さすらい塞翁が馬

(旧タイトル『さすらい教師・大陸系』)

日本語教員として働いた中国での日々。
そして、帰国後。

入院23日目

2017年05月19日 18時41分29秒 | Weblog
昨夜は地獄のような一夜だった。
消灯時間の9時過ぎ、モーレツな腹痛と吐き気におそわれ、夜中から朝にかけて何度も吐いてしまった。
看護師さんもいろいろ見てくれたが、原因がサッパリわからない。
そもそも吸引機を付けているのだから、吐くはずはないのに。

朝、日勤の看護師さんにも見てもらったところ、原因がやっと判明した。
現在私の鼻・頬・首にはテープで管が固定してあるが、首の部分の管が屈曲していたのだ。
これではお腹の中のものを吸い出せない。
管を貼りかえてらもらったら、すぐに私の容体も吸引機の調子も良くなった。

午後、肺活量の検査から戻ってきたら、父が来ていた。
「ちょっと顔を見に来た」というが、実家からここまでは決して“ちょっと”の距離ではない。
しかも父はもう後期高齢者だ。
そして、交通手段と言えば専ら自家用車で、今まで一人で電車に乗って出かけるなんて事を余りしてこなかったタイプだ。
そんな父が一人でやって来た。
感謝しかない。

家族は皆、私の事をとても心配してくれている。
一刻も早く退院して、安心させたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入院22日目 | トップ | 入院24日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL