おすそわけの素

どうでもいいんだけど他の人にも話したくなるような
ちょこっとした話。

小さなジャムの家

2006年01月31日 | Weblog
昨日は、新宿伊勢丹で催されていた『チョコレートフェア』
(もっと洒落たイベント名だったと思います。)
へ、行ってきました。

いつもお世話になっているワニマガジン社の
新しい本『小さなジャムの家』の著者である
クリスティーヌ.フェルベールさんのコンフィチュール
とチョコのお店が、その催しに出展していると
聞いていたので出かけて来ました。
(コンフチュールは、ジャムのようなソースのような
ものらしいです。)

可愛い瓶にはいった、めずらしい材料のコンフィチュール
は、フランボワーズとすみれの花、パイナップルヴァニラ味
洋梨ジャスミンティー味など、どんな味なのかと
わくわくしてしまう組み合わせの食材を使ったものばかりでした。

売り切れているものも沢山あった中で、残り1個になっていた
『イチヂク』のコンフィチュールを買って来ました。
到着したのが、終了の10分前になってしまい、ゆっくり見る事が
できなかったのが残念でした...が、本にもおいしそうな
コンフィチュールのレシピが沢山載っているので
眺めて楽しみます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無駄がない

2006年01月28日 | Weblog
クリスマスの時期に買い物をして入れてもらった紙袋。
白にメタリックのシルバーできれいな雪の結晶の
柄が、付いています。
それを、ぼ~っと眺めながら、他のお店も似たような柄
の紙袋だったな~これならクリスマスの25日を
過ぎても冬の間中使えるし...。
昔は、もっとクリスマスーっという感じの色、柄
が、溢れていましたが、合理的で無駄も少なく
良いことです。

そういえば、テレビもフジカラーは、もちろんですが
もっとお正月ならではのCMってありましたよね。
今年などは、記憶に残っていないだけなのか、
見た憶えもありません。

話題は、少し変わりますが、今年はバレンタインデーも
自分や友達にプレゼントする傾向があるようですよー。
確かに1個200円、300円するチョコは、差し上げる事はあっても
自分で買って食べる機会はないので、その傾向には
私も乗っても良いかな~なんて思ってしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年初

2006年01月27日 | Weblog
今日は、『tutu』のホームページに今年初の新作を
アップしました。

人足お先に春を感じてもらえるような
ピンク!ピンク!のキュートなドレスが
揃いました。

よろしかったら、ご覧下さいませ。
と、言っておきながら写真は、ピンク
じゃなかったですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

志の輔inパルコ

2006年01月26日 | Weblog
昨年の年末に『横浜にぎわい座』にて立川志の輔さんの落語を
聞き、そのおもしろさにすっかり魅了されてしまった
私なのですが、今回2度目となる『志の輔inパルコ』の
昼の部へと行ってきました。

1ヶ月公演の最終日のしかも追加公演です。
ロビーには、期待通りの糸井重里さんや
山藤章二さんなどの顔もありました。

『買い物ぶぎ』『歓喜の歌』など志の輔さんが、作った新作の落語です。
設定は現代なので、とてもわかりやすくとってもおもしろかったです。
『歓喜の歌』は、公民館が、12/31に似た名前のグループ名のママさん
コーラスの発表会をダブルブッキングしてしまうという噺で
公民館のおじさんとママさん達のやりとりが、
おもしろ、おかしく、時にほろりとさせます。
(私は、ほろりどころではありませんでしたが)
ネタをばらしてしまうと(最終日なので)噺が終わると
後ろの衝立が、左右に開いて本当にママさんコーラスの
方々が、ずら~っと並んでいて志の輔さんの指揮で『歓喜の歌』
を歌うという、とってもエンターテイメントなステージでした。

機会があったら、ぜひ!おすすめです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

KAWAII

2006年01月24日 | Weblog
日本語の中で世界の共通語になっている
言葉があります。
TUNAMI(津波)やMANGA(漫画)OTAKU(オタク)。
など、など。

フランス語を世界で一番美しい言葉と絶対の
自信を持つフランスでも、『KAWAII(可愛い)』が
浸透しつつあるようです。
フランスで開かれるファッションの展示会などに
出かけてゆく、日本人のバイヤーが、新作を見ては
『可愛い~!』『可愛い~!』を連発している
のですっかりフランスの方も覚えてしまって
普通に使われ始めているようです。

女性は、何でも『可愛い、可愛い』と言い過ぎる
と揶揄されたりもしますが、実際、可愛いものは
可愛いのだからしょうがないのです。
この私達が、感じる『KAWAII』のニュアンスが
うまく伝わって、世界の共通語になったら
楽しいなと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の風景

2006年01月23日 | Weblog
土曜日に降った雪も、随分と溶けてきました。

昨日は、朝から雪かきでした。
通りへ出るまでの道や、階段に積もった雪を
ちりとりを使って隅によけたり。

普段は、あまり聞こえない子供の声が
聞こえて来ました。
雪=滑る だったとみえて雪の上では
使い物にならないキックボードのような
もので雪の溶けた道路を滑っていました。

駅前まで行けば、大人は安全な乾いた道路を
歩いているのに、子供は、まだ日陰に残る
凍りのようにシャリシャリした雪を見つけては
楽しそうに踏み付けながら歩いていました。

子供は、みんな同じだな・・・
と、微笑ましく眺めていた一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪といえば...

2006年01月22日 | Weblog
朝起きてカーテンを開け、雪が積もって
いるのを見た時の、『わーっ』というなんとなく
嬉しい気持ちは一生変わらないような気がします。

横浜も、随分と積もりました。
でも、あんまりどんどん降ってくると
このまま埋もれてしまうのかとちょっと不安になります。
でも、新潟や雪国の人の生活の事を考えると
そんな事言っていられませんね。

雪といえば、原付きバイクに乗って駅まで
通っていた高校生の頃の事を思い出します。
雪が、降った何日後かのこと。
バイト帰りの夜、路肩には雪の残骸がまだ残っていたので
それを避けるように道路の真ん中を走っていました。

ところが、自動車のタイヤがあたる事のない真ん中には
黒くよごれた雪が残っていて、その上を気付かずに
走ってしまいスリップして転倒してしまいました。
右肩を打って、着ていたコートも破けてしまいました。
後から、考えるとヘルメットもかぶっていなかったのに
頭を打たなくてよかったとか、後続車がいたら
轢かれていたかも...と恐ろしくなりました。

雪が、やんだ後のほうが、危険がありますので、
気をつけましょうねー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すこっととすきま風

2006年01月20日 | Weblog
先日、仕事帰りに昨年からなかなか会えなかった
友達と下北沢で待ち合わせしました。

入った事はないけれど、友達が
以前から気になっていたという『すこっと』という洋食屋さんへ。
玄関の木戸をがらがらーっと開けすぐに階段を登ると
洋食屋さんというイメージとは、まったく違う
何方かのお宅の和室に通されたようなお店でした。

靴を脱いで上がり、ふすまを開けるとふわ~っと
暖かい空気が、流れて来て家に帰ってきたように
落ち着きます。
無造作に置かれたかぶとや火鉢などを見ていると、
まるで祖父母の家に、来ているようでした。

渋谷に住んでいた祖父母の家は、こんな大都会の
真ん中にまだこんな家があるの!?というような
木造の古い家でした。
だから、泊まりに行って寝る冬の夜は、今思うと
とても寒かったのです。
木わくにガラスをはめた窓(障子のガラス版)からは、
すきま風が入り(中には、割れているところもありました。)
寒いのなんのって!もちろん、お布団は、おも~~い
綿布団です。

そんな事を思い出してしまう雰囲気なのです。
ハンバーグセットは、ご主人が作って奥様が、運んで来てくれる
という、増々アットホームなスタイルで、おいしく
頂きました。
また、のんびりさせてもらいに行きたいお店でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えんがわ

2006年01月19日 | Weblog
今日は、やぼ用と仕事で一日に2度自由が丘へと
行ってきました。

昼間は、出たついでに前々からいごごちの良いカフェという事で
噂に聞いていた『えんがわ』へ行ってきました。

駅から、徒歩15分程かかる静かな高級住宅街の中に
ポツンとありました。
小さな木の看板が出ていて、雑然と生えた木々の
お庭の奥にある一軒家がお店になっています。
初めは、営業しているのかしら?と日射しに反射して
中がよく見えないガラス戸に顔を近付けて覗いて
しまった程です。

スコーンを頼みましたが、全粒分のスコーンと
濃いめにはいったアッサムのミルクティーが、
良く合ってとてもおいしかったです。
久しぶりに、ひとりでゆっくりした時間が過ごせました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おススメありますか?

2006年01月18日 | Weblog
美顔器のイオン導入器を欲しいと思っています。
以前から、使っている人の話を聞き
興味はあったのですが、ちょっと面倒という
意見もあったし、それ程効果があるのかしら?
という気持ちもあり、その上どうやって使う
ものなのかも解らずそのままになっていました。

でも、さずがに冬の乾燥には、参っておりまして
最近、会った友達にも『ほんとに、いい?』と
再確認してみたうえで、欲しくなって来ました。
今日、レッスンの帰りに電気屋さんを見てみましたが
やっぱり、どれが良いのか解らずに帰ってきて
しまいました。
結構、自分の中で買うまでに時間のかかる
タイプでして...。
(おとし玉の時計は、決断まで早かったです。)

友達に聞くと、値段の違い程性能に変わりは無い
という事らしいです。
お使いの方でおススメの物ありましたら、
教えて下さいませ♪

コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加