せどりと株と時々食べ歩き

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

宇良、横綱日馬富士破り涙の初金星「信じられない」

2017-07-18 08:41:09 | 社会
もらい泣きしました。。

うぶさが良いね。

礼儀もきちんとしています。

引き上げる花道では必ず礼をします。

他の力士も見習ってほしい。

入門審査から注目していましたら

これで、全国的に認知されファンも増えるでしょう。

CMもありましたね。

大学時代には世界一になっています。

小兵が前に出る相撲をしているのに

勝てば良いという白鵬は凄い力士なだけに

記憶に残る力士じゃーないからな~~



大関とか難しいかもしれませんが

頑張って盛り上げてほしい。




ソースから

「大相撲名古屋場所・9日目」(17日、愛知県体育館)

 前頭4枚目の宇良が横綱日馬富士に挑み、とったりを決めて初金星を得た。宇良は6勝3敗、日馬富士も6勝3敗となった。

【写真】さすが業師! 横綱を下した決まり手は「とったり」

 立ち合い、低く出ていくと左へ動きながら相手の右腕を抱えて回り込み、日馬富士を土俵にはわせた。大歓声の中、勝った宇良がぼう然としたような表情になっていた。

 殊勲のインタビューに「自分の相撲を力出し切ることで精いっぱいだったので嬉しいです」と答えていた宇良だが、心境を問われると次第に涙声に。「もうちょっとはい。信じられないですね。ちょっと(言葉が)出てこないですね」と絞り出し、何度も涙を拭った。

 腕を取る取口は「いや…もう…体が勝手に動いて、そんな相撲になりました」。勝った瞬間も「ちょっと…よく分からないですね」という無我夢中の相撲でつかんだ初金星。前日8日目は白鵬との初の横綱戦に挑み、掬い投げで裏返しにされていたが、2度目の挑戦で殊勲の1勝となった。

 上位陣では横綱白鵬が輝を退け初日から9連勝で、千代の富士にならぶ歴代2位の通算1045勝目を挙げた。新大関の高安は小結嘉風に敗れ、2敗に後退。平幕では碧山が1敗を守った。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月10日  釣り | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。