映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

借りぐらしのアリエッティ

2010年07月20日 | 映画(か行)
サバイバルの「借りぐらし」



              * * * * * * * *

ある夏、少年翔が大叔母さんの家に静養にやってきます。

広いその屋敷には大叔母さんとお手伝いさんがいるだけ。
庭も手が行き届かないようで、様々な草木が生い茂っている。
そんな中で、彼は身長10センチほどの小さな人を見かけるのです。
彼女はアリエッティ。
この家の床下に父母と共に住んでいて、時々家のものを「借り」て暮らしている。


アリエッティの初めての「借り」の日


10センチの身長が意味するもの。
それはメルヘンやファンタジーが語るよりもずっと過酷です。
植物のジャングル。
猫や鼠などの巨大な生物。
虫も怖い。
家の角砂糖を「借りる」のでさえ、食器棚から降りたりテーブルに登ったりは、
とてつもない絶壁を上り下りするのと同じ。
私たちが過ごしているごく普通の日常の場が、彼らにとってはサバイバルの場。
これは「借り」というよりはむしろ「狩り」なのです。
そこでは父親が狩りのつとめを果たしていて、
たくましく頼りになるカッコイイお父さんだ。
・・・うーん、遠い昔から人々はずっとこういう暮らしをしてきたのでしょうね。
ちょっとノスタルジーも感じたりします。


通常はこのように壁の裏側を移動します。私たちの知らない世界。


さて、彼らが最も神経を使うのは、決して人に見られてはいけない、ということ。
もし、人に見つかったときにはすぐに引っ越しをしなければならない。
それが自分たちの身を守ること。

けれどアリエッティと翔は、お互い意思疎通を図るというタブーを犯してしまいました。
何も引っ越しまでしなくても、友好は保てるはず。
私たちはそう思います。
でも結局は、二人が交友を持ってしまったことがきっかけで、
事態は良くない方へ進展してしまいます。



光と影が美しい



このあたりは、自然と人間の関係をいっている様にも思います。
私たち人間は、自然を踏み荒らしたりする一方、
自然を救うつもりでお節介もします。
しかしそのことが、結局生態系を壊してしまう。
いっそ関わらない方がいい。
私たちが自然をどうにかできるというのが、思い上がりであると思えてきます。
けれど、こびとたちが「借り」ぐらしをするためには、
人間の生活している家の近くに住む必要があるのです。
好むと好まないとに関わらず、共生していく人と自然。
宮崎作品がずっと語りかけてきたテーマですね。

この作品では、10センチの身長に自分を重ね合わせて、
すごくスリリングな体験をさせてもらいました。
こうなると、人は怖いですね。
みなウルトラマン並み。
ダンゴムシを丸めて、ぽーん、ぽーんとボールのようにほおり投げて遊ぶアリエッティ。
ダンゴムシがちょうどイヌ・ネコサイズだったりするわけです。
想像すると、悲鳴を上げたくなりますが、アニメだとかわいい。

小人の少年も登場しますが、これが全くの野生児で、久々に宮崎アニメっぽいキャラです。
こういうオトコノコは好きだなあ。
小人たちの生活がとても丁寧に描かれていて、その世界にはまります。
滅び行くものたちへの哀愁を織り交ぜた音楽もとてもよくマッチしており、
私としては「ポニョ」よりも、ずっといいと思います。


美しく生い茂る野草。これぞジブリの世界。


原作はメアリー・ノートン「床下の小人たち」。
日本でも、ステキな小人たちの話がありますよ。
佐藤さとる氏の「だれも知らない小さな国」からはじまるコロボックルシリーズ。
かつての私の愛読書でもありました。
できればこちらをアニメにして欲しかった・・・。

だれも知らない小さな国―コロボックル物語 1 (講談社青い鳥文庫 18-1)
村上 勉
講談社



2010年/日本/94分
監督:米林宏昌
企画・脚本:宮崎駿
声:志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ... | トップ | 「雨無村役場産業課兼観光係... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (白くじら)
2010-07-24 00:23:52
はじめまして、MOVIE-DICの白くじらと申します。
「借りぐらしのアリエッティ」はまだ未観なのでコメントが書けないのですが、久しぶりにジブリらしい作品のようで期待しています。



実はこの記事に惹かれたのは、ラストの本の紹介です。
私も「だれも知らない小さな国」シリーズのファンで、子供のころ読んでずーと心の中に残っていたのですが、大学の頃に再会することが出来ました。そしてシリーズ化されていることも知って買って読みました。
イラストと相まって世界観もとてもいい作品だと思います。
アリエッティの話を聞いたときには、小人→コロボックル!→「だれも知らない小さな国」!!と叫んだものです。(^^;
せっかくの日本のアニメ、こちらの原作を生かせて欲しかったですね。

では。(^^)/ おじゃまーしました。
蕗の下の小人たち (たんぽぽ)
2010-07-24 16:23:51
>白くじらさま
コメントどうもありがとうございます。
コロボックルシリーズを知っている方がいて、うれしいです。
「借りぐらし」の予告編を初めて見たときに、ちょっと違和感を感じたのですが、それは私の中で、「こびと」のイメージが「コロボックル」だったからだと思うのです。
アリエッティたちは、どこか欧州あたりから帰化したのではないでしょうか。名前からして、そうですね。イングリッシュガーデンに住んでいて、似合いそうな感じ。
日本土着のコロボックルとは、別人種(?)なのではと、勝手に想像しています。
日本版なら、「蕗の下の小人たち」となりますね。
日本の床下は湿気が多すぎて、住みにくいでしょう
こんにちは。 (de-nory)
2010-10-19 07:36:44
たんぽぽさん。こんにちは。

>光と影が美しい

本当にそうでした。たんぽぽさんのコメント読ましてもらって、「そうだ、そうだ!」って感じです。

しまった!そんな感じの絵にすればよかった。
 (たんぽぽ)
2010-10-19 20:23:06
>de-noryさま
光と影のことについては、実はどなたかの解説にあったんですよ・・・。
ここに使っているカットの他にも、ティッシュペーパーに映るアリエッティの影とかもありましたね。
けっこうこの辺、監督は意識したのではないでしょうか。
翔は始めアリエッティの影を見て、なかなか実態を見ることが出来ない。そういうじらし方をしていましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
♯34 「借りぐらしのアリエッティ」 (ここはここ)
映画アニメ 「借りぐらしのアリエッティ」 を観ました          監督:米林宏昌 原作:メアリー・ノートン 2010年 日本 原作は全然知りませんが、シリーズものでしょうか? 何だか物語のごく一部を作品化した後味でした。 小人は本当に小さき人で、驚異...
借りぐらしのアリエッティ (Akira's VOICE)
飽きのこない「あっさり爽やか味」  
借りぐらしのアリエッティ (映画的・絵画的・音楽的)
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。 ...
『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか? (映画のブログ)
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと...
借りぐらしのアリエッティ  (墨映画(BOKUEIGA))
「滅びゆく種」 【STORY】(goo映画様より引用させていただきました。) アリエッティはとある郊外の古い屋敷に住んでる小人の女の子。 小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを必要なだけ人間の世界から借りて生活する、借りぐらしの種...
借りぐらしのアリエッティ (RISING STEEL)
借りぐらしのアリエッティ 病を患い手術を控えた少年ショウは療養のために山中の屋敷でひと夏を過ごすことに。 そこで彼は小人の少女アリエッティを目撃する。 人間に決して姿を見られてはならないの...