そんな中、当時としては珍しい女性メンバーであるジョーン・クラーク(キーラ・ナイトレイ)が
アランを理解し支えるようになり、
次第に他のメンバーとも打ち解け、ようやくチームにまとまりができてきます。

アラン・チューリングはこの時、暗号解読のための大きなマシンを作成。
これが彼の名をとってチューリングマシンと呼ばれるのですが、
それでもなかなか成果が出ません。
ついには予算が打ち切られチーム解散寸前まで行きますが・・・。



暗号を解くまでの苦労話が実際メインではありますが、
実は、解いた後から苦悩は始まるのでした。
ここの展開が、実に意外ですが、
まさに「秘話」なのです。
英国政府が50年以上隠し続けたという・・・・。
彼らは「神」なのか、
それとも心を持たない冷徹な「マシン」なのか。
これだけでもとてつもない苦しみだと思うのですが、
それに加えてアラン・チューリングには特異な性癖がありまして・・・
つまり、同性愛者なのです。
あ、ネタばらしかもしれないのですが、
ここまでは映画解説などにもありますので、お許しを。
なんと、当時はこれが「犯罪」なのです。
並外れた頭脳を持ち、戦争終結への貢献は多大であるにもかかわらず
人々に忌み嫌われその上に犯罪者扱い・・・。
彼のその後の運命が最後に語られますが、
そうなるしかないか・・・と、辛いながらも納得できてしまいます。
絶望的に周囲に理解を得られず、孤独だったのでしょうね・・・。



そしてまた、おどろくべきことに彼の作ったチューリングマシンこそが、
現在のコンピュータの元になったものだという・・・。
実にノーベル賞をいくつもらってももらい足りないくらいの偉業なのですが、
その考案者に対してのこの仕打は、あんまりではありませんか・・・。
よく映画のキャッチコピーに「心震える」なんていう言葉が使われますが、
本作を見た直後の私、本当に「心震え」ていました。
ああ、「心震える」っていうのはこういうことだなあ・・・と逆に納得できたりして。



ここの所、実話を元にしたという映画を多く見ています。
「フォックスキャッチャー」、
「アメリカン・スナイパー」、
「博士と彼女のセオリー」
そして本作。
どれも衝撃でした。
人の世の出来事は、なんとドラマチックで不思議に満ちていて、そして悲しい。
「映画の力」を感じます。



「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
2014年/イギリス・アメリカ/115分
監督:モルテン・ティルドゥム
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、マーク・ストロング

歴史発掘度★★★★★
特異な人生度★★★★★
満足度★★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジゴロ・イン・ニューヨーク | トップ | もうひとりの息子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (風に吹かれて)
天才の悲劇 公式サイト http://imitationgame.gaga.ne.jp 実話に基づいた映画 原作: エニグマ アラン・チューリング伝 (アンドルー・ホッジス著/勁草書房) 1952年、
イミテーション・ゲーム (映画的・絵画的・音楽的)
 『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作(注1)が2014年のアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品ということから(注2)、映画館に行ってみました。  映画の冒頭では、「1951年 英国 マンチェスター」....
「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 孤独な数学者は人工知能の夢を見るか (はらやんの映画徒然草)
アラン・チューリングというと、ドイツ軍の暗号機エニグマが作り出す暗号を解読した人
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 連合軍を勝利に導く 静かな闘い。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
粗筋は、こんな感じ… 第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。 この解読不可能と言われた暗号解読に挑んだ、一人の天才数学者の物語。 英国政府が50年間隠した真実が今ここに・・・ そして結果、アカデミーで作品賞含め 7部門ノミネート。 ...
「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」 (ここなつ映画レビュー)
ここまで面白いとは!すごい、本当にすごい作品。「暗号解読」という、非常時には不謹慎と知りつつワクワクしてしまう題材は元より、一人の天才が、運命に翻弄されながらもその仕事に果敢に取り組む様に引き込まれる。必見。第二次世界大戦。ヒトラー率いるドイツ軍が破竹...
コンピューターの父を死に追いやるなんて。~「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」~ (ペパーミントの魔術師)
仲良くなってしまえば、別れはさびし。 機密書類を燃やしてるシーンなのに、キャンプファイヤーみたいで、 でもなんか切ないシーンでもありました。 天才だけどコミュ障ってほかでもそんな役やってへんか?(;´∀`) 機械にも暗号にも疎いやつにとってはただ命...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密  監督/モルテン・ティルドゥム  (西京極 紫の館)
【出演】  ベネディクト・カンバーバッチ  キーラ・ナイトレイ  マシュー・グード 【ストーリー】 第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリングはドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム...
『イミテーション・ゲーム』 Stay Weird, Stay Different (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  やばい。面白すぎる。  エニグマ、チューリング・テスト、ケンブリッジ・ファイヴ……。  この映画はスパイ小説や冒険小説、ミステリーやSFが好きな人にはたまらないものでいっぱいだ。これらの要素が入り乱れ、最初から最後までワクワクしっ...
暗号解読の真実とその後、 (笑う社会人の生活)
22日のことですが、映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 」を鑑賞しました。 第2次世界大戦下の1939年イギリス、数学者アラン・チューリングはドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。 高慢で不器用なアランは仲間から孤立し作業に....
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (The Imitation Game) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 モルテン・ティルドゥム 主演 ベネディクト・カンバーバッチ 2014年 イギリス/アメリカ映画 114分 ドラマ 採点★★★★ “普通”って単語を自分でもついついよく使ってしまうんですけど、いざ言われる立場に立つとその響きに暴力的というか脅迫的な印象を受...
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 (いやいやえん)
第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。世界の運命は、解読不可能と言われた暗号に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。英国政府が50年以上隠し続けた、一人の天才の真