珈琲待夢をご一緒に

何やようわからんけど、言うてもええか?

日・タイ・カルチャーフェアin京都  その2

2016-10-12 | 日記

 

ビールを飲みながらガイヤーン(焼き鳥)を・・・と言いたいのだけど、この日の私は「警備斑」。「来賓の方が駐車場に来られたら本部席にご案内する」という指示もあったのですが(しかもそれの主任って書いてあった)、来賓で来る人の顔なんて誰一人知らんし(笑)。なので、やっていたのは会場の見回りとゴミの回収。燃えるごみなんか、すぐに一杯になっちゃうんだよね。ギューギュー押し込んでゴミ置き場まで往復。タイ料理なので、匂いがそこそこきつい・・・。

そして、たまたま、受付にいるときに、「一瞬、この子、見といて。すぐ帰って来るから」と言って会場内に消えた人から預かった犬。「吠えも噛みもしませんから」と言われた通り大人しい犬でしたが、動物苦手な私、犬のリードを持ったのは生れて初めてかも。緊張でめっちゃ、固まってた。「いや~、大人しいワンちゃんやね~」と、皆が順番に触るんだけど、私、仁王立ちでリードを持つ手にうっすら汗。

お店もいっぱい出ていますが、こちらは一番人気のタイ料理のお店。一日中長蛇の列でした。一日、売り切れを出さないように仕込んでくるってすごいわ、この行列にもテンパらずに回せるってものもすごいわって、みんなで感心。大阪である大規模なタイフェスにも出店していて、ノウハウが確立されているようです。

他にも、カービングの無料体験やマッサージ。トゥクトゥクに乗って記念撮影。ムエタイのグローブをはめて記念撮影。タイグッズの販売もあったり、抽選会もあり。一等賞は、タイ航空の日本↔タイ往復航空券!じゃなくて、タイ航空特製のスーツケース!!

めっちゃ楽しめます。

そして私がこの日食べたお昼がコレ!

 でぃちゃん ぺん こん いーぷん!

(私は日本人!)

 

ってわけじゃないけど、使用済みのお皿が入ったゴミ袋から出る臭いだけで、タイ料理はお腹いっぱいなんだもん。

この日の人出は1万人だか、1万3000人だか。その幅の広さは何だろう。どうやってカウントしたのかわからないけど、一日中、大賑わいなのでした。その様子は、京都新聞のweb版でどうぞ!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日・タイ・カルチャーフェア... | トップ | カープとボブディランとプミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む