たのしいおんがくAct.2

三度の音楽より飯が好き!

時をかける音源。

2017-06-16 23:19:52 | DTM・MIDI

こんばんやー!Kawasemiです。
今日はかなり昔に作った音源ひっぱってきた!



ロマンシングサガ1のアレンジアルバムの耳コピなんだけど、
つことる音源が10年くらい前のやつなんだZE!
ヴァイオリンはGARRITANのストラディバリ、(Sample Modeling社の前身ですな)
ピアノ、ウッドベース、ドラムスはYellow toolsのIndependenceから。
アコーディオンはNative InstrmentsのKONTAKT付属のもの、
あとギターはVir2のLEGENDなんちゃらのギブソンだと思います。(たぶん)

ストラディバリは当時からなかなか評判のいい音源で、
サンプルと物理モデリングを組み合わせた音源の先駆けだったと思います。
Garritan社と権利関係で揉めて別離したのがSample Modeling社らしいですw

んで、そのSample Modeling社が出してる結構 新しめなヴァイオリンの音を聞いて
なんか懐かしい感じがするな~と思ったら、やっぱ昔出したライブラリと
音が似通ってるなぁ~と。そうでもない?どうかな。どうだろ。
ちなみにストラディヴァリは今のKONTAKTで使おうとするとバグがすごいです。
ランダムで鍵盤が押しっぱなしになったりするので使い物になりませんw
まあだいぶ前にディスコンになった製品だしね……。
当時買いそびれて今でも欲しい人もいるかもしれないけど、中古品を
権利譲渡とかクリアしてまで導入するようなものではないです。
大人しくSample Modelingの新作を買いましょう~。

ギターもElectri6ty(スペル違う気がするw)の前身であるLegendなんちゃらですが、
こいつはさすがに今となっては古臭いサンプル音源丸出しですな~。
最近のギター音源だと、片手でコードを押さえながら2,3個別のキーを打鍵するだけで
簡単にバッキングを刻んだりできますが、Legendなんちゃらはオクターブに配置された
コードを交互に弾くような簡素な造りだったように思います。
(C1とC2を繰り返すとCコードアップダウン、キースイッチで7thに切り替えたり、的な)
セールで8千円くらいで見かけることもありますが、今となっては……
うーん、2、3千円くらいなら買ってもいいかもねw まあ古い音源です。
アルペジオつまびくような曲には悪くないかもなぁ。音はすごい好き。

余談だけど、Pettinhouseのギターもしょっちゅうセールしてるけど
個人的にはあまりオススメできる音源じゃなかったかなw
音自体は悪くはないんだけど、Kontaktで読み込むときにほとんどが
Multi仕様なのがいただけない。あと同時期にOrangetreeのギター音源を
買っちゃったのもマイナス要因だったりw なんというとばっちり。
OrangeTreeが良すぎたんだ(ヽ´ω`)

あとはなんだろ、最近使ってて思ったんだけど、
やっぱBestserviceのENGINE使ってる音源は使わないほうがいいかもしれない。
ERA2に限ってなんだけど、Elasticとかいう機能のせいで
アンノウンエラーで落ちたりと結構ヒドい。どうすれば改善するか検討もつかない。
もともとがYellowtools開発ということでいいイメージ全く無いんだけど、
64bit環境では割と安定してから油断してたんだよね……。
ERA2の内容もFluffyAudioやSonicCoutureが古楽器音源集出したりしてるし
唯一無二の存在じゃなくなってきたので、KONTAKT持ってるなら
上記二社のものを検討してもいいんじゃないかな~と思う。
Fluffyのなんて、ついぞ先日出たばっかりなうえに音もすこぶる良い!
セールになったら買う。(真顔)

そんなわけで次の音源は、セールで買ったFluffyさんの
フルートとチェロでなんか鳴らしてみたいと思いまーす。
いちかばちかだよ!!(何が)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姿かたちも十人十色。 | トップ | 体脂肪、でてこいや! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

DTM・MIDI」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。