ガンバレ、ニッポン

なんか、不安定なニッポンですね。

辛ラーメンから発がん性。。。

2016-11-12 08:30:37 | 政治、経済
韓国が誇る辛ラーメンって

食べたことがありません。

どんな味なんでしょうか?



ソースから

ゴキブリ混入の報道[編集]
2008年6月20日、朝鮮日報は辛ラーメンにゴキブリが混入していたと報道した。しかし、7月2日に朝鮮日報は製造工程とは無関係と報道した。
食品の薬品安全庁は農心の辛ラーメンからゴキブリが発見され、チャパゲッティからは、蛾が発見されたとの消費者の主張が提起され、調査した結果、ゴキブリの場合、ラーメンの製造過程で袋の中に入ったものではないことが発覚したと1日に明らかにした。食薬庁はラーメン工場の内部にはゴキブリが発生するような環境はなく、ラーメンを切断して揚げる製造工程上、ゴキブリが姿のままラーメンに混入される可能性はほとんどないという結論を言及した。
発がん性の報道[編集]
2011年6月12日、香港ケーブルテレビは中国産の辛ラーメンから発ガン性の高い可塑剤(DEHP)が検出されたことを報道した。
これに対して中国政府は14日、調査を行った結果、検出されなかったと発表した。韓国メディアは「中華圏メディアの報道は誤報」と伝えた。
辛ラーメンをめぐっては香港のケーブル放送が8日、「中国上海工場で作られている農心の辛ラーメンのスープからDEHPが1.3ppm検出された」と報じたことから大きな波紋を呼んでいた。中国の上海質量監督総局技術研究院は14日、辛ラーメンの袋麺とカップラーメン、サバル麺、ノグリ、キムチラーメンなど5種類のインスタントラーメンを調査した結果、DEHPは全て基準値(1.5ppm)以下で、品質調査に「合格」したとの報告書を提出した。同研究院は香港での報道を受け、市場に流通する農心製品を自主的に回収し、調査していた。
中国政府が先がけ、香港やシンガポール政府は辛ラーメンの調査を実施し、DEHPが検出されなかったことをホームページを通じて発表している。だが、韓国メディアは誤報が判明しても農心が受けたダメージは大きいとの見方を示した。すでに香港やシンガポール、中国などの各メディアは、内容を確認しないまま関連内容を相次いで報道。中国国内で辛ラーメンの売上は、2010年8000万ドル(約64億円)を記録したが、今回の事態により売上が短期的に落ち込むことに加え、高級ラーメンというブランドイメージに傷が付いた損害は大きいと伝えられている。
現在、中国の仏系スーパーマーケットチェーン「カルフール」は販売の中断を発表し、他のスーパーマーケットも陳列棚から卸している状態という。農心の関係者は、「中国政府の調査結果を流通業者に送り、販売を継続するように伝えるなど、あらゆる方向から対応している」と話した。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ経済は、実は「大化... | トップ | 奄美・琉球の世界遺産に中国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治、経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。