映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー

2017年10月26日 | 映画(さ行)
支配するものとされるもの



* * * * * * * * * *

名作「猿の惑星」をリブートした「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に次ぐシリーズ第3弾。
3年に一度のペースで続きが発表されているのですが、
どうも私は内容を忘れてしまうので、この方式は苦手で・・・。
今回も見なくていいかとも思ったのですが、本作が一応最後のようなので、
やはり見ることにしました。
それにしても、邦題の「創世記」、「新世紀」、「聖戦記」と
韻も字数もうまく揃えたものですね。
お見事!



さて、ストーリーは・・・
高度な知能を得た猿と人類が全面戦争に突入してから2年。
猿を率いるシーザーは森の奥深くに身を潜めて暮らしていました。
彼は猿と人は互いに干渉しないという方法で共生していくべきと考えていたのです。

しかし、人の奇襲を受けて妻と長男を殺されてしまったことから、
敵の冷酷なリーダー・大佐への復讐を誓います。
仲間を新しい隠れ場所へ向かわせ、シーザーは3匹の仲間とともに大佐を倒す旅に出ます。
そしてその道中、口をきけない人の少女と、動物園出身のチンパンジーも加わりますが・・・。



あんなに人と猿の共存を願っていたシーザーですが、
本作では一転して「人間憎し」の立場へ向かってしまうのが悲しい・・・。
「創世記」ではアルツハイマーの新薬を猿に投与したために、
猿が高度な知能を持つに至ります。
次の「新世紀」では、猿インフルエンザのために人類が激減。
そして本作で、いよいよあの“猿が支配する”地球となるための橋渡し。
一体どうして・・・? というのはつまり、
もともと人が蒔いた災いの種、ということか。



シーザー等、群れのリーダーを失ったサルたちは
あっさり人の軍隊に捕まり奴隷のように使役されることになります。
こんなところから、本作は「人と猿の物語」を超えて、
「支配するものと、支配されるもの」、「虐げるものと、虐げられる者の物語」
であるような気がします。
人類はそういうことをいつでも繰り返してきた。
それは人種の差であったり、宗教の差であったり、
時には貧富の差、性差であったりもする。
突き詰めればおなじ「人間」なのに。
だからこれは普遍的な、虐げられる者が闘争し、解放される物語。



猿たちがそれぞれ個性たっぷりなのが良かった。
中でもチンパンジーのバッド・エイプがナイスでした。
殺伐な争いの中で、ふと心をなごませてくれます。
どこまでも心優しいオランウータンさんもよかった・・・。
それを言ったらよほど人間の大佐のほうが凶暴だし。
シーザーに助けられた人間の兵士くんは
猿たちのために何かをするのかと思ってみていたら
結局何もせず虚しく死んでいったし・・・
「地獄の黙示録」のようでもあり「大脱走」のようでもある。
細かなシーンが結構興味深くて、退屈しませんでした。



ところで、シーザーの幼い子供がコーネリアス。今回登場した少女がノバ。
・・・ということはこのまませいぜい20年後くらいがあの「猿の惑星」なのでしょうか?
いや、いくらなんでもそれではスパンが短すぎる気がする。
やはりこれは、単に原典へのオマージュということか・・・。


<シネマフロンティアにて>

2017年/アメリカ/140分
監督:マット・リーブス
出演:アンディ・サーキス、ウッディ・ハレルソン、スティーブ・ザーン、カリン・コノバル、アミア・ミラー
「猿の惑星:聖戦記 グレート・ウォー」
謎解明度★★★★☆
満足度★★★.5
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「JR上野駅公園口」柳美里 | トップ | エイリアン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
物語り (もののはじめのiina)
2017-11-15 09:32:02
> それにしても、邦題の「創世記」、「新世紀」、「聖戦記」と韻も字数もうまく揃えたものですね。お見事!
ナイス・タイトルでした。

> 「創世記」ではアルツハイマーの新薬を猿に投与したために、猿が高度な知能を持つに至ります。次の「新世紀」では、猿インフルエンザのために人類が激減。
そして誰もいなくなったのではなく、猿の惑星になるのでした。

ご指摘の「人が蒔いた災いの種」なのでしょうね。ウンザリ
物語りの上では、巧く風刺しました。

Unknown (たんぽぽ)
2017-11-15 19:39:03
>iinaさま
映画はごく限られた地域のことを描くのみでしたが、実際は地球上の各地で同様の攻防戦があった・・・としなければ「猿の惑星」にはならないだろうと思ったりします。
そのあたりがちょっと物足りない。

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (ネタバレ映画館)
喋れないのは駅前留学しなかったからか!?
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 人間との全面対決の陰で新ネタ・新キャラ披露で奥行きが増した。
75『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』あぁシーザー (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
シリーズ堂々完結。 そして誰もが知るあの世界へ回帰する... 『猿の惑星:聖戦記(グレートウォー)』 ~あらすじ~ 猿と人類の全面戦争が始まってから2年が経ち、シーザー......
「猿の惑星 聖戦記」War for the Planet of the Apes (2017 FOX) (事務職員へのこの1冊)
Rise(創世記)、Dawn(新世紀)とつづいたリブート版「猿の惑星」完結編はWar(聖戦記)ときた。邦題が聖書っぽいのは、このシリーズの終わり方をFOX日本支社が予測していたからか......
猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー) (風に吹かれて)
そして猿の惑星になった 公式サイト http://www.foxmovies.jp/saruwaku-g 監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA 」 「猿の惑星:新世紀(
『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』には脱帽だ (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『猿の惑星』シリーズのリブート第一作『猿の惑星:創世記』(2011年)に、私はいささかの不満があった。旧シリーズに濃厚だった人種差別や人権問題を重視す......
猿の惑星 (もののはじめblog)
聖戦記 グレート・ウォー 名作「猿の惑星」をリブートした新シリーズ「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」に次ぐシリーズ第3弾。 新シリ......