珈琲待夢をご一緒に

何やようわからんけど、言うてもええか?

「京都ぎらい」 高杉章一

2017-07-23 | 本と雑誌
京都ぎらい (朝日新書)
井上章一
朝日新聞出版

「関西ですか?」

「はい、京都です」

いつものパターンで、京都在住をアピールしている。ネイティブの人にはすぐに見破られるけど、一応、京都弁らしき言葉も使う。

でも、ごめんなさい。「京都です」と言えるのは、洛中の人だけなんですね。作者の出身地に近い我が家は、行政上は京都市だけど、ほんまもんじゃないらしい。

出身が兵庫なので”京都人”と言う言葉にはこだわらないし、私の関西弁・京都弁は、アクセントが標準語の位置にある。私だけじゃなくて、山陰地方の人が使う関西弁がそうなのらしい。桂とか東寺など意識して直したけど、アクセントの位置を変えるのは大変だわ・・・。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セラドン焼のある食卓 | トップ | 人知れず、焦る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事