タンポポつんで

時には のんびりいきましょう〜

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お人好しの効能

2017-05-13 09:00:54 | 日記
世に、自分のことをお人好しと思ってる人ってどれ位いるんだろう?
「お人好しで損ばかりしているよ」なんて口では言いながら、満更でもないと思っていて、お人好しで甘んじるつもりの人が結構多いんじゃないだろうか。
この人たちは恵まれた環境にずっと身を置いてきたか、井の中の蛙的に世の中を見ようとしないで生きてきたか、の どっちかのような気がしてしまう。

お人好しの人と接してる時は、心が無防備の状態でいられ、安らぐことができると思う。
でも時に、お人好しは軽んじて見られることもあり、接する人の悪心を助長させる事もあるんじゃないかとも思う。
それがお人好しの人にとって、思っても見ない損を被ることに繋がったりするんじゃないだろうか?騙されるという事も含めて。
お人好しは変わらなきゃいけないと私は思う。

人は人を知らなければいけない。 
良く生きるには人を知らなければ・・・と、どこかで読んだ気がする。


何ともお節介な話ではあったかも知れないけれど、実は私もお人好しの部類じゃないかと思っている。自分では なんだけど、あくまでも。
お人好しと言うより、独り善がりのただのお節介かな〜?


           (私自身が変わりたいと思って書いてみました。
           ちなみに私は井の中の蛙的に生きてきたように思います)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自慢の効能 | トップ | 思い描くもの »

日記」カテゴリの最新記事