珈琲待夢をご一緒に

何やようわからんけど、言うてもええか?

『イケズの構造』 入江敦彦

2017-07-29 | 本と雑誌
イケズの構造 (新潮文庫)
入江 敦彦
新潮社

ここのサブタイトルにもしている、「何やようわからんけど、言うてもええか?」。このフレーズ、便利なんですよ。この本にも取り上げてあったけど、何かを言って揚げ足を取られた時の保険です。「よう知らんけど」と付けたら、何を言っても許されるらしいのです。京都では。

「よう知らんのやったら何にも言うな」と叱られそうですよね。でも、言いたいのよ。「いらんこと言い」だから。

この本に出てくるような京都弁を使う人は、私の周りにはいない。でも、結婚した当時、近所のおばあさんに「出かけはんの?ええなぁ。お早うお帰り」(ええなぁ→もしかしたら、よろしいなぁだったかも)って言葉をかけられて、頭の中「?????」だったことを思い出しました。

「ええなぁ」が嫌味だったのか、そうではなかったのかは、いまだに謎。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近、見かけなくなったもの | トップ | 無駄な出費 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む