ガンバレ、ニッポン

なんか、不安定なニッポンですね。

在日米軍基地の整備に韓国企業落札し、韓国製タイヤで自衛官死亡事故起こしていた

2016-11-30 14:28:35 | 政治、経済
キャタピラが外れたのも

韓国製だったのかなあ?

ニッポン おかしい!


ソースから

米軍基地の整備を韓国の企業が落札し、民主時代の韓国製品導入の付けか、自衛官が韓国製タイヤの爆発で死亡事故を起こしていた、というのです。
あの、事業仕分けと言う奴ですっかりやられたのか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金恵京

2016-11-30 11:07:04 | 政治、経済
最近

TVでよく見かけます。




ソースから

金 恵京(キム・ヘギョン、1975年 - )は、国際法学者、ニューヨーク州弁護士、日本大学危機管理学部准教授。
経歴[編集]
韓国・ソウルに生まれる。1996年、明治大学法学部法律学科に入学。2000年に同大学を卒業後、早稲田大学大学院で国際関係学を専攻し、2002年に修士課程修了。ニューヨーク州の弁護士資格を取得し、2006年にモリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所本部で勤務する。
2007年から2年間、ジョージ・ワシントン大学総合科学部専任講師・主任講師を務める。2010年、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科で博士(学術)号を取得。同年から2012年までハワイ大学韓国研究センター客員教授を務めたのち、2012年から2015年まで明治大学法学部助教を務めた。2015年、日本大学総合科学研究所准教授に着任する。2016年4月から危機管理学部准教授
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[インタビュー]「国民だました『韓日合意』は無効…諦めなければ正義は訪れる」

2016-11-30 10:27:13 | 政治、経済
日本人のほとんどが

関心ないから

どうでもいい話ですね。

日韓関係が面白くなりそう。。。



ソースから

正義記憶財団のチ・ウンヒ理事長  「昨年の12・28、絶対に忘れられない」 怒った市民による寄付金で「財団」発足 憲法訴願を提起し損害賠償訴訟中 「疲れを知らない市民の姿に胸が一杯になる」
 「昨年12月28日、韓日合意のニュースを聞いた瞬間を絶対に忘れられません。その日から2日間、何ものどを通りませんでした。日本軍慰安婦被害者が数十年間積み上げてきたものを、政府が一瞬で台無しにしたのではありませんか。どうしてそんなことができますか?」

 今月24日、ソウル麻浦区(マポグ)の戦争と女性人権博物館で会ったチ・ウンヒ「日本の性奴隷諸問題解決のための正義記憶財団」(正義記憶財団)理事長(写真)は、改めて義憤を隠せなかった。市民たちもまた「12・28合意」に憤りを覚えていた。合意の見返りに日本大使館前の少女像撤去を要求したという話を聞いて、大学生たちは24時間少女像を守り、水曜集会には数千人が殺到した。正義記憶財団は怒れる市民たちの募金で作られた。

 博物館に設置された少女像の前に座ってチ理事長は、断固とした声で「韓日合意」の無効を主張した。

 彼女は女性運動界の"大樹"のような存在だ。梨花女子大学社会学科を卒業してセメント関連会社に勤めていた1969年、栄養失調や過労で倒れた女性労働者たちを目撃し、女性運動に飛び込んだ。1983年には女性平友会の共同代表を、1998年には韓国挺身隊問題対策協議会の共同代表を務めた。公職に入門して盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時には第2代女性部長官を歴任し、徳成女子大学の学長を2期務めた。去年の韓日合意は、彼女を再び市民運動に呼び戻した。「故郷に帰ってきたような気がします」

 チ理事長は韓日合意を「嘘と欺瞞の上に積み重なった合意」と定義した。「政府は韓日合意の発表直後『政府は最善を尽くした』、『日本政府が謝罪した』などの嘘で国民を騙しました」

 最近、12・28韓日合意を朴槿恵(パク・クネ)大統領が独断で決めたという疑惑が、ハンギョレの報道によって提起された。主務長官であるユン・ビョンセ外交部長官が「3カ月間だけ時間の余裕を与えてもらえたら、改善された合意を導いてみせる」と朴大統領に要請したが、受け入れられなかったということだ。外交部はこのような疑惑を否定したが、チ理事長は依然として疑念を振り払えないと話した。彼女は「最近の時局を見ていると、その合意も朴大統領がしたのか、それともチェ・スンシル氏がしたのかも、分からない。 誰と相談したのか、疑わしい」としたうえで、「韓米日の軍事・安保協力強化のために生贄に捧げられたのが、韓日軍事情報包括保護協定とTHAAD(高高度防衛ミサイル)、そして慰安婦被害問題ではないだろうか」と指摘した。

 政府が設立した「和解・癒やし財団」は最近、日本が差し出した拠出金を被害者ハルモニ(おばあさん)23人に現金で支給したという。支給額が6000万ウォン(約580万円)、4000万ウォン(約380万円)などとまちまちであり、差等支給の疑惑も浮上した。「差等ではなく、分割支給するためにそのようにした」と財団側は否定した。

 チ理事長は「ハルモニたちにいかなる基準に基づいてそのようなことをするのか、あきれ果てる限りだ」とし、「ハルモニたちの状況を利用したものとみられる。ハルモニたちにこの癒やし金をどう説明したのかも分からない。一部の被害者たちが癒やし金をもらったとしても、日本に謝罪と賠償を要求をするのに、問題になることはないと考えている」と語った。

 今年8月22日、国家人権委員会から設立許可を受けた正義記憶財団は、韓国戦争当時の連合軍文書などの過去の資料を発掘し、被害者を支援する事業を担当している。被害者29人と遺族8人を代理して韓日合意に対する憲法訴願を提起し、被害者12人と共にソウル中央地裁に韓国政府に対して一人当たり1億ウォン(約960万円)の損害賠償訴訟も起こした。

 正義記憶財団は、韓日合意1周年を迎える来月28日、被害者・遺族らと共に韓国の裁判所に日本政府に対する損害賠償請求訴訟を提起する計画を立てている。チ理事長は「七十を過ぎた私が街頭に立たざるを得ない状況を作った政府を見ると、ため息が出るが、数十年間諦めなかった市民を見ると、胸がいっぱいになる」として、「量的変化が質的変化をもたらし、歴史の進展が起きる。遅々としているように見えても、常に記憶して行動すれば、(いつかは)正義が訪れると信じている」と話した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朴大統領の談話は「退陣宣言」 韓国与党が評価

2016-11-30 10:25:03 | 政治、経済
ソースから

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が29日、3回目の談話を発表し、任期短縮を含めた進退問題を国会の決定に委ねると表明したことについて、与党セヌリ党の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)院内代表(日本の国会対策委員長)は同日記者団に対し、「国政の混乱を最小化するために国会が決めたすべてのことに従うという話」とした上で、事実上の退陣宣言と評価した。

 また、大規模集会などで国民が求めたものは朴大統領の退陣であり、今回の談話はその要求に対する朴大統領の答えだと考えると話した。

 鄭氏は議員総会で朴大統領の談話について、「現職の大統領としてすべてのものを下ろすという意思の表明と考える」とした上で、「大統領は国民に降伏を宣言した」と述べた。

 また「大統領のきょうの談話には、秩序正しい退陣のために与野党が協議してほしいという要請があった」と指摘した上で、「国政の混乱を最小限にしようとする大統領の苦心が込められていると考える」と話した。

 さらに「弾劾(に向けた)議論は大統領が退陣しない状況を前提に進行していたもの」とした上で、「状況変化があったため、二つの野党と大統領の弾劾手続き進行について、原点に戻り、議論する」と説明した
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幼稚園から韓国語を教える教育を。。。

2016-11-28 16:50:23 | 政治、経済
。。。。?



ソースから


民族教育振興策を協議…民団と在外同胞財団が共催

開会あいさつを述べる民団中央本部の許槿一副団長

 在日同胞の実態に則した民族教育の振興について考える会議が2月26日、東京・港区の韓国中央会館で開かれた。在外同胞財団と民団中央本部による共催で、東京韓国学校の教師や大阪の民族学級の講師ら20余人が出席した。

 まず、民族学校について検討した。「同胞社会の存続のために必要だ」という認識では一致したものの、現実には学生数の減少と在学生の国籍の多様化、財政確保の厳しさなどから困難さを抱えている。そうした現実を踏まえ時代の要請である民族教育とグローバル教育をいかに進めていくのかについて意見が集中した。

 東京韓国学校の鄭台棟中高等部校監は、「韓国を土台にした国際学校に、アジア人として世界人になる学校が目標。ゆくゆくは幼稚園から韓国語教育ができる学校に」と抱負を語った。

 民団が運営する韓国語教室は在日同胞のアイデンティティー確立に寄与するのが本来の目的だが、在日の受講生数は伸び悩んでいる。オリニを体系的に教える土曜学校のプログラムの充実を求める意見もあった。

 堺市立少林寺小学校の民族学級で民族講師を担う朴理紗さんは、「民族学級のノウハウは全国の同胞に必要。そのシステムに対して民団は支援すべき」と要望した。

 主催者側は次世代教育の一環として、在日同胞の小・中・高校生を対象にした夏休みの本国キャンプも提案された。ここでは韓国の歴史や文化ばかりか、K‐POPの体験イベントもカリキュラムに取り入れたいという。

 民団と財団は「同胞社会や本国社会、国際社会に寄与する韓民族の人材育成」を目指して、今後も協力しながら実態調査を進めていくことで意見が一致した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加