おすそわけの素

どうでもいいんだけど他の人にも話したくなるような
ちょこっとした話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時のながれって…

2005年10月31日 | Weblog
友達に話す『ねぇ、ねぇ、聞いて!』みたいな話で恐縮ですが
(いつも、そうですよね)
昨日、本屋さんで『マキア』という美容系の雑誌をパラパラと
めくっていたら、B.Bことブリジット.バルドーの写真に驚いて
思わずその本を買ってしましました。
(菅野美穂さんの表紙です。)

アメリカの女優さんと違いヨーロッパの女優さんは、整形などは
あまりせずに、ナチュラルに年齢を重ねていくという主義の
人が多いのは知っていました。
ブリジット.バルドーが、若い頃の面影を思い出す事も虚しいくらいに
しわくちゃ(失礼かと思いますが、これしか表現できる言葉がありません)
になっている事は、時々雑誌で見て知っていました。
でも、パラパラとめくったページの左半分にドアップの顔写真を
見たときには、『今のは何!?』と、通り過ぎてしまったページを
後戻りしてしまいました。

そこには、67歳にはとても見えない(雑誌には100歳くらいにしか
見えないと酷評が書いてありました。)姿がありました。
ヨーロッパの方々のバカンスの過ごし方、つまり日焼けも
重大な原因のひとつのようです。

日々の生活の中で、つい面倒くさいなんて言って怠けてしまい
そうになった時には、その写真を見て自分を戒めようと心に決めました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

まだ、慣れません

2005年10月30日 | Weblog
夜道で向こうからくる人が、携帯の画面を
覗きながら歩いてくると、顔がぼ~っと光に照らされて
明るくなっている事があります。

ある日、夜の住宅街を歩いていました。
角を曲がると、向こうから歩いてくる女性の顔が
青白くぼや~っとしていました。
わたしは、心の中で『なんだろう?』と思いながら
あまり見てもいけないのでそのまますれ違いました。

それから、2週間くらい経った頃、またもや向こうから
青白い顔の女性が、歩いてくるのです。
あの時と、まったく同じ角で同じ距離感だったので
『あれ、前にもこんな事が...』
私は、まだ携帯だと気付いていません。

『回りは、暗くて街頭もまばらなのに、何故あの人の
顔だけが、明るいのだろう...?』と真剣に考えながら
近づいて来た時に、初めてその人が携帯の画面を
覗き込んでいる事に気がつきました。

キャー、恥ずかしい~とひとりで照れてしまいました。
でも、今だに向こうから来る人の顔が明るいと
すぐに携帯だと、ピン!と来ません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロフェッショナル

2005年10月29日 | Weblog
ブログの壁紙を元にもどしました。
我が家に帰って来た時のように、なんか
ほっとしますね。

Tさんからの電話で、今日初めて入ってみたレストランが
とてもアタリだったという話しを聞きました。
料理もおいしかったのですが、担当してくれたウェイターの
男性の対応が、とても良かったそうです。
日本の方ではなかったそうで(多分インドとかではないかとの事)
4人分の注文をメモするでもなく覚え、子供達にも時々
『おいしい?』なんて声を掛け、とり皿もまめに替えてくれて
気持ち良く食事が出来たそうです。
(日本人のようにマニュアルに捕われていないんですね)

先日、わたしが入ったお店では、注文した時に
内容を確認するのはまだ善いとして、持ってきては
確認、すべて揃っては確認、レジでも確認。
少しは、自分の責任で注文を取って欲しいと思って
しまいました。
4人連れのお客様で、それぞれがそれぞれの食べるものを
言ったとしたら、持ってきた時には何も聞かないでも
それぞれの前に注文の品を置いて欲しいくらいです。
それくらいは、記憶できる範疇ですよね?

マニュアルよりも自分の頭で考えて仕事ができるように
教える方がよっぽどよいお店になるような気がします。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

びっくり症

2005年10月28日 | Weblog
びっくり症という病気を持っています。
心配には及びません、他の人より大きく驚いて
しまうという情けない私に姉が付けてくれた
病名なのです。

急に大きな声で声をかけられたりして
驚くなんて言う事はあたりまえ。
ちっちゃなゴミを虫だと思って『ハッ!』と
声をあげるものだから他の人が『どうしたの?』
と聞いてきますが、理由を言うと大抵呆れられます。

以前住んでいたマンションの1階廊下、目の高さの
塀の上にミーコというネコが、気持ち良さそうに
寝ていました。
が、びっくり症の私は、それに全然気付づいていませんでした。
真横に来て気が付いた時はもう遅く、『うわっ!!!』と
ものすご~く驚いてしまいその場でシタバタしてしまいました。
ミーコのほうもその私の驚きに驚いて塀から落ちそうになって
バタバタしていました。
あんなネコを見たのも初めてです。

効く薬はなさそうなのでずっとこの病気を抱えて
生きてゆく事になりそうです。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

センスについて考えた

2005年10月27日 | Weblog
センスが、良いとか悪いとかいいますが
その境目は、誰が決めたものなのでしょうか?
確かに、ある一定のラインはあるような気はします。

花を生ける、料理を作る、髪を切る。
踊りを踊る、歌を歌う、文章を書く
すべてにセンスが、必要です。
技術はあるけど、センスがない。
これ程悲しいものもないような気がします。
センスはなくても他の人にセンスがある事は
何故か解ります。

ビーズ教室の生徒さんが、
『先生のようにセンス良く出来ないから~。』と
言くれるので、素直に喜んでいるわたしは、
おいしいという事は解っていても同じような味に
料理を作るセンスがない。

でも、まだまだ諦めてはいません。
センスを磨くという言葉もあるくらいだから
良いものをたくさん見て、回数、経験を積めば
なんとかなる部分もあるのだと思います。

がんばりましょう~




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おみやげ

2005年10月27日 | Weblog
tutuのサイトで長い間品切れになっていた
ミニトルソーの販売を再開したのですが、
レッスンで出かける事が、続く日に販売を
再開してしまい、夜なべして明細の返信やら
パッキングをしている、なんとも計画性のない
わたし・・・という今日この頃です。
なにかといつもよりお時間かかってしまって
おりますが、ご容赦くださいませ♪

鎌倉のともだちに豊島屋の『鳩サブレー』を
もらいました

奈良のともだちは、実家に帰る時には、家族の
リクエストでいつも舟和の『芋ようかん』を買っていました。

コージー.コーナーの¥100ジャンボ.シュークリームが
全盛の頃、大阪のともだちのところへ遊びに行く時に
おみやげに『シュークリーム買ってきて!』と
リクエストされました。

デパートで売っていると全国どこでも買えるものと
思ってしまっていましたが、案外思い掛けない
ものが、リクエストされるもんだなと思いました。

そんな訳で鳩サブレー、今日の『夜のおやつ』となりました。
どこから食べよー?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

満喫♪

2005年10月24日 | Weblog
昨日は、久しぶりに気持ちの良いお天気でした。

このブログでも度々登場して頂いている
茅ヶ崎のSさん邸へおじゃまして来ました。
いつもは、駅からすぐタクシーに
乗ってしまうのですが、お天気が良いので
ふらふらと歩きながら向かいました。

茅ヶ崎は、湘南と言われて海のイメージが、強いの
ですが、本当に日射しも心無しか強く感じられ
街ゆく人の服装のラフさ加減もなんとなく湘南らしくて
性格ものんびりしてしまいそうです。

Sさん宅では、宝塚DVDを解説付きで鑑賞し、待望の
旦那だまの宝塚ダンスを見せていただき、大満足でした

夕食には、鶏の手羽先のオーブン焼きポテト添え、
ホタテのオイスターソース炒め、サラダ、ひじきご飯、
ゴボウのサラダなど、手料理を堪能しました。

写真は、リビングの暖炉。
ステキなインテリアや良い香のするお宅に
おじゃますると、いつもすっかり落ち着いてしまいます。

また、おじゃまさせてくださいね、sさん!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お風呂の楽しみ

2005年10月22日 | Weblog
関当地方は、今月に入ってから晴れた日が
数日しかないそうです。
今日は、朝から曇っていましたが、
夕方に雲が、淡いピンクに染まる
きれいな夕焼けが見られました。

段々、寒くなって来てお風呂でゆっくり温まりたい
季節がやってきました。
昨年は、乾燥させたよもぎがパックされている
入浴剤をせっせと入れていました。

時には、バラの香りにしたり、グレープフルーツの香りが
若さを保つと聞けばグレープフルーツの香りの入浴剤を
選んだり、泡の風呂にしてみたり。

香りもよいのですが、もうひとつとてもよい事があります。
お風呂に凝る人は、暗くしてキャンドルを浮かべたり
なんてことをしたりもするようですが、そんなに大変では
なくとてもリラックスできる方法があります。

それは、生花を飾る事。
部屋に飾った花の中の1本でもいいですし
葉っぱだけでもよいのです。
飾っている時は、気付かないのですが
萎れてしまって、途切れてしまったりすると
お風呂に入った時に、なんか淋しく感じ
花が無い事に気付き、あった時の良さを実感します。

無機質な素材の中に、ひとつ自然のものが
あるだけで、気付かないうちにリラックスしている
ようです。

今は、ピンクがかった長い丈の葉があるので
ちょっとした熱帯の雰囲気を楽しんでいます。
是非、一度お試しあれ♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅気分

2005年10月20日 | Weblog
古本屋のワゴンで見つけた山本益博さんの
『味な宿に泊まりたい』という本を読んでいます。

世界中の優れたホテルを5年かけて200件も泊まり歩いた
という著者が、日本の旅館については何も知らないという
事にはたと気付き取材をはじめて出来た本だそうです。

京都の『炭屋旅館』から始まり湯布院、伊豆長岡
下諏訪、唐津...日本の各地にある旅館を訪れています。
出迎え方にはじまり、館内の清潔さ、部屋の備品
お風呂に食事とチェックが、はいります。

おもしろかったのは、スリッパについて。
とても清潔に磨き上げられた廊下を
誰が履いたかわからないスリッパを履いて
歩く必要はないのではないのかなーと書いています。
とくに大浴場では、自分の履いてきたスリッパを
帰りにも履こうと誰にも履かれないように隅っこに
置いているにも関わらず、そういうのに限って
誰かが履いて行ってしまい、お風呂上がりの気分が
台無しというくだりには笑ってしまいました。

私も常日頃、歯科で重なってスリッパスタンドに
ささっているスリッパを履く時に、スリッパの裏が
もう一方の履く所にあたっている事が、気になって
いたので気持ちがよくわかりました。

それにしても、優れた旅館に泊まっておいしいものを食べて
うらやましいなーとも思いますが、あの食欲はまねできません!
もう、胃が超タフ!
昼にフランス料理、夕食は旅館の次から次へとだされる料理を
かたづけ、翌日のお昼にふぐ料理、なんていうのは当たり前
という感じです。
なんでも楽な商売なんてないですね!

でも、ページをめくりながら、豪華な旅気分を味わっています。

 
コメント   トラックバック (7)
この記事をはてなブックマークに追加

せつない話

2005年10月18日 | Weblog
何人かの有名作家が書いた、せつない話しを集めた
短編集が、あったような気がします。が
それとは、まったく違う次元のせつない話。

模様替えを期に履けないパンツは、友達に
おすそ分けしました。
でも、気が付くと去年ちょっとキツかった
パンツが、なんだか少し楽に履けるように
なっていました。
うれしぃ~!身に憶えはないのですが
なんだか、ちょっと痩せたみたい!

ビーズ教室の生徒さんで、ここ半年で随分と
痩せた方が、いらっしゃいます。
以前は、心臓にもちょっと負担がかかって
しまっているのでは...と心配するような
でしたが、自然な感じに少しずつ痩せて来て
とても良い感じになっています。
目標に達したらご主人に御褒美をもらう予定、
なんて話しもあり増々気合いが入っているようです。

ところで、今日の会話。
『また、痩せられましたね!』

「ええ、そうなんですけど、胸も小さくなってしまって。」
『そうなんですよね、それが悩みですよね。』
「まるで、お祭りで買ったヨーヨーが、一週間
         経っちゃった時みたいで...」
『・・・

大爆笑。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加